オオイトトンボの潜水産卵

内容 コメント(0)
執筆 稲葉一明   掲載 2011年03月31日 12時30分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

オオイトトンボの潜水産卵

オオイトトンボについては、2007-7-1に紹介しています。
http://www.tajima.or.jp/modules/nature/details.php?bid=178



ここで、「トンボが水の中に入って行う潜水産卵も観察できます。」と記載していますが、その後撮影に成功しているので紹介します。

オスとメスがつながって、水辺の植物につかまり産卵体制に入ります。
コウノトリの郷公園のビオトープ水田で観察することが出来ました。



徐々に後ずさりするように水中に入っていきます。どのくらい水中に入っていくかは、その時々によって違うようですが、このときはメスが完全に潜水し、しばらくするとオスまで完全に水没しました。なかなか出てくる気配がありません。




トンボは空を飛ぶので水中に潜るのは意外な感じもしますが、幼虫(ヤゴ)の時代は水中の生き物なので、そう考えると不思議でもなんでもない行動かもしれません。もともと水と切っても切れない縁なのです。

オオイトトンボは兵庫県レッドデータ2003では「Cランク 準絶滅危惧種」とされています。豊岡盆地では比較的観察しやすいイトトンボだと思います。

クロイトトンボの潜水産卵については、こちらで報告しているものが有りますので、ご参照ください。http://www.kounotori.org/blog/index.php?e=33

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ