ノコギリクワガタ

内容 コメント(1)
執筆 上田尚志   掲載 2009年07月27日 21時35分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ


夏休みの虫捕りといえば、クワガタムシを思い出します。樹液にスズメバチやカナブンと共にクワガタムシの姿を見つけると、ワクワクしますね。普通は夜行性ですが、昼間でも見つかります。アベマキやコナラ、シラカシなどの樹液や河川敷のヤナギにも来ます。


ノコギリクワガタは、ミヤマクワガタと共に少し体型が分厚く、昼間は木の根元や幹の上のほうに隠れていることが多いようです。コクワガタやヒラタクワガタは体型が薄く、木の穴の中に潜っています。コギリクワガタは小さいものは角がノコギリ状ですが、大きくなると水牛の角のようになります。


山道を歩いていると、樹液がたくさん出ている木があると、甘い香りが漂ってきます。そして、その周辺では、虫の密度が高いので、なんとなく分かります。コナラやアベマキがあっても、樹液がまったく出ていない木もたくさんあります。

コメント

もう一度捕ってみたいです。
さくらみねこ : 2009-8-5 10:27
夏休みですね。子供達が小学生の頃よく捕りに行きました。山もですが、意外に円山川のそばの柳の木、街灯の下などが穴場でした。懐かしいです。上田先生に高校3年で御世話になった娘も2児の母となりました。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ