森の子育て

内容 コメント(0)
執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2008年08月18日 12時30分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ



コサメビタキという小鳥がいます。森の中に入らないと見られない夏鳥で、色も地味(じみ)ですから、知っている人は少ないと思います。こんな鳥が毎年日本の森でヒナをかえし、子育てが終われば南の国に戻ってゆきます。

7月はじめ、人里離れた森でコサメビタキの巣を見つけました。クルミの高い木の枝に、おわん型のきれいな巣を作っています。巣の外側はコケがはりつけてあり、木の一部に見せかけて外敵の目をくらますくふうをしています。



2週間後、ヒナが生まれていました。エサを求めるヒナの黄色いくちばしが、望遠鏡でよく見えます。ヒナはぜんぶで3羽いました。左はしは親鳥です。



さらに1週間たちました。ヒナの成長はおどろくほどはやいです。羽も伸び、体も親と変わらないくらいに大きくなりました。
左はしは親鳥です。



この頃になると、ヒナはしきりに巣の中で羽ばたきをするようになります。空を飛ぶ準備をはじめているのです。巣立ちはもう目前です。



ヒナがお尻を巣の外に向け、親がヒナのお尻に顔を近づけました。次の瞬間、ヒナが出した糞(ふん)を親がくちばしで直接つかんだのす。

巣の中をクリーンにすることと、糞(ふん)が巣の近くに付いていると天敵(てんてき)に見つかりやすいので、親鳥はヒナの糞(ふん)をくわえて、巣から離れたところまで運んで捨てます。

ヒナは巣立つと自力でエサをとるようになり、さらに体をたくましくしながら、夏の終わりには旅立ってゆきます。それまでに天敵(てんてき)にやられてしまうものもいますし、長い旅の途中で事故にあう鳥もいます。

生まれる数と死ぬ数と、自然界はうまくバランスをとりあいながら回っているのです。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ