葉っぱの図鑑を作ろう

内容 コメント(2)
執筆 菅村定昌   掲載 2008年07月27日 08時41分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

 夏休みの自由研究は進んでいますか?

イメージスキャナで葉っぱの図鑑を作りませんか?



 図鑑に載せたい植物を見つけます。植物標本を作る余裕のある時は、20〜30cmの枝を切るとよいでしょう。枝があると葉の付き方などが分かります。



 次に図鑑に載せる葉っぱを決めます。大きすぎず小さすぎずの葉を2枚選びます。虫が食べていないものを選びましょう。家に持って帰るまで、しおれないようにポリ袋に入れておきましょう。

 葉っぱを2枚スキャナに載せます。2枚なのは一度に裏表を撮るためです。 
 表は私たちが目にする面です。表の色は非常に大切な情報です。
 葉の裏にはその植物を識別する上での情報が葉の表よりたくさん含まれています。
 葉脈の様子、毛の有無、・・・・



 スキャンが終わった葉はマンガ雑誌にはさんでおきましょう。10日ほどで乾いて標本になります。
 できた葉の標本の大きさを測ってその値を書いておくと図鑑の質が高まります。
 スキャンする時に定規を一緒に入れておいてもいいですね。
 図鑑には、採集地、採集日時も書いておきましょう。



 植物の名前は、上から
 コハウチワカエデ
 ハウチワカエデ
 ウリカエデ
 ウリハダカエデ
 です。

コメント

役立つわーww
カミー湯 : 2011-8-6 14:04
自由研究のテーマを考えていたのでとっても助かりました
ありがとうございます
Re: 葉っぱの図鑑を作ろう
みねサクラ : 2008-7-27 22:05
大変勉強になりました。
子供たちが小学生のころ、鉢伏高原で採取した
ウメバチソウ、オミナエシ、などの標本作りに
子供より私の方が熱中したものでした。
今度は孫に教えてやりたいと思います。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ