ジョウビタキ

内容 コメント(1)
執筆 稲葉一明   掲載 2008年01月27日 22時00分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ


ジョウビタキ
スズメ目ツグミ科(Phoenicurus auroreus )


雪降る朝、我が家の庭にかわいらしい小鳥がやってきた。ヤマガラかなと思っていたが、調べてみるとジョウビタキのオスであった。
スズメよりもやや小さくて、冬鳥としては身近な鳥ということです。分類によってはヒタキ科とされている。
割と警戒心は弱いみたいで、3mぐらいの距離で窓の隙間から写真を撮ることができました。
 生ごみ処理機でできたものを庭に撒いていたら、それが餌になっているようだ。乾燥式の生ごみ処理機だから、土に混ぜずにそのまま撒くのはあまり良くないかなあと思っていたのですが、鳥の餌になるようだったら継続しようかと思っています。

野生動物の餌付けは、基本的にはしてはいけないことなのですが、餌の少ない冬場の小型の野鳥については日本鳥類保護連盟もどちらかというと奨励しているようです。




尉鶲:おじいさんのヒタキ
 尉:おじいさん:見事な白髪であることから。
鶲:ヒタキ:「ヒッ」「キッ」「カッ」という鳴き声火打ち石の音に似ており「火焚き(ヒタキ)」の名が付いた。

コメント

 吹雪の鳥
ゲスト : 2014-2-12 17:57
 
 新潟県魚沼市の豪雪山間地に住む農家です。吹雪の日には
時々ジョウビタキが宿を借りに訪ねてきます。60をすぎて時間ができてからようやく気がつきましたFSES
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ