豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」

※開催日時や開催内容は予定なく変更されることがあります。
 お出かけの際は、リンク先ホームページ等で事前にご確認ください。
基本情報 マップ 類似コンテンツ クチコミ(0)
開催日 2018年4月13日(Fri)〜7月10日(Tue)

 温泉寺は、1300年の歴史を誇る名刹。温泉寺を開いた道智上人の功徳によって湧き出した湯が、城崎温泉の始まりと伝えられています。以後、温泉寺は「城崎温泉守護の寺」として、また高野山真言宗の別格本山として、参拝者が絶えることはありません。
 本年は、温泉寺の本尊である木造十一面観音立像が33年ぶりにご開帳されます。この節目の年に、重要文化財をはじめとした温泉寺の寺宝を紹介します。さまざまな寺宝から、温泉寺と城崎温泉との関わりや、その歴史・魅力の奥深さを感じてみませんか。

■主な展示資料
(1)温泉寺の開創と城崎温泉 •市指定文化財「紙本温泉寺縁起図」(江戸時代/海北友竹画/温泉寺蔵)
 ・「温泉寺縁起帳」(大永8年写/温泉寺蔵)
(2)江戸時代の城崎温泉と温泉寺 •薬師堂奉納額(手下駄・杖)(元治元年ほか/温泉寺蔵)
 ・「湯壺に用ゐる柄杓の由来」(万治2年/温泉寺蔵)
 ・柄杓(現代/温泉寺蔵)
(3)温泉寺の歴史と寺宝 •『声明集』(文明4年/温泉寺蔵)
 ・市指定文化財「紙本山水図」(江戸時代中期/斎藤畸庵作/温泉寺蔵)
 ・後陽成天皇真筆 龍虎二字(安土桃山〜江戸時代初期/温泉寺蔵)
(4)密教美術の粋 •重要文化財 絹本著色十六善神像(鎌倉時代/温泉寺蔵)
 ・伝空海真筆 尊勝曼荼羅(平安時代/温泉寺蔵)
 ・金剛界大日如来坐像(江戸時代/温泉寺蔵)
 ・胎蔵界大日如来坐像(鎌倉時代/温泉寺蔵)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時4月13日(金曜)〜7月10日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
(1)対談「温泉寺・城崎温泉の歴史と魅力」
 日時:6月23日(土)午後1時30分〜
 会場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール
 内容:温泉寺住職の小川祐章さんと当館学芸員が、温泉寺や城崎温泉の歴史と魅力を語り尽くします!
 その他:予約は不要です。聴講には入館料が必要です。

(2)現地見学「特別観覧!温泉寺のすべて」
 日時:5月26日(土)午前10時〜12時 ※雨天決行
 集合:温泉寺薬師堂前(大師山山麓)
 ※お車は周辺の有料駐車場をご利用ください
 参加費:1,000円(資料代・ロープウェイ代)
 内容:温泉寺住職の案内で温泉寺の見どころをめぐります。
 定員:20名
 申込先:0796-42-6111(申込先着順)
豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」1
但馬情報特急
クリックで拡大

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 
■HP

マップ

類似情報

たじまのしぜん

自然情報

イベント情報

スポット情報

ふるさと特派員ブログ

わいわい広場

田舎暮らしブログ

但馬トピックス

クチコミ

投稿する

タイトル
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ