古代あさご館 A・SA・GOのカントリーロード 〜ひとの道・モノの道〜

※開催日時や開催内容は予定なく変更されることがあります。
 お出かけの際は、リンク先ホームページ等で事前にご確認ください。
基本情報 マップ 類似コンテンツ クチコミ(0)
開催日 2017年7月8日(Sat)〜10月9日(Mon)

 「日本遺産」認定を記念し、兵庫県立考古博物館ふるさと発掘展・朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展として、朝来市の歴史を紐解くキーワード「道」を、時代と共に紹介します。

「道」は朝来市の歴史を紐解くキーワード。古代には《都と地方を結ぶ国道と支線》、中近世には《生野銀山と天下掌握への道》、近代には《官営鉱山。生野を起点とする日本初の高規格産業用道路》を人とモノが駆け、国の発展に影響を与えました。

 本展では、朝来の人が時代とともに選び、守り伝えてきた「道」を紹介します。

■特別展観覧料
 100円(中学生以下、65才以上、障害者手帳をお持ちの人は無料)
日時7月8日(土曜)〜10月9日(月曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)

■体験イベント
「マイクロバスで銀の馬車道を巡ってみよう!」
 日時:8月6日(日曜)9:00〜17:00
 集合場所:古代あさご館集合・解散
 参加費:1,000円(昼食代)
 定員:20人、要事前申し込み

■シリーズ講座
【第1回】日本古代の都鄙(とひ)間交通と但馬国
 日時:7月23日(日曜)13:30〜15:00
 場所:古代あさご館体験学習室
 講師:市大樹氏(大阪大学)
 定員:50名

【第2回】地方文化拠点としての古代駅家
 日時:7月30日(日曜)13:30〜15:00
 場所:古代あさご館体験学習室
 講師:竹内亮氏(花園大学)
 定員:50名

【第3回】朝来から壱岐へ〜流人・小山弥兵衛が生きたふたつの故郷〜
 日時:8月20日(日曜)13:30〜15:00
 場所:古代あさご館体験学習室
 講師:松見裕二氏(壱岐市立一支国博物館)
 定員:50名

【第4回】馬車の道・鉄の道〜2つの道が運んだもの〜
 日本の近代化・経済成長を支えた2種の鉱山と道。その沿線で育まれてきた歴史文化を紹介します。
 日時:8月27日(日曜)13:30〜15:00
 場所:古代あさご館体験学習室
 講師:柏原正民さん(兵庫県教育委員会)
 定員:50名
古代あさご館 A・SA・GOのカントリーロード 〜ひとの道・モノの道〜1
但馬情報特急
クリックで拡大
古代あさご館 A・SA・GOのカントリーロード 〜ひとの道・モノの道〜2
但馬情報特急

■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

マップ

類似情報

動画で但馬「動蔵」

自然情報

スポット情報

ふるさと特派員ブログ

わいわい広場

田舎暮らしブログ

写真で但馬「写蔵」

クチコミ

投稿する

タイトル
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ