但馬のイベント情報

今月のイベント 今日から1週間のイベント

2018年6月のイベント

1
(Fri)
2
(Sat)
3
(Sun)
4
(Mon)
5
(Tue)
6
(Wed)
7
(Thu)
8
(Fri)
9
(Sat)
10
(Sun)
11
(Mon)
12
(Tue)
13
(Wed)
14
(Thu)
15
(Fri)
16
(Sat)
17
(Sun)
18
(Mon)
19
(Tue)
20
(Wed)
21
(Thu)
22
(Fri)
23
(Sat)
24
(Sun)
25
(Mon)
26
(Tue)
27
(Wed)
28
(Thu)
29
(Fri)
30
(Sat)

今日から1週間のイベント

25
(Mon)
開催日
2018年3月17日(Sat)〜8月31日(Fri)

 絵画、書、木工、木彫、写真など…全国から、49組・86点のたくさんの宇宙な作品が集まりました
 出展してくださったみなさま、ありがとうございます!!!

 夏休みには、講師の先生をお招きして夏休み特別企画を予定しています!
 万華鏡を作ったり…
 星の観察会をしたり…

 そして、今年もステージの上に工作コーナーを設けています

「宇宙展」ですので、みなさんでロケットを作ってみませんか
 すてきなロケットでステージをいっぱいにしちゃいましょう

 8月31日(金)まで開催していますので、みなさんのお越しを宇宙人と一緒にお待ちしています

■入場料
 一般300円[200円]、中学生以下150円[100円] 
 ※[ ]内は団体料金(15名以上)

■休館日
 水曜日
日時3月17日(土曜)〜8月31日(金曜)
 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
場所おおやアート村「BIGLABO」(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村
 TEL/079-669-2449
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIGLABO!!大宇宙☆展1
開催日
2018年3月19日(Mon)〜6月25日(Mon)

■但馬ピクニックフェスタ〜雑貨市/ハンドメイドフェスタ/手作り市/飲食.ワークショップ出店者募集中♪

なんとなんと!!!同時に募集開始致します!!!(*゚▽゚*)

▼▼▼≫但馬ピクニックフェスタ2018!!!!出店者募集!!!〜♪
とっても大自然に囲まれて自然いっぱいで親子でのびのび楽しめるイベントです!
地域活性PRで広く遊んでいただけて100ブース以上のハンドメイド作品が立ち並び音楽においしいグルメに見てるだげでワクワクしちゃうワークショップも体験出来ます♪

開催概要

日時 2018年6月24日(日) 11:00〜17:00
会場 兵庫県養父市立全天候運動場(いきいきドーム内) ドーム内なので雨でも安心!雨天決行! 
来場無料!駐車場400台 駐車代無料!
場所 〒667-0044 兵庫県養父市八鹿町国木697-1

googleマップ↓
https://www.google.co.jp/maps/@35.4018959,134.7428859,114m/data=!3m1!1e3

■但馬ピクニックフェスタ〜2018募集要項→http://pcfs.jugem.jp/?eid=801

■但馬ピクニックフェスタ〜2018出店募集申込フォ-ム→https://form1ssl.fc2.com/form/?id=344ba1cde6f44bed

--------------------------------------------------------------------------------------

★▼▼但馬ピクニックフェスタ2018〜mini〜オーシスマップ!!!ハンドメイト手作り市▼★

来期も開催!!!こころ温まる手作り品がいっぱい並ぶ!

秋の大人の文化祭が始まります----!!!ワクワクワクワク(((o(*゚▽゚*)o)))

開催概要

日時 2018年9月29(土).30(日) 10:00〜16:00
会場 オーシスマップ 旧青渓中学校(体育館内なので雨でも安心!雨天決行!)

場所 兵庫県養父市八鹿町宿南2589-1
来場無料!駐車場400台 駐車代無料!

googleマップ↓
https://goo.gl/maps/43Bb8DmGBqx

■但馬ピクニックフェスタ〜2018募集要項→http://pcfs.jugem.jp/?eid=802

■但馬ピクニックフェスタ〜2018出店募集申込フォ-ム→https://form1ssl.fc2.com/form/?id=344ba1cde6f44bed


事務局
-------------------------------------
■但馬ピクニックフェスタ実行委員会
■TEL 070-5342-9308
■mail pstacoproject@yahoo.co.jp
■URL http://pcfs.jugem.jp/

内容
■但馬ピクニックフェスタ〜雑貨市/ハンドメイドフェスタ/手作り市/飲食.ワークショップ出店者募集中♪

なんとなんと!!!同時に募集開始致します!!!(*゚▽゚*)

▼▼▼≫但馬ピクニックフェスタ2018!!!!出店者募集!!!〜♪
とっても大自然に囲まれて自然いっぱいで親子でのびのび楽しめるイベントです!
地域活性PRで広く遊んでいただけて100ブース以上のハンドメイド作品が立ち並び音楽においしいグルメに見てるだげでワクワクしちゃうワークショップも体験出来ます♪

開催概要

日時 2018年6月24日(日) 11:00〜17:00
会場 兵庫県養父市立全天候運動場(いきいきドーム内) ドーム内なので雨でも安心!雨天決行! 
来場無料!駐車場400台 駐車代無料!
場所 〒667-0044 兵庫県養父市八鹿町国木697-1

googleマップ↓
https://www.google.co.jp/maps/@35.4018959,134.7428859,114m/data=!3m1!1e3

■但馬ピクニックフェスタ〜2018募集要項→http://pcfs.jugem.jp/?eid=801

■但馬ピクニックフェスタ〜2018出店募集申込フォ-ム→https://form1ssl.fc2.com/form/?id=344ba1cde6f44bed

--------------------------------------------------------------------------------------

★▼▼但馬ピクニックフェスタ2018〜mini〜オーシスマップ!!!ハンドメイト手作り市▼★

来期も開催!!!こころ温まる手作り品がいっぱい並ぶ!

秋の大人の文化祭が始まります----!!!ワクワクワクワク(((o(*゚▽゚*)o)))

開催概要

日時 2018年9月29(土).30(日) 10:00〜16:00
会場 オーシスマップ 旧青渓中学校(体育館内なので雨でも安心!雨天決行!)

場所 兵庫県養父市八鹿町宿南2589-1
来場無料!駐車場400台 駐車代無料!

googleマップ↓
https://goo.gl/maps/43Bb8DmGBqx

■但馬ピクニックフェスタ〜2018募集要項→http://pcfs.jugem.jp/?eid=802

■但馬ピクニックフェスタ〜2018出店募集申込フォ-ム→https://form1ssl.fc2.com/form/?id=344ba1cde6f44bed

------------------------------------------------------------------------------------

■同時ボランティアスタッフ募集中!
イベントを盛り上げていただけるスタッフをずーっと募集しております。
いっぱいいただけ楽しいし助かります!!ご希望される方は下記までご連絡下さい。
ささやかな謝礼とゴハン付き!

事務局
【企画・運営・連絡先】
-------------------------------------
■但馬ピクニックフェスタ実行委員会
■TEL 070-5342-9308
■mail pstacoproject@yahoo.co.jp
■URL http://pcfs.jugem.jp/
------------------------------------

#但馬ピクニックフェスタ出店者募集中
#雑貨市出店者募集中
#ハンドメイドフェスタ出店者募集中
#手作り市出店者募集中
#飲食出店者募集中
#ワークショップ出店者募集中

開催場所養父市全天候運動場
開催場所住所養父市八鹿町国木



■連絡先
住所/豊岡市日高町岩中
TEL/070-5342-9308

全但馬
コミュニティ/交流会
但馬ピクニックフェスタ〜2018〜雑貨市〜!!1
開催日
2018年4月13日(Fri)〜7月10日(Tue)

 温泉寺は、1300年の歴史を誇る名刹。温泉寺を開いた道智上人の功徳によって湧き出した湯が、城崎温泉の始まりと伝えられています。以後、温泉寺は「城崎温泉守護の寺」として、また高野山真言宗の別格本山として、参拝者が絶えることはありません。
 本年は、温泉寺の本尊である木造十一面観音立像が33年ぶりにご開帳されます。この節目の年に、重要文化財をはじめとした温泉寺の寺宝を紹介します。さまざまな寺宝から、温泉寺と城崎温泉との関わりや、その歴史・魅力の奥深さを感じてみませんか。

■主な展示資料
(1)温泉寺の開創と城崎温泉 •市指定文化財「紙本温泉寺縁起図」(江戸時代/海北友竹画/温泉寺蔵)
 ・「温泉寺縁起帳」(大永8年写/温泉寺蔵)
(2)江戸時代の城崎温泉と温泉寺 •薬師堂奉納額(手下駄・杖)(元治元年ほか/温泉寺蔵)
 ・「湯壺に用ゐる柄杓の由来」(万治2年/温泉寺蔵)
 ・柄杓(現代/温泉寺蔵)
(3)温泉寺の歴史と寺宝 •『声明集』(文明4年/温泉寺蔵)
 ・市指定文化財「紙本山水図」(江戸時代中期/斎藤畸庵作/温泉寺蔵)
 ・後陽成天皇真筆 龍虎二字(安土桃山〜江戸時代初期/温泉寺蔵)
(4)密教美術の粋 •重要文化財 絹本著色十六善神像(鎌倉時代/温泉寺蔵)
 ・伝空海真筆 尊勝曼荼羅(平安時代/温泉寺蔵)
 ・金剛界大日如来坐像(江戸時代/温泉寺蔵)
 ・胎蔵界大日如来坐像(鎌倉時代/温泉寺蔵)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時4月13日(金曜)〜7月10日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
(1)対談「温泉寺・城崎温泉の歴史と魅力」
 日時:6月23日(土)午後1時30分〜
 会場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール
 内容:温泉寺住職の小川祐章さんと当館学芸員が、温泉寺や城崎温泉の歴史と魅力を語り尽くします!
 その他:予約は不要です。聴講には入館料が必要です。

(2)現地見学「特別観覧!温泉寺のすべて」
 日時:5月26日(土)午前10時〜12時 ※雨天決行
 集合:温泉寺薬師堂前(大師山山麓)
 ※お車は周辺の有料駐車場をご利用ください
 参加費:1,000円(資料代・ロープウェイ代)
 内容:温泉寺住職の案内で温泉寺の見どころをめぐります。
 定員:20名
 申込先:0796-42-6111(申込先着順)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」1
開催日
2018年4月28日(Sat)〜7月1日(Sun)

 豊岡市但東町出身の画家・造形作家、稲葉 猛(いなばたけし)氏の作品展です。
 稲葉氏は出石高校、武蔵野美術大学卒業後、1968年渡欧。2018年で滞欧50年になることを記念して展示会を開催します。
 パリの空き缶を使ったカラフルでユニークな作品を中心に、油彩や水彩なども展示します。展示予定数は約40点です。

■入場料
 一般600円
 大学・高校生400円
 小学・中学生200円
 ※兵庫県内の小中生はココロンカード提示で無料。

 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。 
 ※ほかの割引との併用はできません。
期間4月28日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時30分〜午後5時(ただし入館は30分前まで
 ※休館日について、詳細は美術館カレンダーをご確認ください。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
CANETTE−稲葉猛作品展−1
開催日
2018年5月12日(Sat)〜7月1日(Sun)

 但馬にある15の館・園から逸品約100点を一堂に集め、紹介します。

 県立円山川公苑美術館は書家森田子龍「虎」、豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館は「見蔵岡遺跡出土縄文土器」、同美術館 伊藤清永記念館は洋画家伊藤清永「浴后の女」、同日本・モンゴル博物館は「ゲル(移動用小型住居)」を出品する。このほか、香美町ジオパークと海の文化館から「マンボウ」の全身はく製、浜坂先人記念館・以命亭からは日本画家谷角日沙春「ツヅミ」、県立但馬牧場公園から「農耕使役但馬牛」等身大模型、山田風太郎記念館から作家山田風太郎「エドの舞踏会」直筆原稿、おもしろ昆虫化石館から「恐竜の卵」を借用しました。子どもから大人まで、幅広い層の知的好奇心をくすぐる内容です。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時5月12日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前10時〜午後5時
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室・2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423兵庫県朝来市多々良木739番地3
 MAIL/art-village@city.asago.hyogo.jp

朝来市
美術展/展覧会
但馬地域博物館 お宝大集合展1
開催日
2018年5月19日(Sat)〜2019年3月31日(Sun)

 文学って、演劇って、なんですか?

 2018年、城崎国際アートセンターにて滞在制作される「青年団」の舞台『日本文学盛衰史』。
 明治時代、近代文学の創始者たちが「いったい、何を、どう書けばよいのだ?」と苦悩する姿を100年後の日本へ甦らせた高橋源一郎氏による奇想天外な物語。
 この小説を「青年団」主宰の平田オリザ氏がどのように演劇へと舞台化・立体化させていくのかを、城崎文芸館らしくご紹介しようという試みです。
 『日本文学盛衰史』を通して文学とは何か、演劇とは何か?
 そして、演劇とはどうできあがっていくのか?をやわらかく伝えます。
日時5月19日(土曜)〜3月31日(日曜)
 9:00〜17:00(最終入館時間は16:30まで)
 休館日:毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)
場所城崎文芸館(豊岡市城崎町湯島357−1)
観覧料大人:500円、中高生:300円、小学生以下無料


■連絡先
城崎文芸館
 TEL/0796-32-2575

豊岡市
美術展/展覧会
城崎文芸館第3回企画展「文学と演劇と城崎温泉」1
開催日
2018年5月27日(Sun)〜8月28日(Tue)

 モンゴル国の首都ウランバートルとその近郊を訪問した友好訪問使節団の8日間の旅から現在のモンゴルの様子を紹介。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 障害者手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示、付添人1人含む)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間5月27日(日曜)〜8月28日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館 第75回企画展「モンゴル国へ行ってきた!!〜首都ウランバートル訪問記〜」1
開催日
2018年6月2日(Sat)〜7月1日(Sun)

 夫婦円満の秘訣は、趣味を同じくすることです。山村日良さん・玉江さんご夫婦(新温泉町岸田)は、日本各地の撮影ポイントを訪れ、美しい風景を撮影されています。
 このたび、新温泉町の四季折々の写真をはじめ、撮りためてきた作品約60点を展示します。

■入場料
 無料
日時6月2日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時〜午後4時30分
 ※毎週月曜休館
場所八田コミュニティセンター

■連絡先
八田コミュニティセンター(おもしろ昆虫化石館)
 TEL/0796-93-0888

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2018年6月19日(Tue)〜7月9日(Mon)

但馬ドームセンター棟ギャラリーにおいて下記の展示を開催いしております。。
みなさまのご来館お待ちしております。


内容
豊岡市在住の方を中心とした「フォトサークル青空」の会員による、
四季折々の人物、但馬の風景などの情感あふれる作品17点を展示。
ぜひ、ご覧ください。

観覧料:無料

*期間中休館日はございません。

開催場所全但バス但馬ドーム センター棟ギャラリー
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50

■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900

全但馬
美術展/展覧会
但馬ドームセンター棟ギャラリー「〜四季を奏でる〜フォトサークル青空写真展」1
26
(Tue)
開催日
2018年3月17日(Sat)〜8月31日(Fri)

 絵画、書、木工、木彫、写真など…全国から、49組・86点のたくさんの宇宙な作品が集まりました
 出展してくださったみなさま、ありがとうございます!!!

 夏休みには、講師の先生をお招きして夏休み特別企画を予定しています!
 万華鏡を作ったり…
 星の観察会をしたり…

 そして、今年もステージの上に工作コーナーを設けています

「宇宙展」ですので、みなさんでロケットを作ってみませんか
 すてきなロケットでステージをいっぱいにしちゃいましょう

 8月31日(金)まで開催していますので、みなさんのお越しを宇宙人と一緒にお待ちしています

■入場料
 一般300円[200円]、中学生以下150円[100円] 
 ※[ ]内は団体料金(15名以上)

■休館日
 水曜日
日時3月17日(土曜)〜8月31日(金曜)
 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
場所おおやアート村「BIGLABO」(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村
 TEL/079-669-2449
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIGLABO!!大宇宙☆展1
開催日
2018年4月13日(Fri)〜7月10日(Tue)

 温泉寺は、1300年の歴史を誇る名刹。温泉寺を開いた道智上人の功徳によって湧き出した湯が、城崎温泉の始まりと伝えられています。以後、温泉寺は「城崎温泉守護の寺」として、また高野山真言宗の別格本山として、参拝者が絶えることはありません。
 本年は、温泉寺の本尊である木造十一面観音立像が33年ぶりにご開帳されます。この節目の年に、重要文化財をはじめとした温泉寺の寺宝を紹介します。さまざまな寺宝から、温泉寺と城崎温泉との関わりや、その歴史・魅力の奥深さを感じてみませんか。

■主な展示資料
(1)温泉寺の開創と城崎温泉 •市指定文化財「紙本温泉寺縁起図」(江戸時代/海北友竹画/温泉寺蔵)
 ・「温泉寺縁起帳」(大永8年写/温泉寺蔵)
(2)江戸時代の城崎温泉と温泉寺 •薬師堂奉納額(手下駄・杖)(元治元年ほか/温泉寺蔵)
 ・「湯壺に用ゐる柄杓の由来」(万治2年/温泉寺蔵)
 ・柄杓(現代/温泉寺蔵)
(3)温泉寺の歴史と寺宝 •『声明集』(文明4年/温泉寺蔵)
 ・市指定文化財「紙本山水図」(江戸時代中期/斎藤畸庵作/温泉寺蔵)
 ・後陽成天皇真筆 龍虎二字(安土桃山〜江戸時代初期/温泉寺蔵)
(4)密教美術の粋 •重要文化財 絹本著色十六善神像(鎌倉時代/温泉寺蔵)
 ・伝空海真筆 尊勝曼荼羅(平安時代/温泉寺蔵)
 ・金剛界大日如来坐像(江戸時代/温泉寺蔵)
 ・胎蔵界大日如来坐像(鎌倉時代/温泉寺蔵)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時4月13日(金曜)〜7月10日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
(1)対談「温泉寺・城崎温泉の歴史と魅力」
 日時:6月23日(土)午後1時30分〜
 会場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール
 内容:温泉寺住職の小川祐章さんと当館学芸員が、温泉寺や城崎温泉の歴史と魅力を語り尽くします!
 その他:予約は不要です。聴講には入館料が必要です。

(2)現地見学「特別観覧!温泉寺のすべて」
 日時:5月26日(土)午前10時〜12時 ※雨天決行
 集合:温泉寺薬師堂前(大師山山麓)
 ※お車は周辺の有料駐車場をご利用ください
 参加費:1,000円(資料代・ロープウェイ代)
 内容:温泉寺住職の案内で温泉寺の見どころをめぐります。
 定員:20名
 申込先:0796-42-6111(申込先着順)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」1
開催日
2018年4月28日(Sat)〜7月1日(Sun)

 豊岡市但東町出身の画家・造形作家、稲葉 猛(いなばたけし)氏の作品展です。
 稲葉氏は出石高校、武蔵野美術大学卒業後、1968年渡欧。2018年で滞欧50年になることを記念して展示会を開催します。
 パリの空き缶を使ったカラフルでユニークな作品を中心に、油彩や水彩なども展示します。展示予定数は約40点です。

■入場料
 一般600円
 大学・高校生400円
 小学・中学生200円
 ※兵庫県内の小中生はココロンカード提示で無料。

 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。 
 ※ほかの割引との併用はできません。
期間4月28日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時30分〜午後5時(ただし入館は30分前まで
 ※休館日について、詳細は美術館カレンダーをご確認ください。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
CANETTE−稲葉猛作品展−1
開催日
2018年5月12日(Sat)〜7月1日(Sun)

 但馬にある15の館・園から逸品約100点を一堂に集め、紹介します。

 県立円山川公苑美術館は書家森田子龍「虎」、豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館は「見蔵岡遺跡出土縄文土器」、同美術館 伊藤清永記念館は洋画家伊藤清永「浴后の女」、同日本・モンゴル博物館は「ゲル(移動用小型住居)」を出品する。このほか、香美町ジオパークと海の文化館から「マンボウ」の全身はく製、浜坂先人記念館・以命亭からは日本画家谷角日沙春「ツヅミ」、県立但馬牧場公園から「農耕使役但馬牛」等身大模型、山田風太郎記念館から作家山田風太郎「エドの舞踏会」直筆原稿、おもしろ昆虫化石館から「恐竜の卵」を借用しました。子どもから大人まで、幅広い層の知的好奇心をくすぐる内容です。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時5月12日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前10時〜午後5時
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室・2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423兵庫県朝来市多々良木739番地3
 MAIL/art-village@city.asago.hyogo.jp

朝来市
美術展/展覧会
但馬地域博物館 お宝大集合展1
開催日
2018年5月19日(Sat)〜2019年3月31日(Sun)

 文学って、演劇って、なんですか?

 2018年、城崎国際アートセンターにて滞在制作される「青年団」の舞台『日本文学盛衰史』。
 明治時代、近代文学の創始者たちが「いったい、何を、どう書けばよいのだ?」と苦悩する姿を100年後の日本へ甦らせた高橋源一郎氏による奇想天外な物語。
 この小説を「青年団」主宰の平田オリザ氏がどのように演劇へと舞台化・立体化させていくのかを、城崎文芸館らしくご紹介しようという試みです。
 『日本文学盛衰史』を通して文学とは何か、演劇とは何か?
 そして、演劇とはどうできあがっていくのか?をやわらかく伝えます。
日時5月19日(土曜)〜3月31日(日曜)
 9:00〜17:00(最終入館時間は16:30まで)
 休館日:毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)
場所城崎文芸館(豊岡市城崎町湯島357−1)
観覧料大人:500円、中高生:300円、小学生以下無料


■連絡先
城崎文芸館
 TEL/0796-32-2575

豊岡市
美術展/展覧会
城崎文芸館第3回企画展「文学と演劇と城崎温泉」1
開催日
2018年5月27日(Sun)〜8月28日(Tue)

 モンゴル国の首都ウランバートルとその近郊を訪問した友好訪問使節団の8日間の旅から現在のモンゴルの様子を紹介。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 障害者手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示、付添人1人含む)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間5月27日(日曜)〜8月28日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館 第75回企画展「モンゴル国へ行ってきた!!〜首都ウランバートル訪問記〜」1
開催日
2018年6月2日(Sat)〜7月1日(Sun)

 夫婦円満の秘訣は、趣味を同じくすることです。山村日良さん・玉江さんご夫婦(新温泉町岸田)は、日本各地の撮影ポイントを訪れ、美しい風景を撮影されています。
 このたび、新温泉町の四季折々の写真をはじめ、撮りためてきた作品約60点を展示します。

■入場料
 無料
日時6月2日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時〜午後4時30分
 ※毎週月曜休館
場所八田コミュニティセンター

■連絡先
八田コミュニティセンター(おもしろ昆虫化石館)
 TEL/0796-93-0888

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2018年6月19日(Tue)〜7月9日(Mon)

但馬ドームセンター棟ギャラリーにおいて下記の展示を開催いしております。。
みなさまのご来館お待ちしております。


内容
豊岡市在住の方を中心とした「フォトサークル青空」の会員による、
四季折々の人物、但馬の風景などの情感あふれる作品17点を展示。
ぜひ、ご覧ください。

観覧料:無料

*期間中休館日はございません。

開催場所全但バス但馬ドーム センター棟ギャラリー
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50

■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900

全但馬
美術展/展覧会
但馬ドームセンター棟ギャラリー「〜四季を奏でる〜フォトサークル青空写真展」1
27
(Wed)
開催日
2018年3月17日(Sat)〜8月31日(Fri)

 絵画、書、木工、木彫、写真など…全国から、49組・86点のたくさんの宇宙な作品が集まりました
 出展してくださったみなさま、ありがとうございます!!!

 夏休みには、講師の先生をお招きして夏休み特別企画を予定しています!
 万華鏡を作ったり…
 星の観察会をしたり…

 そして、今年もステージの上に工作コーナーを設けています

「宇宙展」ですので、みなさんでロケットを作ってみませんか
 すてきなロケットでステージをいっぱいにしちゃいましょう

 8月31日(金)まで開催していますので、みなさんのお越しを宇宙人と一緒にお待ちしています

■入場料
 一般300円[200円]、中学生以下150円[100円] 
 ※[ ]内は団体料金(15名以上)

■休館日
 水曜日
日時3月17日(土曜)〜8月31日(金曜)
 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
場所おおやアート村「BIGLABO」(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村
 TEL/079-669-2449
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIGLABO!!大宇宙☆展1
開催日
2018年4月13日(Fri)〜7月10日(Tue)

 温泉寺は、1300年の歴史を誇る名刹。温泉寺を開いた道智上人の功徳によって湧き出した湯が、城崎温泉の始まりと伝えられています。以後、温泉寺は「城崎温泉守護の寺」として、また高野山真言宗の別格本山として、参拝者が絶えることはありません。
 本年は、温泉寺の本尊である木造十一面観音立像が33年ぶりにご開帳されます。この節目の年に、重要文化財をはじめとした温泉寺の寺宝を紹介します。さまざまな寺宝から、温泉寺と城崎温泉との関わりや、その歴史・魅力の奥深さを感じてみませんか。

■主な展示資料
(1)温泉寺の開創と城崎温泉 •市指定文化財「紙本温泉寺縁起図」(江戸時代/海北友竹画/温泉寺蔵)
 ・「温泉寺縁起帳」(大永8年写/温泉寺蔵)
(2)江戸時代の城崎温泉と温泉寺 •薬師堂奉納額(手下駄・杖)(元治元年ほか/温泉寺蔵)
 ・「湯壺に用ゐる柄杓の由来」(万治2年/温泉寺蔵)
 ・柄杓(現代/温泉寺蔵)
(3)温泉寺の歴史と寺宝 •『声明集』(文明4年/温泉寺蔵)
 ・市指定文化財「紙本山水図」(江戸時代中期/斎藤畸庵作/温泉寺蔵)
 ・後陽成天皇真筆 龍虎二字(安土桃山〜江戸時代初期/温泉寺蔵)
(4)密教美術の粋 •重要文化財 絹本著色十六善神像(鎌倉時代/温泉寺蔵)
 ・伝空海真筆 尊勝曼荼羅(平安時代/温泉寺蔵)
 ・金剛界大日如来坐像(江戸時代/温泉寺蔵)
 ・胎蔵界大日如来坐像(鎌倉時代/温泉寺蔵)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時4月13日(金曜)〜7月10日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
(1)対談「温泉寺・城崎温泉の歴史と魅力」
 日時:6月23日(土)午後1時30分〜
 会場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール
 内容:温泉寺住職の小川祐章さんと当館学芸員が、温泉寺や城崎温泉の歴史と魅力を語り尽くします!
 その他:予約は不要です。聴講には入館料が必要です。

(2)現地見学「特別観覧!温泉寺のすべて」
 日時:5月26日(土)午前10時〜12時 ※雨天決行
 集合:温泉寺薬師堂前(大師山山麓)
 ※お車は周辺の有料駐車場をご利用ください
 参加費:1,000円(資料代・ロープウェイ代)
 内容:温泉寺住職の案内で温泉寺の見どころをめぐります。
 定員:20名
 申込先:0796-42-6111(申込先着順)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」1
開催日
2018年4月28日(Sat)〜7月1日(Sun)

 豊岡市但東町出身の画家・造形作家、稲葉 猛(いなばたけし)氏の作品展です。
 稲葉氏は出石高校、武蔵野美術大学卒業後、1968年渡欧。2018年で滞欧50年になることを記念して展示会を開催します。
 パリの空き缶を使ったカラフルでユニークな作品を中心に、油彩や水彩なども展示します。展示予定数は約40点です。

■入場料
 一般600円
 大学・高校生400円
 小学・中学生200円
 ※兵庫県内の小中生はココロンカード提示で無料。

 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。 
 ※ほかの割引との併用はできません。
期間4月28日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時30分〜午後5時(ただし入館は30分前まで
 ※休館日について、詳細は美術館カレンダーをご確認ください。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
CANETTE−稲葉猛作品展−1
開催日
2018年5月12日(Sat)〜7月1日(Sun)

 但馬にある15の館・園から逸品約100点を一堂に集め、紹介します。

 県立円山川公苑美術館は書家森田子龍「虎」、豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館は「見蔵岡遺跡出土縄文土器」、同美術館 伊藤清永記念館は洋画家伊藤清永「浴后の女」、同日本・モンゴル博物館は「ゲル(移動用小型住居)」を出品する。このほか、香美町ジオパークと海の文化館から「マンボウ」の全身はく製、浜坂先人記念館・以命亭からは日本画家谷角日沙春「ツヅミ」、県立但馬牧場公園から「農耕使役但馬牛」等身大模型、山田風太郎記念館から作家山田風太郎「エドの舞踏会」直筆原稿、おもしろ昆虫化石館から「恐竜の卵」を借用しました。子どもから大人まで、幅広い層の知的好奇心をくすぐる内容です。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時5月12日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前10時〜午後5時
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室・2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423兵庫県朝来市多々良木739番地3
 MAIL/art-village@city.asago.hyogo.jp

朝来市
美術展/展覧会
但馬地域博物館 お宝大集合展1
開催日
2018年5月19日(Sat)〜2019年3月31日(Sun)

 文学って、演劇って、なんですか?

 2018年、城崎国際アートセンターにて滞在制作される「青年団」の舞台『日本文学盛衰史』。
 明治時代、近代文学の創始者たちが「いったい、何を、どう書けばよいのだ?」と苦悩する姿を100年後の日本へ甦らせた高橋源一郎氏による奇想天外な物語。
 この小説を「青年団」主宰の平田オリザ氏がどのように演劇へと舞台化・立体化させていくのかを、城崎文芸館らしくご紹介しようという試みです。
 『日本文学盛衰史』を通して文学とは何か、演劇とは何か?
 そして、演劇とはどうできあがっていくのか?をやわらかく伝えます。
日時5月19日(土曜)〜3月31日(日曜)
 9:00〜17:00(最終入館時間は16:30まで)
 休館日:毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)
場所城崎文芸館(豊岡市城崎町湯島357−1)
観覧料大人:500円、中高生:300円、小学生以下無料


■連絡先
城崎文芸館
 TEL/0796-32-2575

豊岡市
美術展/展覧会
城崎文芸館第3回企画展「文学と演劇と城崎温泉」1
開催日
2018年5月27日(Sun)〜8月28日(Tue)

 モンゴル国の首都ウランバートルとその近郊を訪問した友好訪問使節団の8日間の旅から現在のモンゴルの様子を紹介。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 障害者手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示、付添人1人含む)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間5月27日(日曜)〜8月28日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館 第75回企画展「モンゴル国へ行ってきた!!〜首都ウランバートル訪問記〜」1
開催日
2018年6月2日(Sat)〜7月1日(Sun)

 夫婦円満の秘訣は、趣味を同じくすることです。山村日良さん・玉江さんご夫婦(新温泉町岸田)は、日本各地の撮影ポイントを訪れ、美しい風景を撮影されています。
 このたび、新温泉町の四季折々の写真をはじめ、撮りためてきた作品約60点を展示します。

■入場料
 無料
日時6月2日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時〜午後4時30分
 ※毎週月曜休館
場所八田コミュニティセンター

■連絡先
八田コミュニティセンター(おもしろ昆虫化石館)
 TEL/0796-93-0888

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2018年6月19日(Tue)〜7月9日(Mon)

但馬ドームセンター棟ギャラリーにおいて下記の展示を開催いしております。。
みなさまのご来館お待ちしております。


内容
豊岡市在住の方を中心とした「フォトサークル青空」の会員による、
四季折々の人物、但馬の風景などの情感あふれる作品17点を展示。
ぜひ、ご覧ください。

観覧料:無料

*期間中休館日はございません。

開催場所全但バス但馬ドーム センター棟ギャラリー
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50

■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900

全但馬
美術展/展覧会
但馬ドームセンター棟ギャラリー「〜四季を奏でる〜フォトサークル青空写真展」1
28
(Thu)
開催日
2018年3月17日(Sat)〜8月31日(Fri)

 絵画、書、木工、木彫、写真など…全国から、49組・86点のたくさんの宇宙な作品が集まりました
 出展してくださったみなさま、ありがとうございます!!!

 夏休みには、講師の先生をお招きして夏休み特別企画を予定しています!
 万華鏡を作ったり…
 星の観察会をしたり…

 そして、今年もステージの上に工作コーナーを設けています

「宇宙展」ですので、みなさんでロケットを作ってみませんか
 すてきなロケットでステージをいっぱいにしちゃいましょう

 8月31日(金)まで開催していますので、みなさんのお越しを宇宙人と一緒にお待ちしています

■入場料
 一般300円[200円]、中学生以下150円[100円] 
 ※[ ]内は団体料金(15名以上)

■休館日
 水曜日
日時3月17日(土曜)〜8月31日(金曜)
 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
場所おおやアート村「BIGLABO」(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村
 TEL/079-669-2449
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIGLABO!!大宇宙☆展1
開催日
2018年4月13日(Fri)〜7月10日(Tue)

 温泉寺は、1300年の歴史を誇る名刹。温泉寺を開いた道智上人の功徳によって湧き出した湯が、城崎温泉の始まりと伝えられています。以後、温泉寺は「城崎温泉守護の寺」として、また高野山真言宗の別格本山として、参拝者が絶えることはありません。
 本年は、温泉寺の本尊である木造十一面観音立像が33年ぶりにご開帳されます。この節目の年に、重要文化財をはじめとした温泉寺の寺宝を紹介します。さまざまな寺宝から、温泉寺と城崎温泉との関わりや、その歴史・魅力の奥深さを感じてみませんか。

■主な展示資料
(1)温泉寺の開創と城崎温泉 •市指定文化財「紙本温泉寺縁起図」(江戸時代/海北友竹画/温泉寺蔵)
 ・「温泉寺縁起帳」(大永8年写/温泉寺蔵)
(2)江戸時代の城崎温泉と温泉寺 •薬師堂奉納額(手下駄・杖)(元治元年ほか/温泉寺蔵)
 ・「湯壺に用ゐる柄杓の由来」(万治2年/温泉寺蔵)
 ・柄杓(現代/温泉寺蔵)
(3)温泉寺の歴史と寺宝 •『声明集』(文明4年/温泉寺蔵)
 ・市指定文化財「紙本山水図」(江戸時代中期/斎藤畸庵作/温泉寺蔵)
 ・後陽成天皇真筆 龍虎二字(安土桃山〜江戸時代初期/温泉寺蔵)
(4)密教美術の粋 •重要文化財 絹本著色十六善神像(鎌倉時代/温泉寺蔵)
 ・伝空海真筆 尊勝曼荼羅(平安時代/温泉寺蔵)
 ・金剛界大日如来坐像(江戸時代/温泉寺蔵)
 ・胎蔵界大日如来坐像(鎌倉時代/温泉寺蔵)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時4月13日(金曜)〜7月10日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
(1)対談「温泉寺・城崎温泉の歴史と魅力」
 日時:6月23日(土)午後1時30分〜
 会場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール
 内容:温泉寺住職の小川祐章さんと当館学芸員が、温泉寺や城崎温泉の歴史と魅力を語り尽くします!
 その他:予約は不要です。聴講には入館料が必要です。

(2)現地見学「特別観覧!温泉寺のすべて」
 日時:5月26日(土)午前10時〜12時 ※雨天決行
 集合:温泉寺薬師堂前(大師山山麓)
 ※お車は周辺の有料駐車場をご利用ください
 参加費:1,000円(資料代・ロープウェイ代)
 内容:温泉寺住職の案内で温泉寺の見どころをめぐります。
 定員:20名
 申込先:0796-42-6111(申込先着順)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」1
開催日
2018年4月28日(Sat)〜7月1日(Sun)

 豊岡市但東町出身の画家・造形作家、稲葉 猛(いなばたけし)氏の作品展です。
 稲葉氏は出石高校、武蔵野美術大学卒業後、1968年渡欧。2018年で滞欧50年になることを記念して展示会を開催します。
 パリの空き缶を使ったカラフルでユニークな作品を中心に、油彩や水彩なども展示します。展示予定数は約40点です。

■入場料
 一般600円
 大学・高校生400円
 小学・中学生200円
 ※兵庫県内の小中生はココロンカード提示で無料。

 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。 
 ※ほかの割引との併用はできません。
期間4月28日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時30分〜午後5時(ただし入館は30分前まで
 ※休館日について、詳細は美術館カレンダーをご確認ください。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
CANETTE−稲葉猛作品展−1
開催日
2018年5月12日(Sat)〜7月1日(Sun)

 但馬にある15の館・園から逸品約100点を一堂に集め、紹介します。

 県立円山川公苑美術館は書家森田子龍「虎」、豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館は「見蔵岡遺跡出土縄文土器」、同美術館 伊藤清永記念館は洋画家伊藤清永「浴后の女」、同日本・モンゴル博物館は「ゲル(移動用小型住居)」を出品する。このほか、香美町ジオパークと海の文化館から「マンボウ」の全身はく製、浜坂先人記念館・以命亭からは日本画家谷角日沙春「ツヅミ」、県立但馬牧場公園から「農耕使役但馬牛」等身大模型、山田風太郎記念館から作家山田風太郎「エドの舞踏会」直筆原稿、おもしろ昆虫化石館から「恐竜の卵」を借用しました。子どもから大人まで、幅広い層の知的好奇心をくすぐる内容です。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時5月12日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前10時〜午後5時
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室・2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423兵庫県朝来市多々良木739番地3
 MAIL/art-village@city.asago.hyogo.jp

朝来市
美術展/展覧会
但馬地域博物館 お宝大集合展1
開催日
2018年5月19日(Sat)〜2019年3月31日(Sun)

 文学って、演劇って、なんですか?

 2018年、城崎国際アートセンターにて滞在制作される「青年団」の舞台『日本文学盛衰史』。
 明治時代、近代文学の創始者たちが「いったい、何を、どう書けばよいのだ?」と苦悩する姿を100年後の日本へ甦らせた高橋源一郎氏による奇想天外な物語。
 この小説を「青年団」主宰の平田オリザ氏がどのように演劇へと舞台化・立体化させていくのかを、城崎文芸館らしくご紹介しようという試みです。
 『日本文学盛衰史』を通して文学とは何か、演劇とは何か?
 そして、演劇とはどうできあがっていくのか?をやわらかく伝えます。
日時5月19日(土曜)〜3月31日(日曜)
 9:00〜17:00(最終入館時間は16:30まで)
 休館日:毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)
場所城崎文芸館(豊岡市城崎町湯島357−1)
観覧料大人:500円、中高生:300円、小学生以下無料


■連絡先
城崎文芸館
 TEL/0796-32-2575

豊岡市
美術展/展覧会
城崎文芸館第3回企画展「文学と演劇と城崎温泉」1
開催日
2018年5月27日(Sun)〜8月28日(Tue)

 モンゴル国の首都ウランバートルとその近郊を訪問した友好訪問使節団の8日間の旅から現在のモンゴルの様子を紹介。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 障害者手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示、付添人1人含む)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間5月27日(日曜)〜8月28日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館 第75回企画展「モンゴル国へ行ってきた!!〜首都ウランバートル訪問記〜」1
開催日
2018年6月2日(Sat)〜7月1日(Sun)

 夫婦円満の秘訣は、趣味を同じくすることです。山村日良さん・玉江さんご夫婦(新温泉町岸田)は、日本各地の撮影ポイントを訪れ、美しい風景を撮影されています。
 このたび、新温泉町の四季折々の写真をはじめ、撮りためてきた作品約60点を展示します。

■入場料
 無料
日時6月2日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時〜午後4時30分
 ※毎週月曜休館
場所八田コミュニティセンター

■連絡先
八田コミュニティセンター(おもしろ昆虫化石館)
 TEL/0796-93-0888

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2018年6月19日(Tue)〜7月9日(Mon)

但馬ドームセンター棟ギャラリーにおいて下記の展示を開催いしております。。
みなさまのご来館お待ちしております。


内容
豊岡市在住の方を中心とした「フォトサークル青空」の会員による、
四季折々の人物、但馬の風景などの情感あふれる作品17点を展示。
ぜひ、ご覧ください。

観覧料:無料

*期間中休館日はございません。

開催場所全但バス但馬ドーム センター棟ギャラリー
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50

■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900

全但馬
美術展/展覧会
但馬ドームセンター棟ギャラリー「〜四季を奏でる〜フォトサークル青空写真展」1
29
(Fri)
開催日
2018年3月17日(Sat)〜8月31日(Fri)

 絵画、書、木工、木彫、写真など…全国から、49組・86点のたくさんの宇宙な作品が集まりました
 出展してくださったみなさま、ありがとうございます!!!

 夏休みには、講師の先生をお招きして夏休み特別企画を予定しています!
 万華鏡を作ったり…
 星の観察会をしたり…

 そして、今年もステージの上に工作コーナーを設けています

「宇宙展」ですので、みなさんでロケットを作ってみませんか
 すてきなロケットでステージをいっぱいにしちゃいましょう

 8月31日(金)まで開催していますので、みなさんのお越しを宇宙人と一緒にお待ちしています

■入場料
 一般300円[200円]、中学生以下150円[100円] 
 ※[ ]内は団体料金(15名以上)

■休館日
 水曜日
日時3月17日(土曜)〜8月31日(金曜)
 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
場所おおやアート村「BIGLABO」(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村
 TEL/079-669-2449
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIGLABO!!大宇宙☆展1
開催日
2018年4月13日(Fri)〜7月10日(Tue)

 温泉寺は、1300年の歴史を誇る名刹。温泉寺を開いた道智上人の功徳によって湧き出した湯が、城崎温泉の始まりと伝えられています。以後、温泉寺は「城崎温泉守護の寺」として、また高野山真言宗の別格本山として、参拝者が絶えることはありません。
 本年は、温泉寺の本尊である木造十一面観音立像が33年ぶりにご開帳されます。この節目の年に、重要文化財をはじめとした温泉寺の寺宝を紹介します。さまざまな寺宝から、温泉寺と城崎温泉との関わりや、その歴史・魅力の奥深さを感じてみませんか。

■主な展示資料
(1)温泉寺の開創と城崎温泉 •市指定文化財「紙本温泉寺縁起図」(江戸時代/海北友竹画/温泉寺蔵)
 ・「温泉寺縁起帳」(大永8年写/温泉寺蔵)
(2)江戸時代の城崎温泉と温泉寺 •薬師堂奉納額(手下駄・杖)(元治元年ほか/温泉寺蔵)
 ・「湯壺に用ゐる柄杓の由来」(万治2年/温泉寺蔵)
 ・柄杓(現代/温泉寺蔵)
(3)温泉寺の歴史と寺宝 •『声明集』(文明4年/温泉寺蔵)
 ・市指定文化財「紙本山水図」(江戸時代中期/斎藤畸庵作/温泉寺蔵)
 ・後陽成天皇真筆 龍虎二字(安土桃山〜江戸時代初期/温泉寺蔵)
(4)密教美術の粋 •重要文化財 絹本著色十六善神像(鎌倉時代/温泉寺蔵)
 ・伝空海真筆 尊勝曼荼羅(平安時代/温泉寺蔵)
 ・金剛界大日如来坐像(江戸時代/温泉寺蔵)
 ・胎蔵界大日如来坐像(鎌倉時代/温泉寺蔵)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時4月13日(金曜)〜7月10日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
(1)対談「温泉寺・城崎温泉の歴史と魅力」
 日時:6月23日(土)午後1時30分〜
 会場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール
 内容:温泉寺住職の小川祐章さんと当館学芸員が、温泉寺や城崎温泉の歴史と魅力を語り尽くします!
 その他:予約は不要です。聴講には入館料が必要です。

(2)現地見学「特別観覧!温泉寺のすべて」
 日時:5月26日(土)午前10時〜12時 ※雨天決行
 集合:温泉寺薬師堂前(大師山山麓)
 ※お車は周辺の有料駐車場をご利用ください
 参加費:1,000円(資料代・ロープウェイ代)
 内容:温泉寺住職の案内で温泉寺の見どころをめぐります。
 定員:20名
 申込先:0796-42-6111(申込先着順)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」1
開催日
2018年4月28日(Sat)〜7月1日(Sun)

 豊岡市但東町出身の画家・造形作家、稲葉 猛(いなばたけし)氏の作品展です。
 稲葉氏は出石高校、武蔵野美術大学卒業後、1968年渡欧。2018年で滞欧50年になることを記念して展示会を開催します。
 パリの空き缶を使ったカラフルでユニークな作品を中心に、油彩や水彩なども展示します。展示予定数は約40点です。

■入場料
 一般600円
 大学・高校生400円
 小学・中学生200円
 ※兵庫県内の小中生はココロンカード提示で無料。

 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。 
 ※ほかの割引との併用はできません。
期間4月28日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時30分〜午後5時(ただし入館は30分前まで
 ※休館日について、詳細は美術館カレンダーをご確認ください。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
CANETTE−稲葉猛作品展−1
開催日
2018年5月12日(Sat)〜7月1日(Sun)

 但馬にある15の館・園から逸品約100点を一堂に集め、紹介します。

 県立円山川公苑美術館は書家森田子龍「虎」、豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館は「見蔵岡遺跡出土縄文土器」、同美術館 伊藤清永記念館は洋画家伊藤清永「浴后の女」、同日本・モンゴル博物館は「ゲル(移動用小型住居)」を出品する。このほか、香美町ジオパークと海の文化館から「マンボウ」の全身はく製、浜坂先人記念館・以命亭からは日本画家谷角日沙春「ツヅミ」、県立但馬牧場公園から「農耕使役但馬牛」等身大模型、山田風太郎記念館から作家山田風太郎「エドの舞踏会」直筆原稿、おもしろ昆虫化石館から「恐竜の卵」を借用しました。子どもから大人まで、幅広い層の知的好奇心をくすぐる内容です。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時5月12日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前10時〜午後5時
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室・2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423兵庫県朝来市多々良木739番地3
 MAIL/art-village@city.asago.hyogo.jp

朝来市
美術展/展覧会
但馬地域博物館 お宝大集合展1
開催日
2018年5月19日(Sat)〜2019年3月31日(Sun)

 文学って、演劇って、なんですか?

 2018年、城崎国際アートセンターにて滞在制作される「青年団」の舞台『日本文学盛衰史』。
 明治時代、近代文学の創始者たちが「いったい、何を、どう書けばよいのだ?」と苦悩する姿を100年後の日本へ甦らせた高橋源一郎氏による奇想天外な物語。
 この小説を「青年団」主宰の平田オリザ氏がどのように演劇へと舞台化・立体化させていくのかを、城崎文芸館らしくご紹介しようという試みです。
 『日本文学盛衰史』を通して文学とは何か、演劇とは何か?
 そして、演劇とはどうできあがっていくのか?をやわらかく伝えます。
日時5月19日(土曜)〜3月31日(日曜)
 9:00〜17:00(最終入館時間は16:30まで)
 休館日:毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)
場所城崎文芸館(豊岡市城崎町湯島357−1)
観覧料大人:500円、中高生:300円、小学生以下無料


■連絡先
城崎文芸館
 TEL/0796-32-2575

豊岡市
美術展/展覧会
城崎文芸館第3回企画展「文学と演劇と城崎温泉」1
開催日
2018年5月27日(Sun)〜8月28日(Tue)

 モンゴル国の首都ウランバートルとその近郊を訪問した友好訪問使節団の8日間の旅から現在のモンゴルの様子を紹介。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 障害者手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示、付添人1人含む)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間5月27日(日曜)〜8月28日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館 第75回企画展「モンゴル国へ行ってきた!!〜首都ウランバートル訪問記〜」1
開催日
2018年6月2日(Sat)〜7月1日(Sun)

 夫婦円満の秘訣は、趣味を同じくすることです。山村日良さん・玉江さんご夫婦(新温泉町岸田)は、日本各地の撮影ポイントを訪れ、美しい風景を撮影されています。
 このたび、新温泉町の四季折々の写真をはじめ、撮りためてきた作品約60点を展示します。

■入場料
 無料
日時6月2日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時〜午後4時30分
 ※毎週月曜休館
場所八田コミュニティセンター

■連絡先
八田コミュニティセンター(おもしろ昆虫化石館)
 TEL/0796-93-0888

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2018年6月19日(Tue)〜7月9日(Mon)

但馬ドームセンター棟ギャラリーにおいて下記の展示を開催いしております。。
みなさまのご来館お待ちしております。


内容
豊岡市在住の方を中心とした「フォトサークル青空」の会員による、
四季折々の人物、但馬の風景などの情感あふれる作品17点を展示。
ぜひ、ご覧ください。

観覧料:無料

*期間中休館日はございません。

開催場所全但バス但馬ドーム センター棟ギャラリー
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50

■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900

全但馬
美術展/展覧会
但馬ドームセンター棟ギャラリー「〜四季を奏でる〜フォトサークル青空写真展」1
30
(Sat)
開催日
2018年3月17日(Sat)〜8月31日(Fri)

 絵画、書、木工、木彫、写真など…全国から、49組・86点のたくさんの宇宙な作品が集まりました
 出展してくださったみなさま、ありがとうございます!!!

 夏休みには、講師の先生をお招きして夏休み特別企画を予定しています!
 万華鏡を作ったり…
 星の観察会をしたり…

 そして、今年もステージの上に工作コーナーを設けています

「宇宙展」ですので、みなさんでロケットを作ってみませんか
 すてきなロケットでステージをいっぱいにしちゃいましょう

 8月31日(金)まで開催していますので、みなさんのお越しを宇宙人と一緒にお待ちしています

■入場料
 一般300円[200円]、中学生以下150円[100円] 
 ※[ ]内は団体料金(15名以上)

■休館日
 水曜日
日時3月17日(土曜)〜8月31日(金曜)
 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
場所おおやアート村「BIGLABO」(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村
 TEL/079-669-2449
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIGLABO!!大宇宙☆展1
開催日
2018年4月13日(Fri)〜7月10日(Tue)

 温泉寺は、1300年の歴史を誇る名刹。温泉寺を開いた道智上人の功徳によって湧き出した湯が、城崎温泉の始まりと伝えられています。以後、温泉寺は「城崎温泉守護の寺」として、また高野山真言宗の別格本山として、参拝者が絶えることはありません。
 本年は、温泉寺の本尊である木造十一面観音立像が33年ぶりにご開帳されます。この節目の年に、重要文化財をはじめとした温泉寺の寺宝を紹介します。さまざまな寺宝から、温泉寺と城崎温泉との関わりや、その歴史・魅力の奥深さを感じてみませんか。

■主な展示資料
(1)温泉寺の開創と城崎温泉 •市指定文化財「紙本温泉寺縁起図」(江戸時代/海北友竹画/温泉寺蔵)
 ・「温泉寺縁起帳」(大永8年写/温泉寺蔵)
(2)江戸時代の城崎温泉と温泉寺 •薬師堂奉納額(手下駄・杖)(元治元年ほか/温泉寺蔵)
 ・「湯壺に用ゐる柄杓の由来」(万治2年/温泉寺蔵)
 ・柄杓(現代/温泉寺蔵)
(3)温泉寺の歴史と寺宝 •『声明集』(文明4年/温泉寺蔵)
 ・市指定文化財「紙本山水図」(江戸時代中期/斎藤畸庵作/温泉寺蔵)
 ・後陽成天皇真筆 龍虎二字(安土桃山〜江戸時代初期/温泉寺蔵)
(4)密教美術の粋 •重要文化財 絹本著色十六善神像(鎌倉時代/温泉寺蔵)
 ・伝空海真筆 尊勝曼荼羅(平安時代/温泉寺蔵)
 ・金剛界大日如来坐像(江戸時代/温泉寺蔵)
 ・胎蔵界大日如来坐像(鎌倉時代/温泉寺蔵)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時4月13日(金曜)〜7月10日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
(1)対談「温泉寺・城崎温泉の歴史と魅力」
 日時:6月23日(土)午後1時30分〜
 会場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール
 内容:温泉寺住職の小川祐章さんと当館学芸員が、温泉寺や城崎温泉の歴史と魅力を語り尽くします!
 その他:予約は不要です。聴講には入館料が必要です。

(2)現地見学「特別観覧!温泉寺のすべて」
 日時:5月26日(土)午前10時〜12時 ※雨天決行
 集合:温泉寺薬師堂前(大師山山麓)
 ※お車は周辺の有料駐車場をご利用ください
 参加費:1,000円(資料代・ロープウェイ代)
 内容:温泉寺住職の案内で温泉寺の見どころをめぐります。
 定員:20名
 申込先:0796-42-6111(申込先着順)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」1
開催日
2018年4月28日(Sat)〜7月1日(Sun)

 豊岡市但東町出身の画家・造形作家、稲葉 猛(いなばたけし)氏の作品展です。
 稲葉氏は出石高校、武蔵野美術大学卒業後、1968年渡欧。2018年で滞欧50年になることを記念して展示会を開催します。
 パリの空き缶を使ったカラフルでユニークな作品を中心に、油彩や水彩なども展示します。展示予定数は約40点です。

■入場料
 一般600円
 大学・高校生400円
 小学・中学生200円
 ※兵庫県内の小中生はココロンカード提示で無料。

 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。 
 ※ほかの割引との併用はできません。
期間4月28日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時30分〜午後5時(ただし入館は30分前まで
 ※休館日について、詳細は美術館カレンダーをご確認ください。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
CANETTE−稲葉猛作品展−1
開催日
2018年5月12日(Sat)〜7月1日(Sun)

 但馬にある15の館・園から逸品約100点を一堂に集め、紹介します。

 県立円山川公苑美術館は書家森田子龍「虎」、豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館は「見蔵岡遺跡出土縄文土器」、同美術館 伊藤清永記念館は洋画家伊藤清永「浴后の女」、同日本・モンゴル博物館は「ゲル(移動用小型住居)」を出品する。このほか、香美町ジオパークと海の文化館から「マンボウ」の全身はく製、浜坂先人記念館・以命亭からは日本画家谷角日沙春「ツヅミ」、県立但馬牧場公園から「農耕使役但馬牛」等身大模型、山田風太郎記念館から作家山田風太郎「エドの舞踏会」直筆原稿、おもしろ昆虫化石館から「恐竜の卵」を借用しました。子どもから大人まで、幅広い層の知的好奇心をくすぐる内容です。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時5月12日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前10時〜午後5時
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室・2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423兵庫県朝来市多々良木739番地3
 MAIL/art-village@city.asago.hyogo.jp

朝来市
美術展/展覧会
但馬地域博物館 お宝大集合展1
開催日
2018年5月19日(Sat)〜2019年3月31日(Sun)

 文学って、演劇って、なんですか?

 2018年、城崎国際アートセンターにて滞在制作される「青年団」の舞台『日本文学盛衰史』。
 明治時代、近代文学の創始者たちが「いったい、何を、どう書けばよいのだ?」と苦悩する姿を100年後の日本へ甦らせた高橋源一郎氏による奇想天外な物語。
 この小説を「青年団」主宰の平田オリザ氏がどのように演劇へと舞台化・立体化させていくのかを、城崎文芸館らしくご紹介しようという試みです。
 『日本文学盛衰史』を通して文学とは何か、演劇とは何か?
 そして、演劇とはどうできあがっていくのか?をやわらかく伝えます。
日時5月19日(土曜)〜3月31日(日曜)
 9:00〜17:00(最終入館時間は16:30まで)
 休館日:毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)
場所城崎文芸館(豊岡市城崎町湯島357−1)
観覧料大人:500円、中高生:300円、小学生以下無料


■連絡先
城崎文芸館
 TEL/0796-32-2575

豊岡市
美術展/展覧会
城崎文芸館第3回企画展「文学と演劇と城崎温泉」1
開催日
2018年5月27日(Sun)〜8月28日(Tue)

 モンゴル国の首都ウランバートルとその近郊を訪問した友好訪問使節団の8日間の旅から現在のモンゴルの様子を紹介。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 障害者手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示、付添人1人含む)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間5月27日(日曜)〜8月28日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館 第75回企画展「モンゴル国へ行ってきた!!〜首都ウランバートル訪問記〜」1
開催日
2018年6月2日(Sat)〜7月1日(Sun)

 夫婦円満の秘訣は、趣味を同じくすることです。山村日良さん・玉江さんご夫婦(新温泉町岸田)は、日本各地の撮影ポイントを訪れ、美しい風景を撮影されています。
 このたび、新温泉町の四季折々の写真をはじめ、撮りためてきた作品約60点を展示します。

■入場料
 無料
日時6月2日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時〜午後4時30分
 ※毎週月曜休館
場所八田コミュニティセンター

■連絡先
八田コミュニティセンター(おもしろ昆虫化石館)
 TEL/0796-93-0888

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2018年6月19日(Tue)〜7月9日(Mon)

但馬ドームセンター棟ギャラリーにおいて下記の展示を開催いしております。。
みなさまのご来館お待ちしております。


内容
豊岡市在住の方を中心とした「フォトサークル青空」の会員による、
四季折々の人物、但馬の風景などの情感あふれる作品17点を展示。
ぜひ、ご覧ください。

観覧料:無料

*期間中休館日はございません。

開催場所全但バス但馬ドーム センター棟ギャラリー
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50

■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900

全但馬
美術展/展覧会
但馬ドームセンター棟ギャラリー「〜四季を奏でる〜フォトサークル青空写真展」1
開催日
2018年6月30日(Sat)

 早朝の植物園を貸し切り、木漏れ日ウォーキングを開催します。
 千年水コーヒー&焼きたてパン付!!

■コース
 木の殿堂〜たじま高原植物園往復(園内の散策を含む 全4km)

■料金
 700円(税込)/人(当日徴収いたします。)

■内訳
 料金は千年水コーヒーOR野菜ジュース、焼き立てパン、ノルディックポールレンタル、ノルディックウォーク講習、保険代

■申込先
 電話0796-94-0101、Fax0796-98-1532
 香美町教育委員会 生涯学習課(担当:田中)

■申込期限
 6月20日(水)
 申込人数により早めに締め切る場合があります。

■その他
 ウォーキングは少雨決行です。

 中止のお知らせは6月29日(金)PM5:00までにFacebook等で行います。

 Facebook「香美町ウォーキングネットワーク会議」検索、 https://www.facebook.com/kamiwn/
日時6月30日(土曜)
 AM6:00〜8:30
集合場所木の殿堂駐車場 AM5:45(現地集合)

■連絡先
香美町教育委員会生涯学習課
 TEL/0796-94-0101
 FAX/0796-98-1532
 MAIL/shougaigakushu@town.mikata-kami.lg.jp

香美町
コミュニティ/交流会
木漏れ日ウォーキング1
開催日
2018年6月30日(Sat)〜7月1日(Sun)

新温泉町内のウチョウラン同好会によるウチョウラン約250鉢を展示予定。入場無料。

内容
紫・白・黄・桃・朱色などの可憐な花を咲かせるウチョウラン展を開催します。
 新温泉町ウチョウラン同好会の皆さんが栽培した貴重な花など約250鉢を展示します。当日はウチョウランの栽培相談、即売なども行います。
 手のひらにのるほどの小さな植木鉢の中に広がる可憐なウチョウランの花をぜひご覧ください。

開催場所兵庫県立但馬牧場公園
開催場所住所新温泉町丹土1033番地

■連絡先

全但馬
コミュニティ/交流会
ウチョウラン展1
開催日
2018年6月30日(Sat)

■内容
 コメディー・クラウン・サーカス
 鉄道模型で遊ぼう
 人形劇団「クラルテ」公演
 貝がら工作教室

■対象
 幼児・小学生その保護者

■参加費
 無料
時間6月30日(金曜)
 10:00〜16:00
場所但馬文教府

■連絡先
但馬文教府
 TEL/0796-22-4407
 FAX/0796-23-0998

豊岡市
コミュニティ/交流会
みてやま親子ふれあい交流フェスタ1
開催日
2018年6月30日(Sat)

 養父市では、市制15年を記念したイベントとして「自衛隊音楽隊による演奏会」を開催します。イベントでは「炊き出し訓練」のほか、災害時に活用する「装備品を展示」などを行い、市民の皆さんへ防災に対する理解と周知を図ります。

■自衛隊音楽隊 演奏会
 今回演奏する「陸上自衛隊第3音楽隊」は、伊丹駐屯地(兵庫県伊丹市)に所属する音楽を主な任務とする専門部隊で、演奏会には隊長以下45人編成(予定)でレベルの高い演奏を披露していただきます。

※入場に当たり、整理券が必要です。整理券の配布については、次のとおりです。

 整理券(無料)の配布について
 ・開始 6月1日(金)
 ・場所 各公民館(八鹿・養父・大屋・関宮)
 ・時間 9時から17時
 (土日も配布します。ただし、八鹿公民館は水曜日、養父公民館は月曜日休館です。)

■炊き出し訓練
 自衛隊と地元高校生ボランティアの皆さんが提供します。
 ・時間:11時から12時(無くなり次第終了します。)
 ・場所:八鹿公民館周辺
 ・配布数:200食

■自衛隊装備品 展示
 災害時に活用する自衛隊車両を展示します。
 ・軽装甲機動車(LAV)、高機動車(HMV)、炊飯車など
 ・時間:10時30分から14時
 ・場所:市役所前駐車場
日時6月30日(土曜)
 開場12時30分、開演13時00分
場所養父市立八鹿文化会館ホール

■連絡先
養父市危機管理室防災安全課
 TEL/079-662-2899
 FAX/079-662-7491
 MAIL/bousai@city.yabu.lg.jp

養父市
映画/演劇/コンサート
養父市制15年記念事業 自衛隊音楽隊演奏会1
開催日
2018年6月30日(Sat)

 いま低投資・低コストで参入が容易な「自伐型林業」が全国で注目されています。
 養父市では市面積の84%を占める森林の持続的な活用と「半農半林」(中山間地農業×自伐型林業)といった中山間地域における新たな就業モデル創出のため『自伐型林業推進フォーラムin養父』を開催します。
 養父市で起業したい方、農業や観光業の副業として林業をやってみたい方、自分の山で収入を上げながら山を管理したいと思っている方、林業は儲からないと思っている方など、ぜひご参加ください。

■参加費
 無料

■定員
 100名
日時6月30日(土曜)
 午後1時30分から午後4時30分
場所JAたじま総合営農センター3階 大研修室
(養父市八鹿町朝倉1141番地)

■連絡先
養父市産業環境部農林振興課
 TEL/079-664-0281(代表)

養父市
講演会/セミナー
自伐型林業推進フォーラムin養父1
開催日
2018年6月30日(Sat)

オーベルジュ豊岡1925で開催のカフェタイムコンサートです。
日 時 6月30日(土)開演 午後3時
入場料 3,000円(ケーキ・ドリンク付)
予 約 050-5308-7929
主 催 一般社団法人ワンノート豊岡

内容
カフェタイムコンサートシリーズ07 
今回はオカリナ合奏団によるコンサートです。
オカリナのみの編成による合奏を再現するべく大小13種類以上のオカリナを使い、さまざまな音楽を演奏します。

演奏曲目は大きな古時計 赤いサラファン チャップリンメドレー リベルタンゴ ウィリアムテル序曲 ほか

皆さまのお越しをお待ちしています。

開催場所オーベルジュ豊岡1925
開催場所住所豊岡市中央町11−22(豊岡市役所前)





■連絡先

豊岡市
映画/演劇/コンサート
スイートポテトオカリナ合奏団 コンサート1
開催日
2018年6月30日(Sat)

京阪神で活躍するボーカルとサックスの二刀流プレーヤー、
MASAX(坂田雅枝)と地元アマチュアプレーヤーとのコラボライブです。
開演時間 午後6時30分(開場6時)
料金 3,800円(食事付)


備考・注意事項
予約をお願いします。

開催場所レストラン ブーケ
開催場所住所養父市八鹿町小山258-8

■連絡先
住所/養父市八鹿町小山258-8
TEL/079-662-3718

全但馬
映画/演劇/コンサート
MASAX JAZZ TIME1
1
(Sun)
開催日
2018年3月17日(Sat)〜8月31日(Fri)

 絵画、書、木工、木彫、写真など…全国から、49組・86点のたくさんの宇宙な作品が集まりました
 出展してくださったみなさま、ありがとうございます!!!

 夏休みには、講師の先生をお招きして夏休み特別企画を予定しています!
 万華鏡を作ったり…
 星の観察会をしたり…

 そして、今年もステージの上に工作コーナーを設けています

「宇宙展」ですので、みなさんでロケットを作ってみませんか
 すてきなロケットでステージをいっぱいにしちゃいましょう

 8月31日(金)まで開催していますので、みなさんのお越しを宇宙人と一緒にお待ちしています

■入場料
 一般300円[200円]、中学生以下150円[100円] 
 ※[ ]内は団体料金(15名以上)

■休館日
 水曜日
日時3月17日(土曜)〜8月31日(金曜)
 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
場所おおやアート村「BIGLABO」(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村
 TEL/079-669-2449
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIGLABO!!大宇宙☆展1
開催日
2018年4月13日(Fri)〜7月10日(Tue)

 温泉寺は、1300年の歴史を誇る名刹。温泉寺を開いた道智上人の功徳によって湧き出した湯が、城崎温泉の始まりと伝えられています。以後、温泉寺は「城崎温泉守護の寺」として、また高野山真言宗の別格本山として、参拝者が絶えることはありません。
 本年は、温泉寺の本尊である木造十一面観音立像が33年ぶりにご開帳されます。この節目の年に、重要文化財をはじめとした温泉寺の寺宝を紹介します。さまざまな寺宝から、温泉寺と城崎温泉との関わりや、その歴史・魅力の奥深さを感じてみませんか。

■主な展示資料
(1)温泉寺の開創と城崎温泉 •市指定文化財「紙本温泉寺縁起図」(江戸時代/海北友竹画/温泉寺蔵)
 ・「温泉寺縁起帳」(大永8年写/温泉寺蔵)
(2)江戸時代の城崎温泉と温泉寺 •薬師堂奉納額(手下駄・杖)(元治元年ほか/温泉寺蔵)
 ・「湯壺に用ゐる柄杓の由来」(万治2年/温泉寺蔵)
 ・柄杓(現代/温泉寺蔵)
(3)温泉寺の歴史と寺宝 •『声明集』(文明4年/温泉寺蔵)
 ・市指定文化財「紙本山水図」(江戸時代中期/斎藤畸庵作/温泉寺蔵)
 ・後陽成天皇真筆 龍虎二字(安土桃山〜江戸時代初期/温泉寺蔵)
(4)密教美術の粋 •重要文化財 絹本著色十六善神像(鎌倉時代/温泉寺蔵)
 ・伝空海真筆 尊勝曼荼羅(平安時代/温泉寺蔵)
 ・金剛界大日如来坐像(江戸時代/温泉寺蔵)
 ・胎蔵界大日如来坐像(鎌倉時代/温泉寺蔵)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時4月13日(金曜)〜7月10日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
(1)対談「温泉寺・城崎温泉の歴史と魅力」
 日時:6月23日(土)午後1時30分〜
 会場:豊岡市立歴史博物館 映像ホール
 内容:温泉寺住職の小川祐章さんと当館学芸員が、温泉寺や城崎温泉の歴史と魅力を語り尽くします!
 その他:予約は不要です。聴講には入館料が必要です。

(2)現地見学「特別観覧!温泉寺のすべて」
 日時:5月26日(土)午前10時〜12時 ※雨天決行
 集合:温泉寺薬師堂前(大師山山麓)
 ※お車は周辺の有料駐車場をご利用ください
 参加費:1,000円(資料代・ロープウェイ代)
 内容:温泉寺住職の案内で温泉寺の見どころをめぐります。
 定員:20名
 申込先:0796-42-6111(申込先着順)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第43回企画展「城崎温泉守護の寺 温泉寺展」1
開催日
2018年4月28日(Sat)〜7月1日(Sun)

 豊岡市但東町出身の画家・造形作家、稲葉 猛(いなばたけし)氏の作品展です。
 稲葉氏は出石高校、武蔵野美術大学卒業後、1968年渡欧。2018年で滞欧50年になることを記念して展示会を開催します。
 パリの空き缶を使ったカラフルでユニークな作品を中心に、油彩や水彩なども展示します。展示予定数は約40点です。

■入場料
 一般600円
 大学・高校生400円
 小学・中学生200円
 ※兵庫県内の小中生はココロンカード提示で無料。

 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。 
 ※ほかの割引との併用はできません。
期間4月28日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時30分〜午後5時(ただし入館は30分前まで
 ※休館日について、詳細は美術館カレンダーをご確認ください。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
CANETTE−稲葉猛作品展−1
開催日
2018年5月12日(Sat)〜7月1日(Sun)

 但馬にある15の館・園から逸品約100点を一堂に集め、紹介します。

 県立円山川公苑美術館は書家森田子龍「虎」、豊岡市立歴史博物館 但馬国府・国分寺館は「見蔵岡遺跡出土縄文土器」、同美術館 伊藤清永記念館は洋画家伊藤清永「浴后の女」、同日本・モンゴル博物館は「ゲル(移動用小型住居)」を出品する。このほか、香美町ジオパークと海の文化館から「マンボウ」の全身はく製、浜坂先人記念館・以命亭からは日本画家谷角日沙春「ツヅミ」、県立但馬牧場公園から「農耕使役但馬牛」等身大模型、山田風太郎記念館から作家山田風太郎「エドの舞踏会」直筆原稿、おもしろ昆虫化石館から「恐竜の卵」を借用しました。子どもから大人まで、幅広い層の知的好奇心をくすぐる内容です。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時5月12日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前10時〜午後5時
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室・2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423兵庫県朝来市多々良木739番地3
 MAIL/art-village@city.asago.hyogo.jp

朝来市
美術展/展覧会
但馬地域博物館 お宝大集合展1
開催日
2018年5月19日(Sat)〜2019年3月31日(Sun)

 文学って、演劇って、なんですか?

 2018年、城崎国際アートセンターにて滞在制作される「青年団」の舞台『日本文学盛衰史』。
 明治時代、近代文学の創始者たちが「いったい、何を、どう書けばよいのだ?」と苦悩する姿を100年後の日本へ甦らせた高橋源一郎氏による奇想天外な物語。
 この小説を「青年団」主宰の平田オリザ氏がどのように演劇へと舞台化・立体化させていくのかを、城崎文芸館らしくご紹介しようという試みです。
 『日本文学盛衰史』を通して文学とは何か、演劇とは何か?
 そして、演劇とはどうできあがっていくのか?をやわらかく伝えます。
日時5月19日(土曜)〜3月31日(日曜)
 9:00〜17:00(最終入館時間は16:30まで)
 休館日:毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)
場所城崎文芸館(豊岡市城崎町湯島357−1)
観覧料大人:500円、中高生:300円、小学生以下無料


■連絡先
城崎文芸館
 TEL/0796-32-2575

豊岡市
美術展/展覧会
城崎文芸館第3回企画展「文学と演劇と城崎温泉」1
開催日
2018年5月27日(Sun)〜8月28日(Tue)

 モンゴル国の首都ウランバートルとその近郊を訪問した友好訪問使節団の8日間の旅から現在のモンゴルの様子を紹介。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 障害者手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示、付添人1人含む)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間5月27日(日曜)〜8月28日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館 第75回企画展「モンゴル国へ行ってきた!!〜首都ウランバートル訪問記〜」1
開催日
2018年6月2日(Sat)〜7月1日(Sun)

 夫婦円満の秘訣は、趣味を同じくすることです。山村日良さん・玉江さんご夫婦(新温泉町岸田)は、日本各地の撮影ポイントを訪れ、美しい風景を撮影されています。
 このたび、新温泉町の四季折々の写真をはじめ、撮りためてきた作品約60点を展示します。

■入場料
 無料
日時6月2日(土曜)〜7月1日(日曜)
 午前9時〜午後4時30分
 ※毎週月曜休館
場所八田コミュニティセンター

■連絡先
八田コミュニティセンター(おもしろ昆虫化石館)
 TEL/0796-93-0888

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2018年6月19日(Tue)〜7月9日(Mon)

但馬ドームセンター棟ギャラリーにおいて下記の展示を開催いしております。。
みなさまのご来館お待ちしております。


内容
豊岡市在住の方を中心とした「フォトサークル青空」の会員による、
四季折々の人物、但馬の風景などの情感あふれる作品17点を展示。
ぜひ、ご覧ください。

観覧料:無料

*期間中休館日はございません。

開催場所全但バス但馬ドーム センター棟ギャラリー
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50

■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900

全但馬
美術展/展覧会
但馬ドームセンター棟ギャラリー「〜四季を奏でる〜フォトサークル青空写真展」1
開催日
2018年6月30日(Sat)〜7月1日(Sun)

新温泉町内のウチョウラン同好会によるウチョウラン約250鉢を展示予定。入場無料。

内容
紫・白・黄・桃・朱色などの可憐な花を咲かせるウチョウラン展を開催します。
 新温泉町ウチョウラン同好会の皆さんが栽培した貴重な花など約250鉢を展示します。当日はウチョウランの栽培相談、即売なども行います。
 手のひらにのるほどの小さな植木鉢の中に広がる可憐なウチョウランの花をぜひご覧ください。

開催場所兵庫県立但馬牧場公園
開催場所住所新温泉町丹土1033番地

■連絡先

全但馬
コミュニティ/交流会
ウチョウラン展1
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ