田舎暮らしブログ

但馬に来て始めた雪上登山

この記事は8709回読まれています

カテゴリ : 
田舎暮らし
執筆 : 
せきやん 2012-1-18 22:01
晴れ間のない日々の続く但馬です。

こんな時どうしているの?と南の国の友人に聞かれますが、結構楽しんでいます。
山に登るくせに高いところが嫌い、飛行機が嫌い、スキーは怖い・・・ですが、
スノーシュー履いての雪上歩きは但馬に来てから経験しました。

香美町の木の殿堂前広場や、神鍋の火口周辺の雪の上を歩くのは登山ではなく
ウオーキングの延長で歩くレベルで、道具が必要ですがぜひ歩いて見てください。
神鍋観光協会や兔和野高原野外教育センターなどでイベントを開催しています。

1月16日曇りですが、山友と蘇武岳に登ってきました。標高1074mの山ですから、
これは健脚レベルの厳寒登山です。


     


往復8時間ほどの行程の半分は 霧氷・樹氷 の中を歩きます。


     

歩き慣れた無雪期の登山道に沿って、こんな季節でないと歩けない場所を
歩くことができます。当然地形図とコンパス持参です。一緒の山友はGPS持参です。


    


下山は、今は廃業になっている 名色スキー場ゲレンデ の一番上から半分滑るような歩き方で無事愛車まで戻りました。特派員ブログにも発信していますので見てください。

           いつまでも元気で続けたいです

コメント

寒い

寒い寒いと思いますが、実は0度程度。雪が降らなくても、北関東などは−5度ぐらいまでは下がりますから、そこまで寒いわけでなないのかなとも思いますね。
しかし、美しい光景です。こんな光景も雪の降る但馬ならではですね。

かずくん : 2012-1-19 11:09  
この投稿内容を管理者に報告する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。