田舎暮らしブログ

いろいろな活動は初夏ヴァージョンへ

この記事は6032回読まれています

カテゴリ : 
田舎暮らし
執筆 : 
せきやん 2011-5-23 12:25
東日本の被災地は、雪や寒さとの戦いから解放されるシーズンになってきましたね。すでに復興の道筋を歩みはじめていますが、原発は今どんな道筋のどんな時点なんでしょうか。我々には報道だけでは正直判断しかねます。政治の世界も、復興にさらにドライブがかかるよう頑張ってもらわないと・・・

22日に但馬山友会の氷ノ山行事を計画していましたが、豪雨と雷のためやむなく集合地点での中止をすることとしました。昨年の5月下旬も近畿全域の暴風雨がありましたが、自然には抵抗できませんね。

その自然なんですが、30℃を超える夏日があったりして、庭の花・木に勢いが出てきました。先日「オープンガーデンへの参加」を発信しましたが、まだ数日に関わらず様子が変わってきています。








豪雪の兎和野高原にもやっと遅い春がやってきました。但馬高原植物園も緑いっぱい。

    

6月4日から「癒しの森のガーデンショー」が開催されますが、遅めの花もこのころにはいい時期を迎えることでしょう。ここ数年、田丸和美さんからの依頼で続いている家内のコンサートボランティア出演(ブルースハープ)も、6月9日に予定されています。いつまで出来るか?と言いながら今年も受けられそうです。(↓の画像は昨年です)

    



先般、このための音合わせで、神戸の娘宅に行きました。その間孫の面倒をみていましたが、しばらく見ない間にもう道路を走るようになっていました。母親(娘)の顔を見なくとも長時間相手してくれるようになりました。


  季節はめまぐるしく移り変わり、Iターン9年の夏を迎えようとしています。
  お互いに高年齢になっても元気にいろいろな活動ができる。健康なればこそ
  と思います。相棒様の活動には何も注文つけることなく、出来るだけの手伝いを
  心がける。その思いの今日この頃です。向こうもまた同じ思いでしょうか?

コメント

格言

"相棒様の活動には何も注文つけることなく、出来るだけの手伝いを心がける”深い言葉です。喧嘩の絶えないウチからしたら正に格言。言わなくてもいいこと、ゆっちゃうんですよね。
今年もガーデンショー楽しみにしています。今年は相談員も誘っていきましょうか^^

かずくん : 2011-5-23 12:49  
この投稿内容を管理者に報告する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。