田舎暮らしブログ

チューリップまつりのその後

この記事は5801回読まれています

カテゴリ : 
田舎暮らし
執筆 : 
せきやん 2011-4-29 22:16
今の自宅を新築し、但東住民になったのは平成14年3月ですが、土地はその2年前に購入していました。それを機会に「但東シルクロード会員」になり、春と秋の但東町イベントに参加していました。その頃から春のチューリップまつりが開催されており、以来欠かさず観てますが、今年のような開花状態は初めてですね。

期間中は開花せず、終了してからいい時を迎えている。今年の費用対効果は全然バランスしていない???と、私が心配してもしようがないですが・・・





27日に展望台がとりはらわれました。その後は開花を待ち、花びらを摘み、葉が枯れるとともに球根を堀出す。時期は例年なら6月中旬・・・多分こんなスケジュールであるはず。

「終了後は立ち入らないでください」と観光協会HPでは言っていますが、畑は国道筋にありますので、自然と目に入ります。

29日現在、今最高の状態ですね。入場お断りの畑になぜか人の姿が目につきます。








顔見知りの観光協会の「いっちゃんおっちゃん」という人がいましたので
挨拶がてら立ち寄りました。

花の芸術「ペコちゃん」はくっきりです。



   国道482但東町畑山近辺を通ると、パアッと明るい畑が目につきます。
   くれぐれも車の運転はよそ見せず気をつけてください。

コメント

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。