田舎暮らしブログ

播州赤穂の山の上から

この記事は11008回読まれています

カテゴリ : 
田舎暮らし
執筆 : 
せきやん 2010-2-17 17:51
冬の真っ只中でもスノーシュー履いたり、雪を避けて南へ行ったりしております。
これが私の過去からの健康状態チェックのバロメーター。

16日に播州赤穂にある「雄鷹台山」(おたかだいやま)に登ってきました。
標高わずか253メートルの低い山。終始展望のきく山頂まで往復1時間ほどの山です。



初めて行く山なので、ガイドブックにある登山口の場所を確認するため赤穂警察に立ち寄りたずねました。
     ・・・親切に対応してくれました。
平日に関わらず町の人達が、健康管理のウォーキングをしていました。
     ・・・複数の方々と気持ちのいい会話が出来ました。
目の前に小豆島(画像右)と四国(中央の遠景)目の前には千種川が海に注いでいます。
     ・・・今日の但馬は荒れ模様なのに綺麗な晴の展望



ここ赤穂市にもう一度田舎暮らしがしたくなるような好印象でした。
赤穂は田舎ではありませんが。

人が田舎暮らしを考え場所を決めるとき、「何がしたいか」が当然大事ですが、
住んでいる町の人々の初めて見る人に接する対応・気持ちも、
大きな影響力をもつと改めて痛感するひと時でした。

なぜこんな遠いところへ?
赤穂は兵庫県の南・西の端、隣は岡山県。
こちらは北・東となりは京都府。
今日は相生の三濃山とここ雄鷹台山の二つ、「ふるさと兵庫100山」を
制覇しました。大したことではありませんが。

そろそろこんな光景が見られるようになって来ましたね。



この3月でIターン8年になります。夫婦とも充実した8年と思っております。 

コメント

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。