田舎暮らしブログ

但馬ってどんなところ?<1>

この記事は9330回読まれています

カテゴリ : 
田舎暮らし
執筆 : 
 2005-8-10 10:08

中谷席次


 平成14年春神戸市からIターン(この件はすでに申上げました)。
 転宅にかかわるいろいろな野暮用が一段落した同年秋ごろから、わが町但馬を知るため「但馬地方の探検」(車で但馬のあっちこっちをうろうろする事)をはじめました。 さらに知識を深めるため、平成15年春から「但馬ふるさとづくり大学」を受講するとともに登山グループの「但馬山友会」に入会し、但馬の勉強を開始しました。

「但馬ふるさとづくり大学」は“但馬を知り、但馬を愛し行動する”人づくりを目指して開設された大学で、その内容は但馬を知ろうという者にとり大変有難いものです。  今回はシリーズ<1>として大学受講の一端をご紹介します。



 奈良にある垂仁天皇陵の堀に浮かぶ小さな島。ここに天皇に忠節を誓った田道間守(たじまもり)が祀られているそうです。たじまもりの故郷は現在の豊岡一帯で、ここに伝わる古代朝鮮からやってきた「あめのひぼこ」という王子の子孫との事。 豊岡一帯を稲作のできる土地に変えたとの伝説のある豊岡市周辺には「あめのひぼこ」を祭った神社がたくさんあるようです。
(平成17年6月 奈良・視察研修)










 熱心に、楽しく議論する研究ゼミナールの勉強風景です。
 このメンバーは現在「自分たちのホームページを立ち上げよう」とがんばっています。 私はここで世話役をしています。

但馬は見どころ、味どころがいっぱい。 自然が豊かで四季を通じて◎。
自然を愛し、人との出会いを大切に健康ライフ万歳!

コメント

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。