田舎暮らしブログ

地域の夏まつり

この記事は7574回読まれています

カテゴリ : 
田舎暮らし
執筆 : 
せきやん 2008-8-15 12:19
世帯数1600+、人口5200+の豊岡市但東町、わが相田集落は55軒人口180人(推定)であります。集落の単位にいろいろな夏祭り行事が開催されます。
相田は毎年8月14日に盆踊りです。今回は降雨を予想して、ちよっと狭いですがコミュニティセンターを開放しての開催。

こんな雰囲気。


「月が出たでた・・・」踊りの曲目はいつも炭鉱ぶしばっかり。「ちよっと曲目を増やしたらどう」と意見言ってますが、かたくなに一曲をいまだに守っています。

都会にでた子供ファミリーが、この日のために帰ってくるお宅もあり結構子供たちが多い。

 


デザートは串焼きと生ビール。イベントはくじ引きと金魚すくいではなく「めだかすくい」。くじ引きはしょうゆの1ℓなど生活用品が主体。

 



一年の中で村がにぎやかになる集まりは、これと10月の秋まつりです。しかし最近は高齢化の進展で、このような集まりのない集落が増えています。休耕田が多く、昼間でも人の姿も見えない、そんな寂しい村にはしたくありませんね。

それには高齢者でも元気な者が、村を元気にしようとの気持ちを持って、些細な事でも自分達ができることを協力してする事。
歴史遺産を守る、地域の宝を守る、地域に宝を作り出す、伝統文化を守り継承させる。村の景観をよくする。
つまり自分達の住んでいる村を守りよくするための活動をする。「むらづくり委員会」役員としてこんな気持ちで取り組んでいますが、なかなか難しい。

コメント

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。