田舎暮らしブログ

但馬焼窯元訪問(陽気塾便りNO53)

この記事は9343回読まれています

カテゴリ : 
田舎暮らし
執筆 : 
 2006-7-11 22:26
梅雨の晴れ間のある週末、前日に山の会のT氏から誘いを受け、玄武洞の先にある楽々浦の但馬焼窯元を訪ねる、オーナーのO女史はT氏の知人であり、塾のオープンガーデンの際に來塾された方、しかも「一度お尋ねください」と案内を受けていた人であった。



そのような方であったので翌日、理事長を案内、O女史から陶器の作品や電気窯、修理中の登り窯等の説明を受け話しが弾む、よく話しを聴いてみると塾の仲間であるログリゾートのI女史はここの陶芸教室に通っていたとのこと、趣味を通じた付き合いの面白さを感じる、



またO女史は但馬の山野草にも詳しく、週明けの月曜日、観音寺にある自宅にも訪問することに、ご自宅の広い庭園を案内してもらい珍しい山野草の苗木を沢山頂く、夕暮れ近くの帰熟後、理事長の命による植え付けに塾長がぼやくこと、大変な週始めの一日でありました。

コメント

やっと発見しました。

やっと見つけた理事長と塾長のブログ。とても楽しそうですね。

〜岡田瑞穂より〜

 : 2007-3-21 20:05  
この投稿内容を管理者に報告する
Re: 質問です

前略、よくお聴きいただきました。
  理事長 大野久子(塾長の妻)
   塾長 大野 誠(投稿者)
以上でありますので宜しくお願いいたします。早々
                   塾長

 : 2006-7-13 13:49  
この投稿内容を管理者に報告する
質問です

理事長、塾長とはどなたのことですか?

 : 2006-7-12 8:42  
この投稿内容を管理者に報告する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。