○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

宵田の十日恵比寿

執筆 ばたやん   掲載 2018年01月10日 20時57分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
豊岡市日高町宵田にある西宮神社の”十日えびす”おまつりが1月10日に行われ、今年は足元も良く盛大に行われ参拝者の多くて賑わっていました。私も開運”福くまで”を購入し、甘酒を頂きました。










但馬五社明神巡拜

執筆 ばたやん   掲載 2018年01月04日 14時51分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
但馬を南北にわたる、粟鹿神社・養父神社・出石神社・小田井神社・絹巻神社は但馬を代表する
この五の主要神社を総称して「但馬五社明神」という。
初詣に五社巡りをすると、縁起が良いとされている。

粟鹿神社



祭神は、阿米弥佐利命(あべのみさりのみこと)ついで日子座御王命(ひこいますおおきみのみこと)
が、主祀神で、その他諸々の神々を祀る。但馬一宮と呼ばれていたこともある。延善式に定める明神大社。古来より朝廷の尊崇があり、篤く約600年に国家大難に際し四度勅使が派遣されそのご加護として勅使門が建てられたと言われている。


養父神社



祭神は、農業・養蚕・牛馬の神、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)を始め、大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなひこのみこと)・谿羽道命(たにはみちぬしのみこと)・
船帆足尼命(ふなほそこねのみこと)の五柱が祀ってあります。但馬の式内大社131社131座の
代表格で但馬の三宮、江戸時代は養父大明神と呼ばれ、標高372mの弥高山の山頂には、上神、
中腹には中神、現在地には、下神が祀られています。



出石神社


<.p>
祭神は、但馬開発の祖神のひとり天日搶命(あめのひぼこのみこと)を祀り、古代に天日搶命が持ち帰ったという八種神宝(やくさのかんだから)を祀ってあります。日本木紀略には、但馬一の霊社としてその名が記されています。但馬一宮と言われ「いっきゅうさん」の愛称で親しれています。


小田井神社



祭神は、国作大辰己貴命(くにつくりおおなむちのみこと)を祀ってあります。明治六年頃までは、
名神大社と重浪神社を併祀しており「小田井神社」呼ばれています。


絹巻神社




祭神は、天火明命(あまのほあかりのみこと)・天衣織女命(あまのいおりめのみこと)・
海部直命(あまべのあたりのみこと)を祀っております。円山川とほぼ並行して南北に境内の
絹巻山は、火山岩の肌が絹織反物を積み上げた風景からといわれています。

法花寺万歳

執筆 ばたやん   掲載 2018年01月03日 17時21分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
平成30年1月3日(火)に豊岡市祥雲寺コウノトリ郷公園(多目的ホール)で平成30年度の法花寺万歳が開演されました。法花寺地区は、豊岡市北東部三江谷の最奥に位置し、峠を越えると京丹後市久美浜町に通じます。
法花寺万歳は、兵庫県指定無形民俗文化財され、コウノトリ郷公園に隣接した集落です。



年頭の挨拶に松島名誉館長が挨拶されました。




太夫と才若が掛け合いでめでたい言葉と舞によって新春を祝う門付け芸です。演目は「門入り」
「蚕祈祷」「西宮えびす参り道中」などがあります。






構成は、太夫と才若、それに2〜3人三味線の囃子が加わります。
烏帽子に鶴の紋を背中に染め抜いた素襖を着て扇を持って舞います。才若は大黒頭巾に袖なし
袢纏(はんてん)袴姿で鼓を打ちます。




日吉神社

執筆 ばたやん   掲載 2018年01月01日 17時08分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
 
 日吉神社は私たち地元の氏神様です、一月一日元日に初詣行ってきました。

 今年は天候も良く多くの人達で賑わい、気持ちの良い初詣でした。

 

 

 





 




養父神社の紅葉

執筆 ばたやん   掲載 2017年11月12日 13時12分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
 
 養父神社の紅葉は、今が見頃です。11月11日(土)〜12日(日)が紅葉祭りが行われます。

 


 
 



 


 
 



 



 


神鍋マラソン

執筆 ばたやん   掲載 2017年06月18日 22時14分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
第37回神鍋高原マラソン全国大会が但馬ドームを中心にファミリージョギング(762名)・ハーフマラソン(1477名)・5Km(591名)・10Km(1109名)がマラソン行われました。但馬ドームの前の広場や但馬ドームの中でいろいろ模様し物が有り沢山の人で賑わっていました。










宵田・恵比寿まつり 

執筆 ばたやん   掲載 2017年01月10日 15時36分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
豊岡市日高町宵田にある、宵田・西宮神社の“十日えびす”のおまつりが1月10日行われ
今年は足元も良く盛大に行われ、参拝者も多く、賑わっていました。













私も開運”福くまで”を購入し,甘酒を頂きました。

豊岡消防団出初式

執筆 ばたやん   掲載 2017年01月08日 15時01分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
豊岡市豊岡消防団の出初式が1月8日(日)に豊岡市民体育館で式典が行われ、その後豊岡中央公園
駐車場で模範訓練並びに一斉放水が行われました。
豊岡市民体育館では、式典では、市長の式辞や団長の訓示が述べられました。



表彰式では、消防所庁長官賞・日本消防協会長表彰・兵庫県知事表彰・兵庫県消防協会長表彰・市長表彰を
消防団員の方々が表彰されました。


豊岡市長の祝辞


団員の表彰
豊岡中央公園駐車場では、消防団員の隊列行進がおこなわれ、消化の模範訓練もおこなわれ
豊岡消防署のはしご車と豊岡の14分団の消防車が一斉放水を行いました。







但馬五社明神巡拜

執筆 ばたやん   掲載 2017年01月04日 21時32分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
但馬を南北にわたる、粟鹿神社・養父神社・出石神社・小田井神社・絹巻神社は但馬を代表する
この五の主要神社を総称して「但馬五社明神」という。初詣に五社巡りをすると、縁起が良いとされている。

粟鹿神社

祭神は、阿米弥佐利命(あべのみさりのみこと)ついで日子座御王命(ひこいますおおきみのみこと)
が、主祀神で、その他諸々の神々を祀る。但馬一宮と呼ばれていたこともある。延善式に定める明神大社。古来より朝廷の尊崇があり、篤く約600年に国家大難に際し四度勅使が派遣されそのご加護として勅使門が建てられたと言われている。




養父神社

祭神は、農業・養蚕・牛馬の神、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)を始め、大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなひこのみこと)・谿羽道命(たにはみちぬしのみこと)・
船帆足尼命(ふなほそこねのみこと)の五柱が祀ってあります。但馬の式内大社131社131座の
代表格で但馬の三宮、江戸時代は養父大明神と呼ばれ、標高372mの弥高山の山頂には、上神、
中腹には中神、現在地には、下神が祀られています。




出石神社

祭神は、但馬開発の祖神のひとり天日搶命(あめのひぼこのみこと)を祀り、古代に天日搶命が持ち帰ったという八種神宝(やくさのかんだから)を祀ってあります。日本木紀略には、但馬一の霊社としてその名が記されています。但馬一宮と言われ「いっきゅうさん」の愛称で親しれています。




小田井神社

祭神は、国作大辰己貴命(くにつくりおおなむちのみこと)を祀ってあります。明治六年頃までは、
名神大社と重浪神社を併祀しており「小田井神社」呼ばれています。




絹巻神社
祭神は、天火明命(あまのほあかりのみこと)・天衣織女命(あまのいおりめのみこと)・
海部直命(あまべのあたりのみこと)を祀っております。円山川とほぼ並行して南北に境内の
絹巻山は、火山岩の肌が絹織反物を積み上げた風景からといわれています。



法花寺万歳

執筆 ばたやん   掲載 2017年01月03日 20時49分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
  1月3日(火)豊岡市祥雲寺コウノトリ郷公園(多目的ホール)で法花寺万歳が開演されました。
   法花寺地区は、豊岡市北東部三江谷の最奥に位置し、峠を越えると京丹後市久美浜町に通じます。
  法花寺万歳は、兵庫県指定無形民俗文化財され、コウノトリ郷公園に隣接した集落です。
 
  年頭の挨拶に松島名誉館長が挨拶されました。

 


 
 




 太夫と才若が掛け合いでめでたい言葉と舞によって新春を祝う門付け芸です。演目は「門入り」
 「蚕祈祷」「西宮えびす参り道中」などがあります。

 


 
 



 構成は、太夫と才若、それに2〜3人三味線の囃子が加わります。
 烏帽子に鶴の紋を背中に染め抜いた素襖を着て扇を持って舞います。才若は大黒頭巾に袖なし
 袢纏(はんてん)袴姿で鼓を打ちます。

 


 
 


一番上へ
サイドナビ
サイトマップ