○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

神鍋溶岩流ウォーキング2018.4.29

執筆 きっさん   掲載 2018年04月29日 15時09分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

本文を開く
本文を閉じる
4月29日、雲一つない夏日、神鍋溶岩流ウォーキングに参加、約300名の行列。


健脚満足コース11kmの第一チェックポイントは十戸の滝、落差約5m、滝壺からの湧水で夏でも水枯れしない。


第二チェックポイントはせせらぎ淵、ここから清滝遊歩道に入って行く。


第三チェックポイントは畳滝、畳が敷き詰められたように滝の上部が平らな滝。


第四チェックポイントは二段滝、落差4mと5mの二段の滝で構成。直ぐ近くには溶岩瘤がある。


但馬ドームの白い屋根と緑と青空コントラスト抜群、稲葉川沿いを上流に向かってひたすらウォーク。


若葉の緑と渓谷の景観に、夏のような暑さの中清涼感を味わう。


第五チェックポイントは八反の滝、スタンプラリー最後の場所。
滝の長さが布八反にあたるのでこの名がついた。落差24m。稲葉川で最大の滝。


山陰海岸ジオパークを歩き、目で確かめる良い機会でした。
3年間で120kmウォーク、その前の3年間で110kmウォークのイベントは今年2月で終了しました。

ブナの芽吹き始まる<氷ノ山>

執筆 ユウさん   掲載 2018年04月28日 20時25分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
氷ノ山に行ってきました。
コースは
東尾根➟氷ノ山山頂➟氷ノ山越➟高丸➟鉢伏山

東尾根では新緑から




芽吹いたばかりのブナ


氷ノ山山頂


甑岩の残雪 アイゼン無しで充分通過可能です


登山道にはほとんど雪はありません  振り返って氷ノ山


ブナ原生林は芽吹いたばかりの新緑
      

大平頭からタムシバと氷ノ山


高丸から氷ノ山


鉢伏高原と氷ノ山


終点の鉢伏山山頂


氷ノ山越えまではたくさんの人に出会いましたが ぶん廻しは静かな登山道でした

本日開園≪白井大町藤公園≫

執筆 きっさん   掲載 2018年04月26日 12時57分   カテゴリ 但馬の文化・団体活動

本文を開く
本文を閉じる
4月26日、朝来市和田山町白井大町藤公園は今日から開園しました。


藤はまだ6分〜7分咲き程度です。 この公園は白井地区団体で管理運営されています。


開園日を祝う如くに10時ごろから太陽が顔を出し晴天に恵まれました。


紅色の鮮やかな花は「支那紅藤」という品種です。


藤棚は総延長500mに及びます、公園面積7,000屬濃咳⊃鎔譴瞭8園です。


直径5mの水車と水車小屋は田舎の情景たっぷりです。


灌漑用溜池の堤防には、こいのぼりが爽やかな風を一杯受けて雄大に泳いでいます。


小高い所から公園を見下ろせば「藤の森」のような感覚に魅せられます。


公園入口の横の斜面にはサツキの花が心温かく出迎えてくれます。


白井集落の手前の道路沿いには藤まつりののぼり旗と案内看板が見えます。


今年は3月のバカ陽気と4月の暖かな日が続いて開花が早いようです。
ゴールデンウイークは最高潮に達することでしょう。
魅惑のライトアップも後日に計画されます。

春爛漫・佐津オープンガーデンフェスタ

執筆 せきやん   掲載 2018年04月23日 20時45分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
但馬に本格的な花の季節の訪れを告げる  香美町佐津オープンガーデンフェスタ が開催されました。


     

初夏のような気温が続いたせいか、花の生育は上々。  多くの花フアンが花観賞を楽しみました。















                 
                        (クリックで拡大)

      





但馬では佐津をスタートに、5月にかけていろいろな地域でオープンガーデンが開催されます。

久須部渓谷へ≪ふるさと特派員例会≫

執筆 きっさん   掲載 2018年04月22日 13時34分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
4月21日、「但馬の情報誌T2・裏路地探検隊」香美町小代区、久須部渓谷にふるさと特派員も参加。


小代ガイドクラブの稲尾会長と小林さんの案内で小代スキー場ゴンドラ乗り場をスタート。


まずは、特別で近くオープン予定のホテルの案内。


ホテルの御厚意にて、裏庭デッキ拝見で小代の周辺景色説明、風光明媚に見入る。


久須部川渓谷沿いに裏路地探検。今回は35名の参加中ふるさと特派員は8名なり。


流紋岩がなめらかに川床を形成している。裏路地探検はT2編集部(株)キャメルの企画。


川沿いにしゃくなげの花が綺麗に咲き誇っている。この日の豊岡は30℃まで上がる予報。


久須部周辺マップ看板を横目に、季節外れのギラギラ太陽を浴びながら探検する。


渓谷の最深部「滝見亭」が見えてきた、新緑の景色に涼を感じ癒される。


滝見亭の裏にこんな風流な石造りがある。昔はここで「三段滝」が見えたのかな?


覗き穴から覗いて見たくなるのが人間の心理、左端樹木の下からやや上に白く滝が見えるわ!


路地裏探検の最終目的地「要の滝」、右横には「三段滝」があり二つの滝とたわむれる。


滝の上の方は養殖場跡地があり、周辺には桜とカエデの見事なコントラストの景色がある。


ふるさと特派員は、せきやん、ばたやん、ヒロシ君、ユウさん、しもやん、まっち、いそけん、私。
この後「石楠花」に移動して昼食しながら例会会議、年2回の顔合わせで親交した。

春の玄武洞〜猫崎半島散策

執筆 せきやん   掲載 2018年04月19日 23時40分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
山陰海岸ジオパーク・豊岡市エリアの玄武洞から猫崎半島を散策してきました。初夏を思わせる日中気温、そして春霞み・・・多分黄砂のせいでしょう。それでも穏やかな春の景観でした。

玄武洞公園の前に金剛寺に立ち寄りました。シャクナゲは良い時期をすぎていましたが、まだ綺麗!



山陰海岸ジオパークの中でも最重要拠点の玄武洞公園。  春の玄武洞と青龍洞です。









今年の3月にグランドオープンした店内です。

   


日和山海岸から、丹後半島の浦島伝説に関連する後ケ島(ノチガシマ)の竜宮城。



マリンワールド〜ほど近い展望所に、なが〜い望遠レンズの立派なカメラで遠くの大木を撮影しているおじさんがいました。私はコンデジしか持っていなかったので・・・ 猛禽類のハヤブサを狙っているとの事でした。

   


田久日の漁村は今ワカメ漁の最盛期のようです。後ろの岸壁に弁天さんが祀られています。3月20日〜6月10日、朝5時からの作業との事。現在27軒の漁村です。

   

穏やかな竹野海岸、その向こうは猫崎半島。 その先に灯台があり、そこは兵庫県の最北端。




     春、穏やかなジオ海岸のドライブでした。

三川山<満開のシャクナゲ>

執筆 ユウさん   掲載 2018年04月19日 17時17分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
三川山に行ってきました。
コースは香美町の三川権現から山頂へ
シャクナゲコースで上り奥の院コースを下りました

今年はシャクナゲの当たり年か 一杯咲いてました
十数年ぶりのシャクナゲ開花だそうです














      













周回時間は約5時間 激坂有り 劇下り有り 健脚コースです。
 
お出かけの際は登山靴・登山用具は必携です。

チューリップまつり4/18グランドオープン

執筆 せきやん   掲載 2018年04月17日 18時32分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
2018たんとうチューリップまつりは14日すでにプレオープンしていますが、明日18日グランドオープンを迎えます。17日の花の状態です。









         















        

    
      良好な開花状態が続いています。

      詳細はホームページ 但東シルクロード観光協会 をご覧ください。 
     

菓子祭り前日際

執筆 ばたやん   掲載 2018年04月14日 15時41分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
4月15日(日)に“お菓子の神様“中嶋神社で田道間守命の大祭が行われます。前日祭として、
4月14日(土)に豊岡駅通り、約800mで但馬地域や各地方の銘菓店約50数店が出店され、沢山の人出で賑わっていました。  












お走りまつり 『川渡御』

執筆 きっさん   掲載 2018年04月14日 15時10分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
4月14日、養父市のお走りまつりが2日間に渡って行われます。今日のメインの“川渡御”です。


川の途中で後退。  御神輿の重さは150kgあります。


前進、  担ぎ手10人は胸まで浸かり、勇ましいかけ声で御神輿を揺らしながらの渡御。


また後退、  大屋川の古城橋の下、あらかじめ深さを重機で調整してあります。


再び前進、  前進後退を数回繰り返します。


約10分間の川渡御、  渡り終えるころは、くたくたの様子です。


観衆のあたたかい拍手喝采の中、岸に上がります。


川渡御の前、向こう岸に御神輿が見えて来ました。


いよいよ圧巻の川渡御の始まりです。


お走りまつりは
養父神社のみこしが14・15日の2日間「ハットウ、ヨウゴザルカ」の勇ましいかけ声をかけあいながら、
10人の担ぎ手にかつがれて斎(いつき)神社までの往復40Kmの道のりを練り歩く祭りです。

お走り祭りのいわれは、
御神輿がまるでスーッと軽く走っているように見え、たいそう格好良く見えたことから「お走り」という名がついたとされています。

お走りまつりの起源は、
神功(じんぐう)皇后の代(1800年前で西暦210年ごろ)に、朝鮮半島との交流を
お祝いして「葛の葉の餅」が作られ斎神社に神幸しおわかちしたことが起源とされています。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ