○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

木の殿堂から瀞川山

執筆 ユウさん   掲載 2018年01月31日 21時00分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
木の殿堂から十石山を経て瀞川山まで行ってきました


十石山山頂


久しぶりの青空でしたがこの後は雲が覆ってしまいました


瀞川山山頂 山頂標識は雪に隠れていました


約1m強の積雪 スノーシューでの新雪ラッセル 少し疲れました

兎和野高原の雪景色

執筆 せきやん   掲載 2018年01月30日 22時41分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
少し青空の出る空模様なので、TVニュースの但馬の降雪量に登場する兎和野高原の雪景色を見てきました。ハチ北スキー場への道なので、道路事情は全く問題なしです。

兎和野高原野外教育センター




センター付近から蘇武・三川山の山なみ









木の殿堂







たじま高原植物園の「カマクラレストラン」は営業中



植物園入口に長いツララ
     
      

ハチ北から見る鉢伏山



    
     青空が見えれば雪の風景は綺麗です。

     帰路、猿尾滝に立ち寄りました。

     


     雪は多いですが、そんなにびっくりするほどの降雪量ではなかったです。

国道426桐野から・・・

執筆 せきやん   掲載 2018年01月30日 21時31分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
天気予報と違って、雲は多いが久々に夕焼け空(17時30分ごろ)。




もうすぐ暮れゆく東の空みれば、まん丸いお月さん。そうだ明日は満月なのだ。但し皆既月食。

今夜は満月一日前の綺麗な月がみれるかも・・・





東床の尾山の雪化粧。





21時、雲のすき間を狙った今夜の月。腕も悪いがそれより悪い空模様「残念」。また明日から曇と雪の続く天気予報・・・


        

      
     終日の青空晴天はなかなかやってきませんね。

城崎温泉駅から来日岳

執筆 ユウさん   掲載 2018年01月28日 21時20分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
登山口は城崎文芸館近くの大師山トレッキングコース入口


石仏88ヶ所の道に沿って登りました


積雪は40冂


来日岳山頂


山頂から豊岡市街を望みます


曇り空でしたがまずまずの展望でした

あさご芸術の森 雪景色

執筆 きっさん   掲載 2018年01月26日 12時35分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
1月26日、朝来市多々良木、数年に一度と云われる最強寒波で、あさご芸術の森も雪景色です。


彫刻公園には朝来市出身で文化勲章を受章した彫刻家・淀井敏夫氏の野外作品が設置されています。


「最後の午餐」に集合した一同、藤原吉志子作、雪帽子を被ったような動物たちです。


彫刻広場の動物も雪に覆われ、氷点下の厳寒に耐えているようです。


ぼたん雪舞う中、汽車も静かにたたずんでいます。


芸術の森進入口、赤のモニュメントと白い雪のコントラストが綺麗です。


新入道路側面にある、薄日に映えるミラーボールの組み合わせ。


進入道路途中にある彫刻、雪雲をかすめて太陽に向かて吠えている感じです。


高さ64.5メートルの多々良木ロックフィルダム堰堤から見下ろした芸術の森と美術館。


多々良木ダムは、生野町の黒川ダムを上部ダムとする揚水式発電の奥多々良木発電所の下部ダムとして機能している、貯水池に薄日が映えています。

雪の里山体験会

執筆 たけさん   掲載 2018年01月24日 00時48分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
雪の里山体験会1

朝来市生野町黒川は山深い小さな里です。



四季折々の景色はどこを切り取っても絵になる美しさですが、特に冬景色は最高です!



「雪の里山体験会」の続きを見る...>>


霧氷<氷ノ山>

執筆 ユウさん   掲載 2018年01月21日 21時20分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
氷ノ山に登ってきました。


コースは福定から山頂を往復しました。
今年は少な目の積雪ですが、一の谷休憩所からは冬道が通れます。
山頂付近はホワイトアウトの生憎の天気でした。


こんな霧氷を見ることができました。


      



      





福定駐車場から登る場合 登山届は逆水のパトロールセンターに提出します。

朝来市特産【岩津ねぎ】今が旬

執筆 きっさん   掲載 2018年01月20日 17時28分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
1月20日、今日は大寒、来週は再び最強寒波襲来の予報の中、朝来市特産【岩津ねぎ】は最盛期、
「葉数2枚以上」「葉長1枚15 cm以上」「全長70 cm以上」など厳しい規格の農産物。


食べ方もいろいろで、特に冬場のカニすき、鴨すきなど鍋物には欠かせない食材。
また、一品物で【岩津ねぎ】の天ぷら、焼きねぎなどは、独特の風味と甘さが口いっぱいに広がり最高。
その他、お好み焼きや炒め物など、しっかりとした味があるので、おいしくいただける。


収穫作業、田んぼに栽培し畝を高くして白み部分を長くさせたねぎを予めフォークを入れ一本づつ引抜く。


4月中旬苗床播種〜育苗〜8月中旬定植〜土寄せ〜12月―3月収穫〜6月種取(翌年用)まで14か月かかる。
販売期間  販売解禁日  11月23日(祝)・・・・勤労感謝の日
      出荷終了日   3月21日(祝)・・・・春分の日


田んぼからは運搬車で運び出し、作業小屋で洗浄〜揃え〜梱包〜出荷する。


雪囲いして大雪による中折れや倒れを防止する、手間のかかる作業だ。


岩津ねぎは、関東の根深ねぎ(白ねぎ)と関西の葉ねぎ(青ねぎ)とのちょうど中間種で、
青葉の部分から白根まで大変柔らかく、すべて余すところなく食べられるのが特長だ。
特に冬の冷え込みが厳しくなると、甘さと軟らかさが一段と増し、さらに美味しくなる。


朝来市内では、道の駅あさご、道の駅フレッシュあさご、道の駅但馬のまほろばや各直売所で販売中。
また、JAたじまを通じて出荷しているので、関西の都市地域の主だったスーパー、ショッピングセンター、百貨店でも販売している。

私も家庭菜園で少し栽培していますが美味しく食べられます。

真冬の神子畑選鉱所跡

執筆 せきやん   掲載 2018年01月19日 21時44分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
朝来市佐嚢のある神子畑選鉱所跡は、真冬のしかも雨が降りそうな曇り空は異様な雰囲気に感じます。



昭和62年明延鉱山の閉山に伴い操業を停止し、その後建物も解体され今はコンクリートの基礎部分と選鉱所の上下を結ぶインクラインが残されている。



そして広場には明神電車が・・・


明延鉱山と神子畑選鉱所の6.1キロ結ぶ鉱石運搬車と客車「わかば号」が展示されている。わかば号は従業員とその家族を運ぶ交通手段で、運賃は一円。この事から一円電車と言われるようになったとの事。

現地の観光案内からこんな事を勉強しながら付近を散策しました。↓神子畑小学校跡。

     

「鉱石の道」「銀の馬車道」日本遺産認定の記念植樹がありました。

         

少し離れた場所に鉱石運搬専用道路の神子畑鋳鉄橋(16m)



最近、観光の「ミステリーツアー」にも登場するなど観光客が多くなっているそうです。

この寒いのにすでに ミツマタ が花芽をふくらませ、春を待っていました。

     

近くなので・・・佐中の千年家の冬

     

竹田城跡の松・一生を終える

執筆 せきやん   掲載 2018年01月18日 22時35分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
国史跡・竹田城跡南千畳のアカマツ、2017年12月の姿です。



枯死で伐採の予定といわれていましたが、16日伐採されたという新聞報道を見ました。シンボル的存在のひとつであっただけにまことに残念です。但馬に移住して以来、毎年一度は城跡に登りその都度見てきました。つたない画像ですが、春夏秋冬その姿を振り返ってみたいと思います。

                                         2006・12



                                         2008・12



                                         2010・11 



                                         2011・01



                                         2013・09



                                         2016・09



伐採された松でバイオリンが作られる計画があるそうです。また伐採の松のすぐ近くで幼木が育てられて様ですから、いつの日かまたシンボル的存在になるかもしれません。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ