○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

京川城跡散歩

執筆 せきやん   掲載 2017年09月05日 20時10分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
朝夕随分涼しくなってきましたね。あちこちで稲刈りが始まり、思いもかけない片隅で早くも彼岸花が咲いていました。秋の訪れを実感します。



但馬には数多くの中世城跡がありますが、自宅近くに京川城跡があります。ここえの道を勝手に「散歩道C」と決めて時どき散歩に出かけています。今日の日中は暑く汗びっしょりでした。

こんな場所です。




但東町小谷集落「岩本神社参道駐車場」まで約25分。 カンバンの「参道」文字の背景に山の切れ目の部分が京川城跡です。



173段の階段の参道を上がれば岩本神社。  赤⇒から城跡へ

      

城跡までは歩きやすい道。

    

城跡に到着。城跡といってもなんの変哲もない直径約50mほどの円形広場ですが、よく見ると周囲はぐるっと土塁に囲まれています。西尾孝昌先生によると「但馬勢力の城郭遺構とは考えられず 外部(織豊勢力)の普請とみて間違いなかろう」と説明。


麓のカンバンから23分、自宅から約50分。散歩には適当な時間です。

    

東床の尾や法沢山が展望できます。








散歩は来た道を引き返しますが、今日はちよっと奥に進みました。これよりはミニミニ登山です。
自然林の目に優しい木々、但し道は山道で、登山道はありません。

          


          

3年ほど前に地域の方と一緒につけた看板や赤テープはまだ生きています。

なめら平に到着。 今日は堰堤の最奥まで歩きました。見えるのは東里ケ岳への山なみ。



       林道を戻りました。   約2時間30分の初秋の散歩道C+でした。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ