○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

高竜寺ケ岳・出石城跡の新緑

執筆 せきやん   掲載 2017年04月29日 18時46分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
豊岡市但東町の たんたん温泉福寿の湯 主催の高竜寺ケ岳登山イベントに参加。新緑のはじまりを観てきました。午前中に登山が終了したので、昼食は出石城跡近辺で・・・という変則的な動き。山と城跡の新緑をご覧ください。

今日の高竜寺ケ岳山頂。  春霞・・・久美浜湾と日本海の展望なんですが、今日はよく見えません。




登山道の目の覚めるような新緑。いづれも久美浜湾と日本海方面です。








山頂(標高697m)近くになるとブナの新緑。



山頂近辺はまだ芽吹きが始まったばかりの木々多数。今年は山の新緑も少し遅いですね。

下山後昼食を兼ねて出石へ回り、出石城跡の新緑を観てきました。













新緑の期間は比較的短く、すぐ深緑に変わります。

山陰海岸ジオパーク120kmウォーク in 神鍋溶岩流ウォーキング

執筆 きっさん   掲載 2017年04月29日 15時22分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

本文を開く
本文を閉じる
4月29日、山陰海岸ジオパーク120kmウォークイベントの一つ神鍋溶岩流ウォーキングに参加。
新緑が美しい神鍋高原の山並みを眺めながら気分爽快のウォークを楽しむ。


ルンルン溶岩流コース5kmと健脚満足コース11kmに330人。私は11kmに挑戦。


今日の天気予報は上空に寒気が流れるため、広い範囲で雷、雨がありそう。途中で通り雨に遭った。


十戸滝。スタンプラリー第一チェックポイント
直径30mほどの滝壺は神鍋山系の地下水が湧き出してくる。夏でも水枯れしない。


畳滝。スタンプラリー第三チェックポイント
畳が敷き詰められたように滝の上部が平らな滝、大雨で増水したときはナイアガラの滝のようだとさ?


二段滝。スタンプラリー第四チェックポイント
落差4mと5mの二段の滝で構成。直ぐ近くには溶岩瘤がある。


八反滝。スタンプラリー第五チェックポイント
滝の長さが布八反にあたるのでこの名がついた。落差24m。稲葉川で最大の滝。


世界ジオパーク認定「山陰海岸ジオパーク」のほぼ中心に位置する神鍋高原。
約25,000年前に神鍋山が噴火し、溶岩が流れ出た。その固まった溶岩の上に川ができ、浸食されて作り出された美しい景観は世界的にも数少ないものです。

見ごろが続くチューリップまつり<続報>

執筆 せきやん   掲載 2017年04月26日 18時25分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
開催中の 2017たんとうチューリップまつり 4月26日の様子です。





今日は雨が降り、気温も低く寒いくらいです。これがチューリップにとって幸いし、4月30日の最終日まで見ごろが続きそう。





    
   






今日は傘をさしての花観賞ですが、明日からは天気が持ち直す予報です。


    






森のカフェ前もチューリップがいっぱい。 木の陰でこちらはもっと花が長続きしそう。





     最終日の30日(日)午後に 花びら摘み ができるそうですよ(有料)
             春爛漫ぜひ足を運んでください。  

空が綺麗・海が綺麗・そして花が綺麗

執筆 せきやん   掲載 2017年04月24日 21時01分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
雲ひとつない空、穏やかな海、ジオパーク海岸・・・



そして花が綺麗




ここは香美町佐津訓谷地区。  23日、24日の両日、オープンガーデンが開催されました。快晴の天気のもと、但馬での今年度初めての花のまつり 訓谷オープンガーデン です。








6軒のお宅が丹精こめて育てられた花・庭を二日間開放され、観賞させていただくことができました。





地域の民宿、レストランはランチ、手作りパンやケーキなどを格安で販売。












      花の好きな多くの方が来場され、快晴の二日間を楽しまれました。
      但馬では訓谷をスタートに小代、神鍋、日高三方地区+但東、朝来などで
      オープンガーデンが開催されます。この但馬情報特急イベント予定をご覧に
      なり、但馬の春本番をお楽しみください。

残雪登山<氷ノ山>

執筆 ユウさん   掲載 2017年04月24日 20時00分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
山仲間6人での氷ノ山登山です

一の谷休憩所から雪がまだ残っています。アイゼン装着して上ります。


そろそろブナの芽吹きが始まります。


氷ノ山山頂には雪がありませんでした。今日は無風状態 外でランチタイムです。


下りは甑岩方面。雪の多い時は難所となります。


振り返って氷ノ山


今日はハチ高原まで歩く分マワシコースに挑戦です。


所要時間は約10時間 残雪歩きを楽しみました。

今滝寺のお宝探検(八木城跡まちづくり会)

執筆 まっち   掲載 2017年04月22日 16時32分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
4月22日(土)午前8時、今滝寺のお宝探検を開催したところ、養父市八鹿町下八木の薬師堂前に精鋭21名が参加しました。

シャガが咲き始めていました。もうすぐ見頃。シャガの群生地です。道中、ずっとあります。シャガの花見じゃ。

今滝寺には、48の滝があると言われていたそうです。とりあえず、滝。

そして、幻の滝の入口です。約50m位入れば、出会えます。

江戸中期の絵図に記載されていた幻の滝です。江戸時代の1762年の絵図には、「善女瀧王三重瀧 名所」などと墨書された紙が上から張り付けてあり、また、別の同時期の絵図には、「不動滝 竜ケ滝」と記されていたそうです。

朝倉山椒の原生地は、今滝寺ですと、茨木さんが朝倉山椒の雄株を手にして説明しています。
 
次は、道中から見える滝。仁王像山門跡です。昭和55年頃まではここに山門があったそうです。
 
現在の仁王像山門まで来ました。守仁山 今滝寺ですが、人を守るお寺とのことです。ここで、10時の休憩です。

朝倉山椒の雄株です。花が3分先で今が収穫時らしいです。あと、3日もすれば、黄色くなって旬が終わるそうです。

皆さん、実は高級な朝倉山椒の原木の花山椒をお持ち帰り。私も一口食べてみましたが、口に入れたときには、まろやかな風味。あれ、これ山椒なの?と思っていたら、後からピリッと来る感触。初めて味わいました。

今滝寺が朝倉山椒の原産地であることは、牧野先生が発表しています。そして、その根拠となる場所が、茨木さんによると、論文と現地を調査した結果からこの場所であると説明されました。ただし、そこに行くには、命の保証はないほど危険だそうです。

仙人洞窟です。地元では、日本海に通じる洞窟と言われていたようですが、現在は木の葉等で行き止まり状態でした。

この場所で記念撮影。はい、ちーず。

しかし、小林会長は、その隣にあった巨岩の上に立つ巨木の方がお宝やと言いたそう。確かにすごい。根が岩越しに生えている。生命力を感じました。
 
今滝寺に到着。無人寺のため、ここにあった文化財は兵庫県歴史博物館に展示されています。

その上に、県下最大のなんじゃもんじゃの木があります。バンビのような斑点が特徴です。鹿の子の木からカゴノキです。神社に多くあるのは、樹皮がはがれやすいので、はがして紙代わりに使われたのではとのことです。

小那智滝の3段目です。約20mあります。今回の探検では行っていないのですが、一段目は30m、二段目は12mの計62mの滝だそうです。地元では、古来100m以上の滝と言われていたようですが、茨木さんが計測した結果、62mの滝であることが判明したそうです。

熊野神社です。

井戸似洞窟です。地元では、八鹿町椿色まで続いていると言われているそうです。
 
まだ、天狗岩など見どころがあるようですが、そこまで行くには1時間くらいかかるそうなので、今日の探検はこれにて終了です。

みづめ桜とミツバツツジの<御祓山>

執筆 ユウさん   掲載 2017年04月20日 22時03分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
花情報によるとみづめ桜は今週末がが見ごろの様子 
天気も良さそうなので 御祓山 へ行ってきました。

御祓山山頂 樹木で展望はよくありません
     

みづめ桜は見ごろ状態


昨日の風にも負けないで満開でした


残雪の氷ノ山とみづめ桜
     

ミツバツツジは散り始め






花の情報でした

残雪登山<扇ノ山>

執筆 ユウさん   掲載 2017年04月19日 20時00分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
今日は晴の予報 山仲間7人で扇ノ山に登りました

海上集落から上山高原まで除雪されていました。スタートは上山高原です。


小ズッコ小屋までは少し藪気味の尾根を利用しました。


小ズッコ小屋からはブナの林が続きます。


雪の深さは約2m


扇の山の山頂に着きましたが 全然晴れてきません おまけに冷たい風が吹きます。


小屋で大休憩して河合谷に下りました。


冬に逆戻りしたような寒い一日
前日も・当日の朝も 天気予報は晴マーク こんなこともあるんですネ

2017たんとうチューリップまつり開園

執筆 せきやん   掲載 2017年04月18日 19時09分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
2017たんとうチューリップが本日開園しました。一昨日直前情報を発信しましたが、開花の状態はエライ違い。昨日の雨・風をものともせず、こんな状態で初日オープンしました。









1992年から始まったこのイベントは、2016年昨年に累計入場者数100万人を突破したそうです。今年これを記念して畑で 宝さがしイベント があるそうです。詳しくは来園されて確認してください。








今年のフラワーアートは  カールおじさん 展望台からお楽しみください。









↓↓  中央遠景の山は 高竜寺ケ岳 4月29日にたんたん温泉主催の登山イベントがありますよ。
    新緑の癒される景観、山頂からは久美浜湾・日本海が丸見え・・・春本番ですね(^^♪





           チューリップの開花状態は7割位だそうです。
      詳しくは  但東シルクロード観光協会 ホームページをご覧ください

竹田城跡花吹雪

執筆 せきやん   掲載 2017年04月17日 22時40分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
つい数日前まで楽しませてくれた竹田城跡の満開の桜。4月17日、空模様が悪くなることを覚悟で桜の様子を見てきました。平常日こんな天気でも山城の郷パークには観光バスも入って結構多い観光客。決められたルートに従って登った北千畳は吹き始めた強めの風で花吹雪。葉も見え始めていました。








中央下段に朝来山中腹の立雲峡の桜が見えます。 




風にあおられ散り行く花びら・・・写真ではよく見えませんが・・・





天守台から南千畳。  横からの雨が強くなってきました。団体さんも下山のようです。




天守台は風が強い。  特に今日の天守台担当ボラ・ガイドさんご苦労さまでした。





    今日の様な景観もまた情緒的。 桜花は散り、竹田城跡はまた新しいシーズンに入ります。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ