○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

初冬の<三川山>

執筆 ユウさん   掲載 2016年11月30日 17時16分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
山仲間 4人で 三川権現から三川山に登りました

2回の渡渉を終えて奥の院コースを上ります


落ち葉で滑りやすい道を三点支持で


早くもシャクナゲの蕾が膨らんでいる


開花したものも多い


異常気象の影響か??


奥の院遙拝所から奥の院洞窟  洞窟内まではっきりと判るようになっていた


三川山山頂


シャクナゲコースを下山 はじめはブナの林


ここはニューコース シャクナゲの道なのだが・・・


滑りやすい道を慎重に下って無事下山口に到着しました


整備されて判りやすい登山道となり 遭難騒ぎも少なくなるでしょう

今日の山頂は風が冷たくまもなく降雪を思わせる気候でした
これからの登山は防寒対策は必携です

来日岳の雲海

執筆 ユウさん   掲載 2016年11月26日 15時18分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
来日集落のはずれの雲光寺から来日岳へ登ってきました。
目的は山頂からの雲海  時間が遅かったですが見事な雲海を見ることができました。





晩秋の玄武洞公園

執筆 せきやん   掲載 2016年11月25日 21時06分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

本文を開く
本文を閉じる
周辺の真っ赤に染まったモミジの紅葉に照らされて、玄武洞、青龍洞は晩秋の装い。寒空のなか観光バスやタクシーなどでの観光の皆さんが玄武洞公園を訪れていました。160万年ほどの大昔、玄武洞周辺では盛んに火山活動が発生していたとの事。その名残りの綺麗な柱状節理、山陰海岸ジオパークの中でも最高のスポットの一つです。

  










 








  公園のすぐ前の円山川に茂るアシも結構綺麗。  

  

  


  竹野町の猫崎半島

  玄武洞は雲が多いものの太陽がでていましたが、同じ豊岡市でもここは寒い風と雨。
  冬独特の ウラニシ の始まりのような空模様でした。


    

最後の輝き・名残の紅葉

執筆 せきやん   掲載 2016年11月24日 22時02分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
朝来市山東町の南但馬自然学校、ここは朝来山の登山口でもあります。野外学習の季節なら朝来山展望台への登山道は、元気な子供たちのにぎやかな声が聞かれる場所。国土地理院地図で確認すると、この辺りは標高280m前後。紅葉はこの近辺で最後の輝きでした。

ドウダンツツジの向こうに竹田城跡が展望できます。




そしてこんな綺麗なモミジが・・・



モミジ、メタセコイヤ、足元には落ち葉がいっぱい
       


標高720mの朝来山展望台への登山道周辺の木々にはもう葉がありません。

   

朝来山展望台です




  関東に雪が降ったようです。但馬もまもなく初冠雪かもしれませんね。

湖霧に包まれる黒川ダム

執筆 きっさん   掲載 2016年11月24日 11時58分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
11月23日、朝来市生野町黒川、朝来市第一号の農家民宿「まるつね」に行った際に黒川ダムに立寄った。
黒川ダムは寒波襲来で、水温より気温が低いため、湖面から霧が湧き立つ現象が見られた。


湖面の中から伸びている木立の下は島続きになっている。黒川ダムのビューポイントはここ。


崖の上から見た湖面からそびえ立つ樹木、一歩踏み外せば断崖絶壁の滑落する場所から写した画像。


雲の隙間から一瞬だけ陽が差した向かいの山、湖面は霧で白っぽく見える。


ダム堤防から見た 秘境の里 黒川集落。


黒川ダムは、約400m下方にある多々良木ダムとで高低差を利用して奥多々良木発電所が発電を行う。
夜間余裕のできる、原発や火力発電の電力を利用して多々良木から黒川ダムへ揚水する仕組み。

特派員おすすめ・今年の紅葉スポット

執筆 せきやん   掲載 2016年11月23日 21時13分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
生野町黒川の 農家民宿まるつね さんで特派員グループ秋例会を開催しました。その様子はヤマタツさん発信をご覧ください。三つのテーマを わいわいガヤガヤ いつものにぎやかな集まりです。テーマのひとつ、特派員それぞれが気に入った今年の紅葉スポット をスクリーンで紹介し合いました。数多い中から但馬外を含めていくつか紹介します。

八木城跡



りょうごん寺ー銀山湖ー玄武洞ー玄武洞
   


上山高原ー養父神社ー神戸森林植物園ー丹波市石がん寺
     

安国寺




11月に入って冷え込みが続き、標高のある山々よりも麓の紅葉がよくなりました。そして今日も例会出席のための道途中、こんな名残の紅葉が観られました。

青倉神社のその後ー11月23日







黒川ダムは寒々としていました。ー11月23日



     ほとんどのメンバーが高齢を迎えていますが、
         元気ある限りホットな但馬を発信する覚悟を確認しました。

平成28年ふるさと特派員秋例会

執筆 ヤマタツ   掲載 2016年11月23日 13時48分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
平成28年ふるさと特派員秋例会1 朝来市生野町黒川にある、農家民宿まるつねにて、但馬ふるさと特派員の秋例会を開催しました!

「平成28年ふるさと特派員秋例会」の続きを見る...>>


八木城跡の紅葉

執筆 ユウさん   掲載 2016年11月22日 17時48分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
八木城跡に登ってきました。 
今日は今滝寺から土城・本丸・登山口と反時計回りました。
本丸近くになると素晴らしい紅葉が出迎えてくれました。









ふるさと兵庫100南但馬の<朝来山>登山

執筆 せきやん   掲載 2016年11月20日 23時40分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
但馬山友会登山行事に参加して、標高756.5mの朝来山に登ってきました。3月に今年の行事がスタートし、今日は今年の納めの会。「南但馬自然学校」の施設をお借りしての登山です。ここは兵庫県下小学校5年生の子供たち対象の自然とふれあう場ですが、自然学校が開催されていない期間にかぎり一般も利用できる施設です。




登山コースは、りす、くま、うさぎ、しか、むささびなど子供たちが馴染みやすい名前がつけられています。結構きつい急坂もあり、朝来山展望台(標高720m)を目指します。




山は晩秋の景観、登山道にはまだ色鮮やかな落ち葉がいっぱいでした。


   



途中から小雨、こんな天候はかえってピークをすぎようとしている山の景観をやさしくします。




展望台からは雲海・・・とは言い難い霧の海






朝来山展望台から15分ほどの距離の朝来山山頂三角点をタッチし、昼食の後むささびコースを下山しました。







下山後はキャンプファイヤー囲んで山の唄やフォークダンスの時間ですが、私は所用のため登山だけの参加。駐車場からこんな竹田城跡が望めました。




但馬の山は、赤黄色鮮やかな秋の彩から冬枯れのシーズンとなります。

竹田城跡2016ヘリテージ講座

執筆 きっさん   掲載 2016年11月20日 19時36分   カテゴリ 但馬の文化・団体活動

本文を開く
本文を閉じる
11月20日、竹田城跡2016ヘリテージ講座が和田山ジュピター小ホールで開催されました。
ヘリテージとは、『受け継いだもの』『また、代々継承していくべきもの』『遺産』でしょうか。


講師、城郭等石垣の建設修復業者で穴太(あのう)積みの粟田建設会長の粟田純司氏【第14代社長】です。


今回の公演テーマは「今、伝えておかなければならないこと」↓ のスライド「守り続ける」の大切さです。


竹田城跡の石垣は、織田信長の安土城、徳川家康の江戸城、他、と同じ穴太積みです。
2014年3月27日竹田城跡天守台下部石垣修復工事中の皆さんの写真です(私が城跡に登った時でした)


粟田会長の締めくくりは『石の声を聴き、石の行きたい所へ持って行け』でした。
ビジネスマンやシルバー人生にも、この考え方が大切であると云うことを感じた含蓄ある講演でした。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ