○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

殿下コースを往復<氷ノ山>

執筆 ユウさん   掲載 2018年06月17日 20時50分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
氷ノ山に登ってきました

コースは養父市と宍粟市の境界に登山口がある 殿下コースを往復しました

ブナ林




根曲がり竹


三の丸


一面の笹原


杉林


静かな 氷ノ山山頂


360°の展望  


所要時間は往復約3時間30分 危険個所は無し 初級コースのお手軽登山で楽しめます。

鵜縄林道と横行林道は通行可 登山口に駐車スペースがあります

瀞川山

執筆 ユウさん   掲載 2018年06月16日 21時10分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
但馬山友会の6月例会 瀞川山登山に参加しました

コースは木の殿堂駐車場から反時計回りで
兎和野高原センター・瀞川稲荷・瀞川山・十石山を経て木の殿堂駐車場に帰る少しロングのコースです。

兎和野の大カツラの木




兎和野高原センター


瀞川稲荷に参拝して双身の滝


稜線への上り」


瀞川山山頂で少し遅めのランチタイム


鉢伏山と氷ノ山がきれいに見えました


十石山


緩やかコースを下山


蘇武岳の展望所


梅雨を吹き飛ばす66名が歩きました

八木城跡登山

執筆 ユウさん   掲載 2018年05月26日 21時50分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
但馬山友会では9月に“八木城跡登山”を予定しています
今日は当日の世話役で下見を行いました
コースは道の駅「ようか但馬蔵」から八木城跡・土城の往復です

八木城跡へは上八木登山口から上ってみました
登山道を整備しながら上ると山ビルが出現 整備を中止して急いで尾根まで上ります

尾根のルートは快適でした




氷ノ山を見ることができます
      

土城まで足を延ばします きれいな石垣


土塁の後でしょうか?


土城は樹木が茂って展望は全然駄目です  倒木を片付けて下山しました


下山に使った下八木ルートには山ビルはいなかったです

満開の紅ドウダン<氷ノ山>

執筆 ユウさん   掲載 2018年05月25日 22時23分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
氷ノ山に登ってきました。
東尾根では満開の紅ドウダンに出合いました




今日のコースは 親水公園から上り若桜のスキー場へ下り、仙谷コースから氷ノ山山頂へ行き東尾根を下りました。


親水公園から氷ノ山越までのブナの様子


仙谷は鳥取県になります


山頂の手前では中学生と一緒の登山でしたが 元気がよく抜かされてばかりでした


山頂は生徒達で一杯 こんな光景も良いものです


東尾根は一変して静かな山行でした



距離は約13km 所要時間は約8時間でした

竹野町の鋳物師戻し大岩登山

執筆 せきやん   掲載 2018年05月15日 20時44分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
但馬の学校厚生会の5月イベントで、 竹野町の鋳物師戻し大岩 への登山大会が開催されました。竹野に住む私の山仲間が、この登山イベントの世話役をするという事で誘いを受け参加してきました。

             これが鋳物師戻し大岩です



            大岩の歴史がまとめられていますのでご覧ください

        
          


今日は夏のような気温、参加者66名は羽入の観音寺から登山開始。

   

歩きやすい登山道は目に染みる    




歩き始めてまもなく愛宕神社があり、その前の東屋から竹野浜の展望。休暇村や兵庫県の最北端猫崎半島がくっきり。



日差しはキツイですが、木々に囲まれた登山道は結構涼しい。 





    

歩き始めて75分、奇岩・大岩が皆さんの前に現れました。初めて見る人が多く、感嘆の声が上がります。


     

皆さんが大岩に見入っている間、私はすぐ近くの 城崎ー竹野間の古道<鋳物師戻し峠のお地蔵さん>にご挨拶してきました。寛政4年の年号が刻まれていますから1793年の作で、以来古道を歩く旅人の安全を見守ってきたんですね。

    

大岩の周辺で早めの昼食をとり、部分的に少しきつい山道も無事クリアーし観音寺に帰着しました。

    

   2014年「但馬お宝100選」に選ばれた大岩、2015年から地元のプロジェクト
   により大岩周辺・古道整備がされてきました。春は新緑、秋は紅葉気持ちの良い軽登山
   が楽しめる登山ルートとなっています。本日の66名登山は、昼食・休憩全部入れて
   3時間20分でした。

阿瀬渓谷から蘇武岳を往復

執筆 ユウさん   掲載 2018年05月12日 20時00分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
山仲間6人で 蘇武岳へ
コースは阿瀬渓谷から山頂の往復です

新緑の阿瀬渓谷






橋が壊れてました


新緑のトンネル


金山集落跡


金山峠から稜線へ


雑木林の新緑


落葉松の新緑


ブナの新緑







もうすぐ山頂



蘇武岳山頂到着




所要時間は山頂での休憩を入れて約9時間 新緑を一杯楽しみました

新緑登山<十年(1039m)>

執筆 ユウさん   掲載 2018年05月11日 20時40分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
養父市と宍粟市の境界尾根にある 十年 という山に登ってきました
この山は宍粟市の観光協会が宍粟市の名山として55座の山を選定している内の一座です
従って登山口は宍粟市波賀町の戸倉です

登山口の大森神社


今回の下山口のやまめ茶屋


反時計回りに周回しました

自然林の素晴らしい尾根


ブナの新緑が美しいです




特に市町堺の尾根はとても美しかったです




十年山頂は残念ながら植林で展望は全然無しでした


養父市側からは藤無峠から尾根伝いに登ることが可能です

目に眩しい新緑登山<高竜寺ケ岳>

執筆 せきやん   掲載 2018年05月06日 21時35分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
ふるさと兵庫100高竜寺ケ岳、兵庫県と京都府の府県境の山。目に眩しい緑いっぱいの景観の中歩いてきました。但馬山友会5月前半行事。

今日の高竜寺ケ岳。




京丹後市の尉ケ畑登山口からこんな新緑の中登山開始です。

      

午後遅くから雨でしたが午前は晴れ、気持ちの良い登山道。









久美浜湾の遠望、ブナの緑を楽しみながら少し急坂を上がると山頂は目の前。





久美浜湾方面の山頂展望です。



大江山連峰、磯砂山、来日岳、東里ケ岳、郷路岳、江笠山、床の尾山・・・いろいろな山が展望できます。
昼食休憩の後、たんたん温泉のある坂野登山口へ下山しました。



今日の世話役さんー大変お世話になりました。アレッ肝心のリーダーさんが不在です。


   

     本日の参加者57名、全部入れて約5時間の登山でした。

ブナの芽吹き始まる<氷ノ山>

執筆 ユウさん   掲載 2018年04月28日 20時25分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
氷ノ山に行ってきました。
コースは
東尾根➟氷ノ山山頂➟氷ノ山越➟高丸➟鉢伏山

東尾根では新緑から




芽吹いたばかりのブナ


氷ノ山山頂


甑岩の残雪 アイゼン無しで充分通過可能です


登山道にはほとんど雪はありません  振り返って氷ノ山


ブナ原生林は芽吹いたばかりの新緑
      

大平頭からタムシバと氷ノ山


高丸から氷ノ山


鉢伏高原と氷ノ山


終点の鉢伏山山頂


氷ノ山越えまではたくさんの人に出会いましたが ぶん廻しは静かな登山道でした

三川山<満開のシャクナゲ>

執筆 ユウさん   掲載 2018年04月19日 17時17分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
三川山に行ってきました。
コースは香美町の三川権現から山頂へ
シャクナゲコースで上り奥の院コースを下りました

今年はシャクナゲの当たり年か 一杯咲いてました
十数年ぶりのシャクナゲ開花だそうです














      













周回時間は約5時間 激坂有り 劇下り有り 健脚コースです。
 
お出かけの際は登山靴・登山用具は必携です。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ