○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

懐かしいお好み焼き屋が復活

執筆 まっち   掲載 2012年02月02日 20時00分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
皆さん、イルミネーション「おきなれよ」や震災10年阪神淡路大震災復興イベント「あの日を忘れない」の発刊などは、まだ記憶に新しいですね。そのグループが平成22年4月から活動を再開されています。


「かつての矢名瀬町の賑わいをもう一度!」と住民有志や地元企業でつくる「山東新生まちづくりの会」が、賑わいづくりの拠点として約10年前に閉店したお好み屋を復活させ、平成23年10月にオープンした「矢名瀬屋」です。


「矢名瀬屋」では、お好み焼きと焼きそばを380円から提供。期間限定で地元の特産岩津ねぎを使ったねぎ焼きも480円から提供しています。当日食べたねぎ焼きです。美味しかった。


「矢名瀬屋」内には、展示やミニフリーマーケット、ミニ教室、ミニ懇親会などができる2畳半のスペースもあり、現在はミニミュージアムとしてトゥイーティーが展示してあります。ミニミュージアムと店内の広告です。


川原町商店街には、賑わいづくりの拠点「矢名瀬屋」の前に、「ふじおミニ鉄道資料館」を常設しているのに続き、第2弾として平成24年1月中旬に天野商店の空き店舗を利用して「昭和の子供館」を開設しました。鉄道資料館はあいにく休館でしたが、土日は空いているそうです。昭和の子供館はいつでも見られまーす。


また、まちづくりの会では、まちなかミュージアム計画を立て、第3、第4の空き店舗を利用して地域住民の方の貴重な収集品や趣味の品を順次展示していったり、3月のひな祭りイベントなど時期に応じたイベントを開催したり、かつての矢名瀬町の賑わいを取り戻そうと更なる工夫を続けているそうです。

住  所:朝来市山東町矢名瀬町633
電  話:079−676−4649
営業時間:午前11:00〜午後2:00、午後4:30〜午後9:00
定 休 日:月曜日

黒川温泉で秋の収穫祭!

執筆 たけさん   掲載 2011年11月21日 11時46分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
今朝の黒川は風が強くてヒンヤリしていますが快晴です。
11月23日(祝)『黒川温泉秋うま祭』やりますよ!
秋のうまいもん大集合!です。



もちつき大会ではおろしもちのサービスがあります。
山菜まぜご飯と猪汁にふろふき大根、あまごの塩焼き等々。
自慢の特産「黒川大根」も沢山用意しますよ。ネギに白菜など秋野菜をお求めください。

おなかがいっぱいになったら温泉につかって、心も体もほっこりしてください。


今年は急な冷え込みが無かったせいか、紅葉もぼんやりしていますが。
それでも秋風の中のドライブは十分目を楽しませてくれます。
秋の一日、ぜひ黒川にお越しください!


詳しくは黒川温泉HPを見てください。
http://sasayuri-net.jp/users/kurokawa-onsen/index.html

浜坂港カニ祭り

執筆 しもやん   掲載 2011年11月19日 13時42分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
あいにくの雨模様、でも浜坂港はカニ祭りで賑わっています。大漁旗で埋め尽くされた市場はカニ、カニで熱気充満していました。



?千円の活きカニを気前良くお買い上げ、その場でさばき焼きカニで賞味、年一回の贅沢ですわ!とお客さん、もっと買ってよ〜頼んまっせ〜!!



本日随一の立派なカニ、一杯¥10,000也



面白そうなのはこれ、せこカニ釣り。時間内の釣り揚げ枚数で商品付です。みなさん結構真剣です。



場内で行列の出来ていたのはカニがたっぷり入った焼きカニ味噌とカニクリームコロッケ。ビール片手でいけそうです。



「てっぺん」新そば

執筆 しもやん   掲載 2011年11月15日 08時01分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
秋も深まりいよいよ新そばがいただける時期となりました、春来峠「てっぺん」の新そばを早速賞味しました。野草天ぷら、話題のじゃぶ、勿論そば実の入った新米のセット、上々の人気です。今年はそばの出来が悪いようです、中国産は使わないので原料が続くか店主は心配されてます。



外では「そば早食い競争」二人前盛ったそば、異国の人も交じってヨーイドン、口の中に残さずしっかりお腹に入れて上位3人に新米、栃餅等の賞品が出ました。



私のお目当ては新米餅米、美味しい稲木干しで赤飯、牡丹餅でいただきます。



グルメ王者「松葉カニ」!!

執筆 しもやん   掲載 2011年11月11日 12時30分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
晩秋、やっと暖かいお鍋の季節到来です。冬のグルメ王者は何と言ってもカニ、新温泉町の浜坂港は全国有数の水揚げを誇り今日も見渡す限りカニ、カニで賑わっています。






カニの旨みは鮮度、高級品は活カニとして出荷されています。



今シーズンから浜坂港水揚げのカニタグが山陰海岸ジオパークをイメージした新タグになりました。



いよいよ競り開始、船の設備、獲った場所によって鮮度等が微妙に違うのか価格もそれぞれです。今日は週末で明日は競り休日の為上屋一杯にカニ、カニ。12月に入ると価格も高騰します現在はやや軟調で食べ頃ですよ!



市場は女性が戦力です。am4:00頃から水揚げされたカニを検品し等級毎に並べるのは彼女達の役割です。



きのこ観察会、食べてもOK?

執筆 しもやん   掲載 2011年10月30日 20時21分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
小雨ぱらつく日曜日、新温泉町上山高原で茸観察会があり薮の中皆さん必至に眼を凝らしました。周囲はブナの紅葉が始まり秋真っ盛りで爽快です。



例年キノコをよく見かける辺りも先人客がおられたか中々見つかりません。やっと見つけたキノコもやや時期遅しの状態です。





ここら辺りは過って木地師と呼ばれる人達の生活エリア、標高900mの樹間に古びた墓碑がひっそりと残っています。



採集後上山高原ふるさと館で陳列、キノコ専門の先生に名前を聞き生態、食用の可否を説明していただきました。今年は例年に比してやや少ないとのご神託、発生の頃雨が少なかった為か?それでも本日41種類のキノコが採集出来ました。もちろん食用可のキノコは皆さんのお土産です。



皆さん第一目的のナメタケ、右の度でかい大きなツキヨタケ,早速暗闇で見て観ましたが眼が慣れてやっとと言う程度の光でした。


   


オオワライタケとマスタケ(もちろんマツタケではありません)



素朴で美味しい「高中そば」

執筆 しこさん   掲載 2011年10月22日 21時29分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
今日日中は曇り空の暖かい一日でした。
そろそろ新そばのシーズンかと思い、養父市高中の「高中そば」を食べに行って来ました。
高中集落の70歳以上の元気なおばちゃんたちで運営されているお店です。


地元で獲れた「そばと山芋」だけを使って打った、本物と言われるだけあって素朴な味わいのある「そば」でした。
それは、地元の人がきれいな湧き水を使い真心を込めて打ち、手づくりの窯で焼いた炭を使って茹でた「そば」です。


注文した「ざるそば」と「小豆ご飯のおにぎり」、おにぎりがこんなに巨大とは思わずに注文したんですが、半分はラップを頂いてお持ち帰りにしました。

今年は、雨が多く「そば」は不作との事で、新そばはいつになるかわからないとの事でした。

途中の山の紅葉はまだこんな感じです。


寒い日が続くと紅葉も一気に進むことでしょう。

山陰海岸ジオパーク周遊交流

執筆 しもやん   掲載 2011年09月08日 18時13分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
因幡、但馬広域観光キャンペーンの一環として今回山陰海岸ジオパーク西部エリアのジオサイト勉強会が京丹後市〜鳥取市のジオガイド約40名が参加して楽しく行われました。
新温泉町のジオパーク館で谷本館長によるレクチャー後第一会場の湯村温泉へ、泉源荒湯の成り立ちを聞き早速温泉卵作りに参加、約12分で食べ頃です。





第二会場はお隣鳥取県の岩美町、浦富海岸に続く城原海岸でガイドさんから節理の方角による年代の見方、噴出した岩石の冷え方等説明を聞きーーー難しい。



菜種島は北前船が落とした菜種で春には島が菜の花で覆われるとの事、夢のある話ですね〜



此の辺りは山陰松島と呼ばれる名所、丁度観光船が巡ってきました。



仕上げは鳥取砂丘、さすが観光名所,ガイドさんの口調も滑らか名調子でした。今年の夏も熱中症で何人もSOSがあったとか、一番高い馬の背を巡る1時間、足腰に年齢を感じました。





秋の味覚、初出荷

執筆 しもやん   掲載 2011年08月29日 17時14分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
秋の味覚の王者「20世紀梨」の初出荷が本日(29日)から始まりました。ここ新温泉町竹田は但馬で香住と並び20世紀梨の産地で現在42軒が園芸組合を作っています



重本組合長さんに今年の作柄、選果の状況を見学させていただきました。組合長さんも自ら箱の組み立てに忙しくしておられます。選果場には収穫したばかりの梨がドッサリと各家の木札を入れて持ち込まれています。



選果機にかける第一歩は先ず手作業で袋剥きです。毎年の事ゆえ皆さん手際よくされ美味しそうな梨が顔を見せます。



キズ、奇形の不良品チェック、当然対象品は除外されます。




合格品は大きさが自動的に選別されて10k箱に入っていきます。出荷先は神戸青果市場に出されます。当組合では現在70〜80t生産されており、10k箱換算で7000-8000箱ですね〜。




組合長さんにお聞きしました、
悩みは組合員の高齢化と後継者不足。現在最高齢は83歳でまだカクシャクとしておられますが、
梨畑は傾斜地の上、受粉作業、摘果、小大の2回袋掛け等々手作業が多く聞けば成程と思われる重労働です。

山陰本線開通100年と共に

執筆 しもやん   掲載 2011年08月11日 16時51分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

本文を開く
本文を閉じる
今秋は京都〜出雲間の山陰本線開通100周年を迎えます。浜坂駅前には鉄道開通と同じく創業100年の人気Y茶店があります。店内には一世を風靡した「かに寿し弁当」と現代版の人気「余部鉄橋物語」が好評とのことです。銀河鉄道999に着想を得た「余部鉄橋物語」はお値段も¥999です。




今お店の人気はこれ!!腹ペコでも二個食べれば大満足、チャレンジしてみる価値あり!




この店は一歩入るとおや!マニアが喜ぶ鉄道資料がたくさんあり、まるでちっちゃな資料館。明治の餘部鉄橋建設写真は当時の作業状況が分かります。




山陰本線は餘部鉄橋と桃観トンネル(1991M)が難工事でした。当時の鉄道院総裁後藤新平氏も工事激励に訪れています。桃観トンネルの東側での写真には後藤総裁と共に初代Y茶店当主も写っています。




Y茶店には当時後藤総裁が移動に使用した駕籠もありますが、以外と簡素でちっさな駕籠です。




鉄道敷設時用地確保、作業員食糧手配、事務的な用務等に甚大な功績があったとして社内販売、構内営業許可第1号を与えられたのがこの茶店の始まりです。アイデア豊かな現在の当主は4代目です。



一番上へ
サイドナビ
サイトマップ