○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

北但クリーンパーク

執筆 しもやん   掲載 2017年02月28日 17時49分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
北但一市2町(豊岡市、香美町、新温泉町)のごみ処理施設「クリーンパーク北但」が豊岡市竹野町に
稼働始めて約1年経過しました。
ごみの減量、資源化を進める施設の実態を見学してきました。
まず職員より施設、ごみ状況の説明を受けています。




いよいよ現場へ、
計量されたごみ収集車は左ナンバーのプラットホームから投入します。
現在一般の方が持ち込みごみをおろしていますね 、




ごみピットには一市2町のごみを一週間分収納できる巨大さです。




ごみを掴む巨大クレーン実物大です、170cm超の職員と比べてください。




こちらはリサイクル受け入れ場、
場内は一方通行で能率よく事故防止を含めて整理整頓されています。




近代的な処理場でも人手がかかる場所がここ、リサイクルのアルミ缶、スティール、ガラス等
分別しています。集中力を要する為か一時間毎の休憩が入るようです。




最新の工場を思わせる中央制御室、ディスプレイ左から2番目の画面には
現在燃焼中の状況が映っています。
機械の監視、操作、施設内状況等施設の頭脳ですね。




この施設ではごみ焼却の余熱利用で約5000軒分の電力発電をしているそうです。
場内で利用し余った電力は北但地域公共施設に販売しており、新温泉町役場の電力も
4月から切り替わるそうです。

春〜るよ来い、早〜やく来い♪♪♪〜

執筆 しこさん   掲載 2017年02月16日 16時24分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
今日は久しぶりの透き通るような青空、やっぱりウキウキしますねー。

豊岡市中央公園の「早咲きの桜」の様子を観に言って来ました。
「もう少し元気かな〜」と思って行ったのですが寒さのせいか蕾がほころんではいるものの、
うつむき加減でチョット可愛そうな感じでした。

予報ではこの後もまだ寒波の到来があるとか?
やはり満開はまだ早いようですが今日の様子です。








今日の陽射しで少し雪の量も少なくなったかなーと、感じる今日の中央公園の積雪状態です。


春の陽が待ちどうしいですね。

賽の神祭り(田ノ口 正月行事)

執筆 きっさん   掲載 2017年01月09日 16時15分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
1月9日、豊岡市日高町田ノ口、巨大なわらじとぞうりを土俗信仰の「賽の神」に奉納。


今年1年の無病息災を願い、スギの大木にくくり付けられた。


昨年のわらじとぞうりは外される。わらに水分を含み伸びきり、かなり劣化している。


清滝神社の氏子たちが朝から稲わらを持ち寄り、お堂に集まって作り始める。


1.5mのわらじとぞうりを作り上げる。


田ノ口集落は、神鍋高原や阿瀬渓谷などと林道でつながっており、
悪霊を防ぐ足の神様「サエノカミ」の履物として
ぞうりを奉納し、旅の安全と村の加護を祈ったのが始まりとされる。
約400年続いている伝統行事。

別宮のお綱打ちと綱引き

執筆 きっさん   掲載 2017年01月09日 15時41分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
1月9日、養父市別宮、年の初めに綱引きをして、豊作・無病息災を祈願する八幡神社の祭礼。
大綱は大きな2本のケヤキの木に飾るように結びつけ、悪魔を鎮めるとされている。
(写真は、強い雨降り、遠くから望遠レンズで写したのでボンヤリしています)


綱打ちは二つ組を6m+三つ組を6m+二つ組を6mの長さ18mに仕上げる。


綱打ち18m、重さ70〜80kgの大綱が出来たら神事を行う。


綱引き場所の屋敷まで男衆が担ぐ。


綱引きは上と下地区に別れ、7回勝負、4勝3敗で上地区が勝ち、その年は豊作になる。
綱引きが終われば近くの大ケヤキまで皆で担ぎあげて飾る。


別宮は鉢伏山山腹の標高680m前後にある集落、別宮の棚田、別宮の大カツラが有名です。
今日の棚田の風景、少量の雪面と田のあぜ道の曲線模様が棚田の美しさをかもし出す。

暖かい出石のXmasの景観

執筆 せきやん   掲載 2015年12月24日 17時46分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
車道脇の気温表示が日中14°から15°を表示していました。この時期にしては本当に暖かい日です。





駐車場は結構多い車、その上遠方のNOも多い。いつもの出石の景観です。

時間はちょうど昼時、車の数にしては町行く人は少なめ。青空が出たり、黒雲が出たりややこしい空模様。


           


お断りして写真を撮らせていただきました。  出石は迎春準備です。





もうすぐここは初詣の人でいっぱいになります。



2015年はあと一週間。師走といえど現役引いてからは普段通りで、気持ちの上で特に慌ただしさはありません。

上山エコ感謝祭

執筆 しもやん   掲載 2015年12月20日 13時51分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
いよいよ今年も余すところ10日程となりました。
上山エコミュージアムでは今年のお礼を込めた感謝祭が催されました。
やっぱり年の瀬はお餅つき、それも田舎スタイルの本物杵つきで盛り上がります。




歓声のなか上々に出来上がった餅はその場で、ぜんざい、として皆さんにふるまわれます。




日曜恒例の手造り野菜、漬物、パン等の朝市も盛況です。




年末とあって地域の古老が腕をふるった注連縄飾り、
寒暖差のある田圃の美味しいお米で造ったお餅も並んでいます。






地域で支えあい、ふるさとを護る方々の楽しい笑顔で賑やかな一日です。

小〜さい秋見つけた♪

執筆 しもやん   掲載 2015年11月08日 13時58分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
秋冷の如く一段と秋は深まり行きます。海辺から鄙なる農村地帯まで新温泉町は季節毎
多様な景観を見せています。
ちょっと走ると軒先一杯のつるし柿、お正月には炬燵を囲んで?そんな風景も少なくなったんでしょうね!




新温泉町では今年何処彼処でも柿の豊作を眼にします。




農作業に勤しんでいる、と思いきや何処か変、近くに行って見るとな〜るほど、
おじさんの力作”三人の案山子さん”




軒先で奥様方がお餅、おはぎを収穫祭出品準備中、開店前に頂きました。




横に並んだ立派な自然薯、おじさん達が山から掘り出した100%天然です。




過っては何処でも見られた風景、ささえあいながら地域を護り、笑いが満ちる
 ホッとした週末!!

歴史を秘めた「春来峠」

執筆 しもやん   掲載 2015年07月04日 19時15分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
新温泉町の「春来峠」地元博学者の案内で歩きました。
村の正面にそびえる「城ガ山」562mの頂上には鎌倉時代の城跡があるそうです。
この地には縄文土器も発掘されており香美町村岡と新温泉町湯村温泉の境界要地だったのでしょう。




これまた古いお寺ですね、「萬福寺」と言い創建は平安時代だそうです。
寺墓地には平家の末裔も眠っています、現在戸数62戸でお寺を維持するのは大変だと思いました。




村内の古道は秀吉中国征伐の時歩いたであろう道です。戦国時代が浮かびますね。




現在は閉校となっている「春来小学校」、最盛期、昭和20年代戸数100戸住民600人生徒数100人
位居た村立小学校でした。
現在が湯村温泉の学校に通学している生徒はひとケタです。




村内歩いて感心したのは62戸中61戸に車が入れる道が整備されていることです。
バブルの時工事したそうです。




今春来の看板はそば処「てっぺん」、地元産の蕎麦中心で10割蕎麦を守り国道から離れていても
開業以来黒字経営だそうです。



相田のどんど

執筆 せきやん   掲載 2015年01月15日 09時41分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
相田のどんど1

但東・相田の隣保のどんど焼き。 

22軒集落の毎年恒例の行事です。

15時から準備し始めて17時点火

という段取りです。

 

「相田のどんど」の続きを見る...>>


黒川のどんど

執筆 たけさん   掲載 2015年01月15日 03時59分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
黒川のどんど1 集まる人が年々減って寂しくなるどんど焼きです。
それでも村の人たち力を会わせて準備します。
雪の中から竹や檜を切り出して組み上げます。

「黒川のどんど」の続きを見る...>>


一番上へ
サイドナビ
サイトマップ