○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

安国寺ドウダンツツジ11月14日

執筆 せきやん   掲載 2017年11月14日 19時20分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
安国寺ライトアップのドウダンツツジです。 見事に真っ赤。




今日も人いっぱいでした。 TV局の撮影も入ったようです。






   


   11月19日まで観賞OKです。   駐車場には案内スタッフがおります。 

奥多々良木周辺の紅葉

執筆 せきやん   掲載 2017年11月09日 20時34分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
麓に近い所に紅葉前線がやってきたかと思うすぐに、葉が落ち行く秋を感じます。毎年楽しみにしている朝来市の奥多々良木周辺の紅葉を探索してきました。

青倉神社の紅葉












多々良木ダム最上部周辺の紅葉

                             メタセコイヤの森




                             エコパークは真っ赤なモミジがいっぱい










      



      


帰路、和田山ジュピターホールに立ち寄りました。メタセコイヤは、ゆく秋を惜しむ輝き。




      奥多々良木のメタセコイヤはもうピークをすぎていました。

      青倉神社前から黒川への道は通行止めでした。

ヒガンバナ

執筆 せきやん   掲載 2017年09月20日 20時36分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
またの名は曼珠沙華。秋の彼岸の頃に咲くことから彼岸花と呼ばれるようになったとか。今日は彼岸の入り、タイミングよく今満開です。目のくらむような真っ赤の花は収穫の終わった田んぼの畔で咲き誇り、まさに日本の原風景を見るようです。  朝来市石田地区周辺の彼岸花です。










快晴なら青空とともに撮影したかったのですが、にわか雨の中の真っ赤です。









クローズアップでは一味違う表情を見せてくれます。  クリックで拡大します。

     










      今から咲く蕾もたくさん、見ごろはしばらく続きそうです。

竹田城跡雲海と早朝ライトアップ

執筆 きっさん   掲載 2017年09月09日 09時52分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
9月9日、大陸からの高気圧のもと秋晴れ、竹田城跡は雲海に包まれました。
今日から11月30日までの期間、午前4時〜午前5時30分は早朝ライトアップされます。
午前4時13分、立雲峡第一展望台からの城跡ライトアップと城下町竹田の街明り。


4時39分、雲海が薄っすらと漂い始めました。


4時58分、古城山頂上の城跡は雲海に覆われいます。


5時04分、城跡南千畳付近は雲海で見えなくなりました。


5時58分、雲海は少しの高さ下降しました。


6時34分、また雲海上昇しだしました、城跡アップして見ます。


7時03分、また南千畳近辺から天守台にかけて雲海に包み込まれてきました。


7時10分、城跡は雲海に沈没され始めています。


街明りによって雲海が染められる情景は神秘的でした。
雲海も上昇したり下降したりの動きがあり、城跡が浮かんだり沈んだり幻想的です。

シワガラの滝

執筆 ユウさん   掲載 2017年08月19日 17時39分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
新温泉町海上の シワガラの滝


神秘の滝 緑の滝 として 人気上昇中らしい


洞窟の中から


こんな道を40分ほど歩きます  クサリ場


川の中へも入ります


イワタバコが咲いていました。






某会社のツアーパンフレットには初級の案内 くれぐれも事故の無いように!!!

今紫陽花が綺麗<玄武洞公園>

執筆 せきやん   掲載 2017年06月28日 22時40分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
すっきりしない梅雨空ですが、シトシト降る梅雨の雨によく似合う花と言えば紫陽花です。

          玄武洞公園の紫陽花を観賞してきましたが・・・


                                          青龍洞





      















                                         玄武洞
      


        ・・・数も少なく、水を要求していました。。。

緑鮮やか<糸井の大カツラ>

執筆 せきやん   掲載 2017年05月05日 22時08分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
朝来市和田山町竹ノ内にある天然記念物 糸井の大カツラ はみどり鮮やか。 遅かった山の木々の芽吹きから新緑は、このところの気温の高さの影響で眩しいくらいの緑でした。

       






樹高35m、幹回り19.03m、すでに主幹は朽ち果てて空洞、その周りを80本以上の大小のひこばえが林立しているそうです。




樹齢約2000年と云われ、別宮約400年、八代約1600年、兎和野約500年、和池約1000年以上という但馬の大カツラの中でも群を抜いた云わばカツラの中の親分ですね。


床尾の一の滝  近くなので立ち寄りました。こんな所を歩いて行きます。


      


車道から徒歩6〜7分位で一の滝。


     






雪解けの水はすでに過去の事か、水量少な目でした。 普段あまり陽があたらずに暗い場所ですが、今は淡いみどりで明るい滝観賞の道でした。

落差98mの名瀑・新緑の<天滝>

執筆 せきやん   掲載 2017年05月01日 20時44分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
今年の大雪被害で通行止めであった登山道が、修復されて通行OKになった・・・との情報をキャッチし早速新緑の名瀑「天滝」を観てきました。雪解けの溢れる水は、落差98mを天から降るかのように落下、さすが日本の滝100選にふさわしい滝です。

      
       





登山口は緑いっぱい 目に眩しい新緑  天滝はここからおよそ1.2キロmの山道。




途中、倒木が処理され従来と変わらず歩きやすい道に整備されていました。





天滝渓谷NO2の滝  鼓ケ滝  この前の橋が倒壊し、通行止めとなっていました。

        

養父市行政と地元の筏地区ご尽力による素早い対応に感謝の道回復であります。

      


このすぐ先が 天滝 です。もう一度98m大名瀑をご覧ください。


     






      登山口はすでに綺麗な新緑でしたが、滝周辺はもうしばらくかかりそうです。
      但馬自慢の観光スポット。これからがますます綺麗になります。

高竜寺ケ岳・出石城跡の新緑

執筆 せきやん   掲載 2017年04月29日 18時46分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
豊岡市但東町の たんたん温泉福寿の湯 主催の高竜寺ケ岳登山イベントに参加。新緑のはじまりを観てきました。午前中に登山が終了したので、昼食は出石城跡近辺で・・・という変則的な動き。山と城跡の新緑をご覧ください。

今日の高竜寺ケ岳山頂。  春霞・・・久美浜湾と日本海の展望なんですが、今日はよく見えません。




登山道の目の覚めるような新緑。いづれも久美浜湾と日本海方面です。








山頂(標高697m)近くになるとブナの新緑。



山頂近辺はまだ芽吹きが始まったばかりの木々多数。今年は山の新緑も少し遅いですね。

下山後昼食を兼ねて出石へ回り、出石城跡の新緑を観てきました。













新緑の期間は比較的短く、すぐ深緑に変わります。

2017但馬ふるさと特派員春例会<玉林寺>

執筆 せきやん   掲載 2017年04月14日 19時31分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
2017・4・14但馬情報特急から但馬の新鮮情報を発信している特派員グループは、 を題材に春例会を開催しました。例年ならソメイヨシノは終わっている時期ですが、最もいいタイミングとなったようです。 桜撮影の構図を勉強しながら・・・をテーマに但馬の3ケ所+夜久野高原を回ろうという行動計画。

         玉林寺、大同寺、ヒメハナ公園+京都緑化センターの順に
         三つの投稿をしていますので、全部見てくださいね。


スタートは、朝来市山東町与布土の  臨済宗妙心寺派 玉林寺。ソメイヨシノと枝垂れ桜で有名なお寺。満開の桜いろいろをご覧ください。

                            ソメイヨシノ







                            枝垂れ
     


                            枝垂れとソメイヨシノ
     






                            八重紅枝垂れ



           



    途中から構図のことなど コロッと忘れて桜に見とれていました。 
    次に向かうは 大同寺。 (別発信しています)

[付記]  これなんだかわかりますか? 玉林寺の向かいの山で花粉が飛んでいました。
         写真見ただけでくしゃみが出そう ((+_+))


一番上へ
サイドナビ
サイトマップ