○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

東床ノ尾山に冠雪

執筆 せきやん   掲載 2017年11月20日 20時07分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
柿の葉が落ち熟した実が赤に染まる晩秋。氷ノ山の初冠雪はつい先般でしたが、麓に近い山に早くも冠雪がありました。

国道426から東床ノ尾山 標高は839m。




出石町桐野から










但東町西谷から




19日で観賞期間の終わった安国寺のドウダンツツジの紅葉は、まだまだ元気な紅で輝いていますが・・・




今日、11月20日夜も冷たい雨が降り気温も低く、まもなく初冬の姿に変わってゆくでしょう。そして明日、今日以上に冠雪の山々の姿が多くなるかもしれません。

第12回八高会親睦総会

執筆 まっち   掲載 2017年11月20日 05時55分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
11月19日(日)JAたじま総合営農センターで第12回八高会親睦総会が開催されました。

「日本がエネルギーを90%以上を依存している中東で今起きていること」と題してITエンジニア研究所代表取締役 岩浅紀久氏による講演がありました。

岩浅氏は、日本のODAをお金でなく、工業団地を造ることを政府に提案し、パレスチナにジェリコ中小工業団地を建設しています。
そして、中東各国の立場からの中東情勢の貴重な話も聞くことができました。

アトラクションは、おおや和太鼓衆「綺羅星」です。

迫力ある太鼓の音に胸が高鳴りました。

そして、懇親の部が開催されました。お酒の席なので、画像は遠慮させていただきます。

雨の出石まちなか散策

執筆 せきやん   掲載 2017年11月18日 18時22分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
この但馬情報特急から、但馬の今を発信している仲間7人で雨の出石を散策してきました。半年に一度顔合わせする秋例会の開催です。歩いたコースは稲荷神社、経王寺、石部神社、入佐山公園周辺の紅葉ポイントを選んで2時間程度の散策。こんな綺麗な紅葉を見てきました。












    



     




     










     普段はグループメールでのコミュニケーション。顔合わせは半年の一度。
        活動開始からまもなく13年。 みんな歳とりましたわ。

     比較的元気なメンバーは、活動継続です。浜坂1名、養父1名、朝来1名
     豊岡4名。来年4月、元気な再会を約束して紅葉最高の雨の出石を後にしました。  

    

養父神社の紅葉

執筆 ばたやん   掲載 2017年11月12日 13時12分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
 
 養父神社の紅葉は、今が見頃です。11月11日(土)〜12日(日)が紅葉祭りが行われます。

 


 
 



 


 
 



 



 


浜坂道路完成ウオーク

執筆 しもやん   掲載 2017年11月11日 17時11分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
山陰自動車道の浜坂〜余部間、約10Kの「浜坂道路」が完成しました。
今月26日の開通に先立ち専用自動車のウオークがあり往復6Kのコースを歩きました。




今迄の視点と異なり普段見慣れた風景も新鮮に見えます。
岸田川沿いの大庭トンネルから見た城山、浜坂港の方角です。




「私達がこの道創りました」と作業に携わった皆さんの笑顔写真と工事過程の掲示がありました。
もちろん本日限りの掲示です、「皆さんご苦労様でした」




長谷大橋は一般に見られるトラス構造で無く下部に張り出した逆トラスになっています。
橋直下には天然記念物に指定された稀少植物「ミツガシワ」が自生しており、
 「長谷ミツガシワ湿地保存会」で鹿害対策等保存活動で護られています。




風とやや寒い土曜日、ウオークの後は先日解禁となったカニ!、
 メスカニいわゆる「セコ」を真っ二つにしたカニ汁で皆さんホッコリです。




浜坂道路完成により、浜坂〜佐津が自動車道で繋がりました。
豊岡が身近に感じられます、豊岡方面の皆さんも浜坂に気軽においで下さい。

紅葉探索<布滝〜ハチ〜猿尾滝>

執筆 せきやん   掲載 2017年10月31日 21時28分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
氷ノ山登山口のひとつ、親水公園には平常日にかかわらず登山者の車が多数停まっていました。今日は登山ではなく、登山口から少し入った所にある布滝の紅葉を見てきました。まずは布滝手前の目に眩しい黄葉。





そして布滝です。  先般来からの雨で溢れるような水量でした。       

          
       

ここは標高約700m、紅葉はこれくらいの標高に下りてきているようです。親水公園のナナカマドの実も真っ赤々。




別宮の大カツラ




ハチ高原に回りました。山頂から高坪山にかけての紅葉です。  




ススキの穂も真っ白に・・・




猿尾滝です。ここは紅葉のはじまり。ここもすごい水量でした。

        







       我が家の こまゆみ も葉が赤みを帯びてきました。
    紅葉はあっという間に麓に下りてきて、紅葉本番になりそうです。

新型機「ATR機見学会」

執筆 ヤマタツ   掲載 2017年10月27日 17時50分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる



















10月27日午後、平成30年度にコウノトリ但馬空港に就航を予定している新型機「ATR42-600型機」の見学会が開催されました。
機内見学には多くの応募があり、会場は賑わいました。





















13:00滑走路に着陸。現在運航しているものよりも一回り大きい48人乗り、エンジン音も静かです!





















関係者、一般参加者など約150人の人がお出迎え。
花束贈呈などのセレモニーが開催されました。





















この後説明会を行い、試乗体験がありました。近くで見るとかっこいい!





















機内もこれまでのものよりも広く、シートも座りごこちが良かったです。





















来年度就航予定!これまでにまたいろんなイベントが開催されるんだろうと思います。
この機体が但馬空港を発着するようになれば、ぜひ皆さんも乗ってってみてください!

秋晴れ!今日の竹田城跡

執筆 せきやん   掲載 2017年10月26日 21時26分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
21号が去ったと思ったら今度は22号台風、また不安定な空模様がやってくる。その狭間の青空の上天気を見過ごしてはなるものかと、秋の竹田城跡を立雲峡から展望してきました。




同じ思いなのか、平常日にかかわらず結構遠方からの多くの観光の方々が城跡の展望を楽しんでおられました。









私のもうひとつの狙いはこれ。



第一展望所からさらに朝来山方面に100mほど上がった所に、池があり東屋もある休憩ポイントがあります。毎年ここのモミジの紅葉が素晴らしい。



目の覚めるような紅葉でした。

立雲峡を下山後、奥多々良木のエコパークに立ち寄りました。メタセコイヤの紅葉はもう少し先の様ですが、公園はこんな紅葉。


 





       今日は日中気温が高くおそらく20度を超えていました。夜冷え込んで明日が晴れなら 
       雲海 が出そうです。    山も麓も但馬は紅葉の良い季節に入ります。

出石・新生シンコロウ

執筆 せきやん   掲載 2017年10月25日 21時50分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
春から工事囲いがかかっていた出石のシンコロウの耐震補強工事が終わり、昨日修理完了・お披露目の式典が開催されたようです。早速新生の姿を見てきました。以前に比べて「どっしり」した感じです。いろいろな角度から見てください。












雨、曇りに加えて台風など不安定な天候が続いていましたが、久しぶりに今日の午前中は青空が見られました。まだまだ緑が多いですが、出石はそろそろ紅葉のはじまりです。




モミジはまだ緑ですが、紅葉は一気にやってきそう。







   10月26日は秋晴れ予報 11月3日はお城まつり、そして新そば登場もまじか。出石も秋本番です。

神秘「アサギマダラ」庭先に!

執筆 しもやん   掲載 2017年10月18日 11時04分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
我が家の庭先で神秘の蝶「アサギマダラ」が羽根を休めました。
季節毎に日本列島縦断2000kの飛翔をすると言い、ステンドグラスを思わせる透ける薄い羽根、
北から南への途中でしょうか?4〜5匹で庭のフジバカマに舞、休息していました。




]






上山高原で見かける事はありますが我が家では珍客です。
上山では「ヨツバヒヨドリ」に集りますが同じヒヨドリバナ属の「フジバカマ」にも来たと思われます。
羽根にマーキングが出来るそうですが、ひと時うっとりとしていました。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ