○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

春の玄武洞〜猫崎半島散策

執筆 せきやん   掲載 2018年04月19日 23時40分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
山陰海岸ジオパーク・豊岡市エリアの玄武洞から猫崎半島を散策してきました。初夏を思わせる日中気温、そして春霞み・・・多分黄砂のせいでしょう。それでも穏やかな春の景観をでした。

玄武洞公園の前に金剛寺に立ち寄りました。シャクナゲは良い時期をすぎていましたが、まだ綺麗!



山陰海岸ジオパークの中でも最重要拠点の玄武洞公園。  春の玄武洞と青龍洞です。









今年の3月にグランドオープンした店内です。

   


日和山海岸から、丹後半島の浦島伝説に関連する後ケ島(ノチガシマ)の竜宮城。



マリンワールド〜ほど近い展望所に、なが〜い望遠レンズの立派なカメラで遠くの大木を撮影しているおじさんがいました。私はコンデジしか持っていなかったので・・・ 猛禽類のハヤブサを狙っているとの事でした。

   


田久日の漁村は今ワカメ漁の最盛期のようです。後ろの岸壁に弁天さんが祀られています。3月20日〜6月10日、朝5時からの作業との事。現在27軒の漁村です。

   

穏やかな竹野海岸、その向こうは猫崎半島。 その先に灯台があり、そこは兵庫県の最北端。




     春、穏やかなジオ海岸のドライブでした。

三川山<満開のシャクナゲ>

執筆 ユウさん   掲載 2018年04月19日 17時17分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
三川山に行ってきました。
コースは香美町の三川権現から山頂へ
シャクナゲコースで上り奥の院コースを下りました

今年はシャクナゲの当たり年か 一杯咲いてました
十数年ぶりのシャクナゲ開花だそうです














      













周回時間は約5時間 激坂有り 劇下り有り 健脚コースです。
 
お出かけの際は登山靴・登山用具は必携です。

チューリップまつり4/18グランドオープン

執筆 せきやん   掲載 2018年04月17日 18時32分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
2018たんとうチューリップまつりは14日すでにプレオープンしていますが、明日18日グランドオープンを迎えます。17日の花の状態です。









         















        

    
      良好な開花状態が続いています。

      詳細はホームページ 但東シルクロード観光協会 をご覧ください。 
     

菓子祭り前日際

執筆 ばたやん   掲載 2018年04月14日 15時41分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
4月15日(日)に“お菓子の神様“中嶋神社で田道間守命の大祭が行われます。前日祭として、
4月14日(土)に豊岡駅通り、約800mで但馬地域や各地方の銘菓店約50数店が出店され、沢山の人出で賑わっていました。  












お走りまつり 『川渡御』

執筆 きっさん   掲載 2018年04月14日 15時10分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
4月14日、養父市のお走りまつりが2日間に渡って行われます。今日のメインの“川渡御”です。


川の途中で後退。  御神輿の重さは150kgあります。


前進、  担ぎ手10人は胸まで浸かり、勇ましいかけ声で御神輿を揺らしながらの渡御。


また後退、  大屋川の古城橋の下、あらかじめ深さを重機で調整してあります。


再び前進、  前進後退を数回繰り返します。


約10分間の川渡御、  渡り終えるころは、くたくたの様子です。


観衆のあたたかい拍手喝采の中、岸に上がります。


川渡御の前、向こう岸に御神輿が見えて来ました。


いよいよ圧巻の川渡御の始まりです。


お走りまつりは
養父神社のみこしが14・15日の2日間「ハットウ、ヨウゴザルカ」の勇ましいかけ声をかけあいながら、
10人の担ぎ手にかつがれて斎(いつき)神社までの往復40Kmの道のりを練り歩く祭りです。

お走り祭りのいわれは、
御神輿がまるでスーッと軽く走っているように見え、たいそう格好良く見えたことから「お走り」という名がついたとされています。

お走りまつりの起源は、
神功(じんぐう)皇后の代(1800年前で西暦210年ごろ)に、朝鮮半島との交流を
お祝いして「葛の葉の餅」が作られ斎神社に神幸しおわかちしたことが起源とされています。

2018たんとうチューリップまつり<開花情報>

執筆 せきやん   掲載 2018年04月14日 13時31分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
今年は桜など春の花の開花が早いですが、たんとう花公園のチューリップもすでに見頃を迎えています。




     そのため本日4月14日よりプレオープン、18日グランドオープンとなっています。
            14日の開花状況をご覧ください














     クリックで拡大します

        





サンテレビの取材を受ける責任者の霜倉さん。”今最高の見ごろを向かえています 観に来てください”

   

森のカフェはオープン、テントショップはグランドオープンの18日〜との事。場所は豊岡市但東町畑山のたんとう花公園で開催。入場料等については  但東シルクロード観光協会ホームページ をご覧ください。 

上山高原から扇の山へ

執筆 ユウさん   掲載 2018年04月12日 21時20分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
スノーシューの納め登山と称して山仲間6人で扇の山に行ってきました。

扇の山山頂はまだ1m位の積雪でした。


タムシバはまだ蕾  残雪とブナがとてもきれいです。


もうすぐブナの芽吹きの季節を迎えます。


山頂近くの展望尾根です。


先日登った仏の尾や青ヶ丸が近くに見えます。


これは扇の山の噴火口の中から狙ってみました。



コースは上山高原から扇の山山頂を往復しました。

なお、上山高原まで除雪されていました。

竹田城跡の見える大倉部山登山

執筆 せきやん   掲載 2018年04月08日 19時21分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
朝来市の大倉部山(標高692m)に登ってきました。登山口の和田山町岡観音寺は、満開は過ぎたといえこんな綺麗な桜とツバキの花が咲いていました。



芽吹きの始まった登山道は、大蔵地域自治協議会のお世話で歩きやすい。



今日はときおり雪のぱらつく空模様で寒い。登山道のそばにほんの少し雪が見えます。今年は夏日があったり、冬に戻ったりややこしい天候ですね。



1時間40分ほどで山頂に到着しました。 竹田城跡も遠望でき、気持ちの良い山頂です。








竹田城跡を少しズームで近寄りました。バックに立雲峡が見えます。   



大倉部山をご存知ない方がいらっしゃるかも知れませんが、この山は竹田城跡天守から北西方面にはっきり見える山。これは過日(4月5日)薄暮の時間に立雲峡から竹田城跡を望みました。その背景に見える山です。(コンデジの不明瞭な画像ですみません)




     但馬山友会4月登山行事で参加者54名、ツツジの花が咲き芽吹きの始まった
     爽快な春登山でした。最後になりましたが、登山道整備・管理をいただいている
     地元大蔵地域自治協議会の皆様に感謝します。

ミツバツツジ満開<戸牧いこいの森>

執筆 ユウさん   掲載 2018年04月07日 13時53分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
豊岡病院の近くに戸牧いこいの森があります。

いま、遊歩道にはミツバツツジが咲いています。




      



遠くに来日岳


花を少しアップで



歩きやすい遊歩道 約2〜3時間で周回可能です。

今日は4月6日城の日<有子山城>登頂

執筆 せきやん   掲載 2018年04月06日 21時36分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
昨年の4月、出石城と有子山城が「続日本100名城」の認定を受けて、有子山登頂イベントが開催され参加してきました。ソメイヨシノは開花から満開までアッという間に過ぎ去り、例年なら桜満開とともに・・・の今日はもう葉桜でした。







参加者約30名、出石振興局前広場に集合し稲荷神社から有子山山頂を目指します。急な尾根道にはツツジの花が満開。




山城研究の第一人者である西尾孝昌先生から、有子山城跡のいろいろ説明を受けながら登頂。





標高321mからの眺望。  出石町並と蛇行する出石川、正面に見える来日岳は今日の天候では確認できません。





山頂主郭跡で西尾先生から有子山城の縄張り等の説明を聞きながら、次は第6曲輪から「石切場」に入ります。




           今も残る「石取場」の数々の石の矢穴痕  (クリックで拡大)

      

石取場では山陰海岸ジオパーク関係の三木先生から、出石地域の地質の説明を受ける。    

           今日の参加者記念撮影



           参加者全員にこんな記念品を頂きました (^^♪  

       登頂記念証                     皿蕎麦めぐり無料券
       

     西尾先生、三木先生、スタッフの皆さん、お世話になりありがとうございました。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ