○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

これ! なに?

執筆 きっさん   掲載 2018年06月24日 20時18分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
これ! なにの花でしょうか?沈む太陽を背に咲いている。


6月24日、真夏日の暑い一日、朝来市和田山町林垣の田園、夕涼みに出る。


そう、これはニンニクの花。


夕陽をバックに紫色に輝いている。


茜色の空にネギ坊主のコントラストが美しい。


明日も暑い日になりそうだ。

玄武洞公園

執筆 せきやん   掲載 2018年06月22日 20時24分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
紫陽花が見頃と思って玄武洞を観てきました。しかし周辺の整備がまだ続いており、以前車道沿いにあった花がなくなっていました。洞と紫陽花の取り合わせは良いと思います。玄武洞から青龍洞に行く遊歩道に苗木が植えられているので、その成長を待ちましょう。                




玄武洞は160万年まえの火山活動で誕生。古い以前から採石場として利用されてきましたが、その後地質的・学術的価値が高く1931年に国の天然記念物に指定されました。現在、山陰海岸ジオパークの主要スポットにもなって国の内外から多くの観光客が訪れています。

                 −玄武洞ー
       




                 −青龍洞ー




                 −白虎洞ー
       


                −南北朱雀洞ー

  


 


ここから来日岳の電波塔がよく見えます。下界から見るより山頂からの展望ー特に蛇行する円山川、晩秋の雲海ーが良いですね。





       気温の高い平常日ですが、国の内外からたくさんの観光客でした。

兵庫県神鍋高原マラソン

執筆 ばたやん   掲載 2018年06月17日 21時21分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
  第38回神鍋高原マラソン全国大会が6月17日(日)に行われ梅雨の谷間の今日は天候に恵まれ汗が滲み出る  様なマラソン日和です。 出場者3990名(男子・2803名、女子1187名)で
  フアミリージョギング・ハーフマラソン・5km・10km,20分間隔でスタートしていき
  ました。



 



 



 



 


殿下コースを往復<氷ノ山>

執筆 ユウさん   掲載 2018年06月17日 20時50分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
氷ノ山に登ってきました

コースは養父市と宍粟市の境界に登山口がある 殿下コースを往復しました

ブナ林




根曲がり竹


三の丸


一面の笹原


杉林


静かな 氷ノ山山頂


360°の展望  


所要時間は往復約3時間30分 危険個所は無し 初級コースのお手軽登山で楽しめます。

鵜縄林道と横行林道は通行可 登山口に駐車スペースがあります

瀞川山

執筆 ユウさん   掲載 2018年06月16日 21時10分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
但馬山友会の6月例会 瀞川山登山に参加しました

コースは木の殿堂駐車場から反時計回りで
兎和野高原センター・瀞川稲荷・瀞川山・十石山を経て木の殿堂駐車場に帰る少しロングのコースです。

兎和野の大カツラの木




兎和野高原センター


瀞川稲荷に参拝して双身の滝


稜線への上り」


瀞川山山頂で少し遅めのランチタイム


鉢伏山と氷ノ山がきれいに見えました


十石山


緩やかコースを下山


蘇武岳の展望所


梅雨を吹き飛ばす66名が歩きました

但馬の滝ふたつ

執筆 せきやん   掲載 2018年06月13日 23時20分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
梅雨の不安定な空模様。6月13日は朝方雨、日中曇り、夕方から晴れの空模様でした。前日の雨の影響もあってか、日本の滝100選の猿尾滝及び秘境100選の瀞川渓谷双身の滝ともども溢れるような水量でした。

猿尾滝・・・上下2段の滝あわせて落差60m。

      



   



双身の滝・・・兎和野高原野外教育センターからトレイルランコースに沿って瀞川稲荷から観てきました。
       トレランコースから外れて10分程渓谷を遡りますが、登山装備でないと歩けないような
       山道。 落差10mとの事。









       瀞川渓谷はこんな渓流が続きます。


   


トレイルランコースですが、この6月24日(日)に 姫ボタル瀞川平トレイルラン  (クリックでリンク) が開催されます。今日はそのひとつの 兎和野なんだいや・7キロのコースと鉢伏えりやコースの一部 を歩きました。瀞川稲荷から緑の回廊鉢・瀞川幹線林道までの道は、上り連続のなんだいやどころか”難だい”やでした。

三方オープンガーデンを彩ったいろいろな花・庭

執筆 せきやん   掲載 2018年06月04日 21時14分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
花の祭典 三方オープンガーデン は、5月19日、20日(一部6月3〜4日)に多くの花の好きな方々にご来庭いただき終了しました。期間中こんな庭・花たちがお出迎え。ほんの一部ですがご覧ください。












                                八重クレマティス



                                クレマティス



                                バラ



                                アストランティア



                                バラ



バラ・アズミノアーチからご来庭の様子




   まだまだ数多くありますが・・・期間は終わっていますが連絡すれば観ることができるかも・・・
   また 癒しの葉彩ガーデン は6月いっぱい観賞OKです。

第9回ハチ北高原ダイエットウォーキング

執筆 きっさん   掲載 2018年06月03日 15時21分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

本文を開く
本文を閉じる
6月3日、梅雨入り前の初夏の日差しの中、第9回ハチ北高原ダイエットウォーキングに参加。


今回の参加は70名、ハチ北観光協会駐車場にて出発の挨拶。


棚田を眺めながら急こう配の農道を登る。


正面に1221mの鉢伏山を仰ぎ見ながら歩く。


コースの途中には、マイナスイオンたっぷりの森林浴の恩恵にあずかる。


一番のポイントは昇竜の滝、落差15m。


もう一つの棚田の農道を下る、耕作放置された田んぼも見られた、少子高齢化の影響か?


ハチ北温泉湯治の郷の入浴券が参加賞、参加費500円だが入浴料と見比べお得感なり、一汗流す。


山陰海岸ジオパークの鉢伏エリアのウォーキングは山岳コースの9km、まさにダイエットウォークでした。

追伸、後日主催者の香美町村岡観光協会から送付された当日参加者の写真です。





涼風のなかのガーデンコンサート・たじま高原植物園

執筆 せきやん   掲載 2018年06月02日 20時13分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
ゆたかな植生、綺麗な湧き水、大カツラ、目に眩しい緑・・・ここはたじま高原植物園



本日より  癒しの森のガーデンショー がはじまりました。

       芝生広場で開催されたガーデンコンサートの様子です。









       初日の今日の演奏はボランティアグループの アール・ド・ヴィーヴル のお二人。
       爽やかな初夏の森に響き渡るオカリナ・ピアノの音色は気持ちいいです。



県内外から出展された100点を超える寄せ植え。コンテストがはじまります。   



みどりいっぱいの園内を散策しました。  

      





       癒しの森のガーデンショーは今日6月2日より10日まで開催されます。      

八木城跡登山

執筆 ユウさん   掲載 2018年05月26日 21時50分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
但馬山友会では9月に“八木城跡登山”を予定しています
今日は当日の世話役で下見を行いました
コースは道の駅「ようか但馬蔵」から八木城跡・土城の往復です

八木城跡へは上八木登山口から上ってみました
登山道を整備しながら上ると山ビルが出現 整備を中止して急いで尾根まで上ります

尾根のルートは快適でした




氷ノ山を見ることができます
      

土城まで足を延ばします きれいな石垣


土塁の後でしょうか?


土城は樹木が茂って展望は全然駄目です  倒木を片付けて下山しました


下山に使った下八木ルートには山ビルはいなかったです

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ