○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

再び高竜寺ケ岳へ

内容 コメント(0)
執筆 せきやん   掲載 2007年11月10日 15時52分   カテゴリ 但馬の山々

但東町の高竜寺ケ岳(697)に過日に引き続き登ってきました。
ここ数日の間に紅葉が進み、今がピークでした。
今回は山の友グループではありません。この山にはじめて登るメンバーのご案内です。

まずは今日の高竜寺ケ岳(登山道から)



爽やかに晴れわたった青空、目に眩しい紅葉。
”これが初級コース?”とフーフー言いながら皆さんがんばって登ってきました。



わたしの住む村但東町相田は、今年度村の元気に取り組むべく活性化委員会ができました。このまま推移すれば間違いなく「限界集落」の道を歩むことになる。さりとて若い年代の転入は考えられない。自慢できる地域のお宝などない。
資金もない。そのような環境の中でなにができるのか・・・



それは自分達が、自分たちのできる範囲で、自分たちの住む村を元気にすること

今年は初年度、試行錯誤しながらコスモスを咲かせたり、ナタネの種を蒔いたり、チューリップ染めの講習会を開いたりしました。今日の山登りはその活性化活動の一環であります。
そして住民全員が”活性化活動はなにをしているのか!”を
認識してもらうため、パソコン作成の「相田むらづくり通信」を発行しました。20年度からは試行錯誤をもう少し具体的なものにするべく組織ができる予定です。昼間でも人影のない集落とならないために・・・。
正直言って難しい道を歩むことになります。

今日の山頂と参加メンバーの記念写真です。

全戸に参加メンバーを募りましたが9名でした。
まぁ初回ですからこんなもんでしょう。

 



紅葉の状況をご覧の場合は  続きをどうぞ

[seperator]
落葉を踏む ”サクサク”という音が心地よい。

 





山頂では暖かい シイタケみそ汁 をつくり、わいわい言いながらの楽しい集いでした。

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ