○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

生野三巨匠絵画展

内容 コメント(8)
執筆 たけさん   掲載 2007年09月16日 00時17分   カテゴリ 但馬の文化・団体活動

生野銀山開坑1200年事業イベントはまだまだ続いています。
今回は絵画展のボランティア監視員に行ってきました。

但陽美術館と但陽会館の2会場で生野出身の三巨匠の作品が約70点も展示してあります。
会場内は撮影禁止ですがご無理言って写させていただきました。
 

  白滝幾之助
  和田三造
  青山熊治



    
「老坑夫」は生野銀山で働く坑夫を画材にした青山熊治20才の作品。
繊細な陰影の作品が、間近で見るとかなり大胆な筆遣いで驚かされる!
但陽会館の1階ホールでは大作の「金仏」に釘付けになる人も多い。


ホールの壁には但陽信用金庫カレンダーに使われてる少女の絵がかかっていて「おお、実物だぁ」と変な感動してしまいました。
中央にロダンの彫刻。最後に青山熊治の「投網」。


今回初めて上がった2階には日本近代絵画が常設展示してありました。

  


昔はここで結婚式も執り行われ、このゴージャスな応接室は花嫁の控え室に使われたのだとか。

美術作品ともども、こちらも一見の価値ありですよ。

「生野三巨匠絵画展」は9月30日までの土曜・日曜・祝日のみ。
 午前10時〜午後4時  入場無料

コメント

和田三造先生の掛け軸
播磨のおっさん : 2010-6-1 16:31
京都嵐山にての作品ですが、多分本物と思いますが・
Re: 841
さぼねー : 2007-9-18 10:29
見に行きたいけど土・日・祝のみだからまだ行けてない
23日銀谷まつりの時がチャンスだな
Re: 841
あき : 2007-9-16 21:18
一番効果は!
ニコッと微笑んでみるですか♪
Re: 841
たけさん : 2007-9-16 20:59
みなさんコメントありがとうございます!
やっぱり絵画より建物に関心がいってますね(^・^)

撮影許可を頂くには、‘断桧名刺を渡しアピール。
◆崗霾麁探沺彈荳犁者になりきる。最後にニコッと微笑んでみる? この三点セットかな。
どれが一番効果があるのかは定かでないですが(^_^;)
Re: 841
せきやん : 2007-9-16 17:10
そりゃーしこさん監視ボランティアせんと
だめですな。
しかし絵画展もよろしいが、この「たんしん」の
建物もおおですね。
Re: 841
しこさん : 2007-9-16 16:11
たけさん、すごいなー。
撮影禁止の所で、お願いしても”OK "もらったこと一度もなし。
またコツ教えて〜。
Re: 841
まっち : 2007-9-16 11:38
撮影禁止を撮影できる。さすがですなー。
さぼねーといい、たけさんも、ふるさとの美人衆は得だねが続々出ますね。心強い限りです。
Re: 841
きっさん : 2007-9-16 11:20
生野出身の三巨匠はすごいですね。
スゴイと言えば但陽会館2階応接間、
これこそ三国一の花嫁ですな。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ