○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

新緑に映える竹田城跡

内容 コメント(0)
執筆 きっさん   掲載 2018年05月12日 16時32分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

5月12日、気持ち良い晴天、朝来市和田山町『竹田城跡』は目にやさしい新緑に映えている。


山城の郷登山ルートの途中から仰ぎ見る緑に包まれた城跡の裏側になる花屋敷と本丸。


中腹駐車場(関係者駐車場)の門構えと表札、バックの緑に黒い門の調和が風情をかもし出す。


大手門登山ルートには、名残を迎えたタニウツギの花が迎えてくれる。


料金所前には、大型扇風機で水を噴霧しヒンヤリ感の涼風が心地よい。


北千畳虎口の石垣と桜の樹の緑が爽やかに感じる。


三の丸桜の樹の上、青空にジェット機が飛行雲を引きながら飛んで行った。


石垣と桜の樹の緑葉に、昔の武士も癒しを感じたのかなと偲ぶ。


天守台の石垣に緑が這いつつある、ありし日の殿様はどのように感じたことだろう。


天守台の下の谷の樹木の緑は、まさに新緑に映えるの一言だ。


天守台から向かいの立雲峡と朝来山を望む。心洗われる景色に感動を覚える。


天守台の一角にはたんぽぽの花が咲いていた、種子が風に運ばれたか?自然界は逞しい!


北千畳の貴重な松の木。この方向からの眺めは城跡の雄大さを感じる。


次世代へのバトンタッチ、この春に枯死伐採された松の近辺に自生の幼木が逞しく成長しつつある。


中腹のバス停留所には、ラッピングされた天空バスの周回定期便が時間待ち。


夏日の暑さで半袖Tシャツ姿、爽やかな風が吹き抜ける正午の城跡散策を楽しんだ。

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ