○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

薄氷に映える虎臥城大橋

内容 マップ コメント(0)
執筆 きっさん   掲載 2018年02月04日 11時15分   カテゴリ 特派員だより

2月4日立春、朝来市 竹田城跡の麓、播但連絡道路和田山高架橋:虎臥城大橋(とらふすじょうおおはし)、
竹田城は虎が臥せをしたような形なので別名【虎臥城】とも呼ばれている。


昨夜の放射冷却の影響で田んぼに薄氷が張った。その薄氷に逆さ橋が映えている。


ため池にも氷が張っている。橋長402m、支間12×33.5m、最大高さ36.5mの壮観。


播但自動車道の和田山JCTと和田山PAの間にある橋。


国の史跡である竹田城があり、景観を意識しての連続アーチ橋の意匠がとられている、
橋の後方の古城山の頂上には竹田城跡の北千畳、本丸台、花屋敷がみえる。


ひなびた田園風景に威容感たっぷり、12径間連続充腹式コンクリートアーチ橋。


橋の下のミニ広場には説明看板も設置されている。


竹田城址から俯瞰することになり、意識をしたデザインが調和をかもし出す(この写真は昨年12月17日)


虎臥城大橋は隠れた魅力の風景です。

マップ

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ