○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

山陰海岸ジオ・袖志の棚田は黄金色

内容 マップ コメント(2)
執筆 せきやん   掲載 2017年08月28日 21時10分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

空・海の青が霞んで見えるような晴天でしたが、もう間もなく収穫が始まるのではないかと思い、丹後町の袖志の棚田を見てきました。黄金色に輝く稲刈り間際の棚田、その向こうに見える日本海と空の青。ここは日本の棚田100選に選定されてます。



遠景のこんもりした岬は「経が岬」です。丹後半島の最先端で、大きな灯台がありその下の海岸には柱状節理の海食崖の一風変わった景観が見られます。








袖志の西の棚田の全景です。ちよっと見にくいですが左の山の上に自衛隊のレーダー基地があります。今、以前に増していろいろ忙しい働きをしているんでしょうね。すぐ下に小さく棚田がみえますが、これが東の棚田。ここから「棚田と沈む夕日」の観賞スポットと棚田作業中のおじさんに教えられました。








この時期、毎日のようにいなごを捕まえ、あぜ道を走って遊んだ幼かった頃を思い起こさせる収穫間際の風景です。近くのこんなジオパークスポットを見てきました。



碇高原牧場と丹後松島(クリックで拡大)
       
 

海面から屏風のようにそびえる「屏風岩」



安山岩の高さ20mの「立岩」。竹野川が運んできた砂が砂州となって、離れ島であった立岩とつながったそうです。



     空と海がもっと青い快晴を選んで、また山陰海岸ジオスポットを散歩したいと思います。

マップ

コメント

棚田
せきやん : 2017-8-29 9:35
きっさん
コメントありがとうございます。ご指摘通りで”志”に変更しました。
但馬にも有名な棚田があり、見に行きたいのですが・・・
袖志の棚田
きっさん : 2017-8-29 9:19
棚田に広がる黄金色に色づいた稲穂、日本の原風景を感じます。

28日、朝来市の早い所では稲刈りが始まりました。

袖志は丹後半島の最北端集落ですね。
宮津市のある会社の男子寮時代、お盆休みに友人3人で
2泊3日の行程でチャリンコにて丹後半島一周しました。

袖師 ⇒ 袖志 と記憶していましたが・・・。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ