○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

植村直己の故郷をウォーキング

内容 コメント(2)
執筆 きっさん   掲載 2017年06月24日 15時34分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

6月24日、晴天、豊岡市日高町、山陰海岸ジオパーク120kmウォークの参加イベントで
「植村直己の故郷を歩く、ノルディック・ウォーク」10kmに参加。JR江原駅から上郷地区へ向かう。


植村直己菩提寺、頼光寺の裏山にある植村直己のお墓を目指す。


境内裏の登山道には蓮の花も咲き始めていた。


紫陽花の花も綺麗だ。


小高い山に建つ植村直己のお墓。


ここから見る植村直己生誕地の上郷地区、その向こうには但馬コウノトリ空港も見える。


日高町内一周の帰路にある山本のコウノトリ人工巣塔。


今回のウォークはJR江原駅西口マルマツスポーツ主催するイベントでスタート・ゴール地点。


世界に歴史を刻んだ偉大な冒険家、植村直己さんが没後30年を迎えます。

43歳の誕生日だった1984年2月12日、厳冬の北米マッキンリー(標高6194メートル)単独登頂を果たしたが、翌13日の無線連絡を最後に消息を絶った。

日本人初のエベレスト登頂や世界初の五大陸最高峰登頂など多くの偉業を冒険史に刻み、国民栄誉賞を受賞した世界的冒険家。

コメント

暑い中ありがとうございました
マルマツスポーツ 橋本 : 2017-7-7 16:53
ご参加いただきありがとうございました。
但馬の楽しそうなところを見つけていければ
と思っています。
楽しめましたか
ゲスト : 2017-6-24 17:05
お昼頃に大勢の方が歩いているのをお見かけしました。
歩くには少し暑い日でしたね。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ