○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

豪華寝台列車「瑞風」円山川を渡る

内容 コメント(0)
執筆 きっさん   掲載 2017年06月17日 14時54分   カテゴリ 特派員だより

6月17日、13時32分、朝来市和田山町JR山陰線「円山川橋りょう」が架かる但馬の大動脈の円山川を
JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」(みずかぜ)の一番列車が通過した。


食堂車やラウンジカー、世界でも珍しい1両1室のスイートルームなどを備えた「走るホテル」の旅が始まった。


列車は10両編成、JR山陰線をこんな長い列車は廃止になった寝台特急「出雲」以来だろう。


最後尾の10両目は展望デッキもある。


鮮やかな金色のライン、MIZUKAZEの文字、エンブレム、車両番号も洗練されたデザイン。


乗客16組31人が乗り込み、午前10時20分に大阪駅を出発、京都から山陰線で1泊2日の旅で下関へ。
今日は城崎温泉駅で1時間45分程停車、乗客は城崎温泉の観光。
料金は、1泊2日(ツイン)が1人27万円、ロイヤルシングル33万円、ザ・スイート(2名)75万円。
運行初日の乗車券の平均倍率は25倍で、スイートは29倍だったそうです。

ちなみに 福知山線経由山陰線の大阪発下りの特急「こうのとり」は4両編成です。

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ