○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

鋳物師戻し古道を歩く

内容 マップ コメント(0)
執筆 せきやん   掲載 2016年04月10日 21時41分   カテゴリ 特派員だより

豊岡市の竹野町と城崎町をつなぐ鋳物師戻し古道と、その奇岩・大岩については過去に発信していますが、今日は但馬山友会の登山行事としてここを歩いてきました。すでに芽吹きがはじまり、コバノミツバツツジが咲き、小鳥の囀りを聞きながらの登山となりました。しかし、黄砂が出ているんでしょうか、青空の見えない晴天が残念でした。

荊木山(いばらぎさん)観音寺の駐車場をお借りして、登山の前の体操。



まずは鋳物師戻し古道から登山開始

           


70分ほど歩いて、但馬お宝百選に選ばれている大岩



阿金谷、羽入地区の方々の作業により随分近寄りやすくなっています。大岩の後ろから三川山などの山並みが見えます。大岩のすぐ足元の竹野町・城崎町古道の峠にはお地蔵さん。恋峠とも言うらしいです。



峠から三等三角点標高370m我々の呼び名「鋳物師戻しの山」まで約60分、小鳥が囀り芽吹き始まる木々の中を歩きます。



ここで昼食休憩と集合写真。  今日の参加者60名、そんなに広くないピークにいっぱいです。



帰りは同じ道を峠まで戻って、ミツバツツジ咲く愛宕神社の道を下山します。







約5時間でお寺の駐車場に戻ってきました。地域の方々から甘酒の振る舞いをしていただきました。また、野菜や漬物などの格安ショップを開いていただきました。



        黄砂が出るものの、春本番を感じさせる気持ちのいい4月登山行事でした。
        地域の皆様、お寺さんには大変お世話になりました。お礼申し上げます。

但馬お宝百選から抜粋記事
             



        

マップ

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ