○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

暖地性原生林から岩尾根の道探索

内容 マップ コメント(2)
執筆 せきやん   掲載 2015年05月30日 23時46分   カテゴリ 但馬の山々

標高60mから90mほどの低山地帯を山仲間とともに歩いてきました。豊岡市気比の集落から、絹巻神社の東側にあたる一帯です。周辺のスタジイ、タブノキなどの暖地性原生林は兵庫県の天然記念物に指定されています。ウオーキングのつもりで参加してきましたが、これがびっくり  途中からミニミニサイズのアルプスのような岩稜の景観となりました。

手すりのついている古い階段を上がればこんな展望。津居山湾、津居山港の展望です。



これが暖地性樹林の一つでしょう。場所は絹巻神社のすぐ東側周辺にあたります。

         


木々の間から来日山、円山川が展望できます。



そしていきなりこんな岩稜の馬の背が現れました。

    




まだまだ続きます。



まだ続きます。



馬の背からの展望も大変よろしい。



同じ気比のこんなところに下山しました。

     


山中間8名は豊岡市住民ですが、殆どのメンバーが初めて見る景観です。場所は気比ですがこの岩尾根の場所名称が判りませんので、仲間内で  気比アルプス  と呼ぶことにしました。


参考にしてください。但しイメージ図です。 


    途中倒木などの処理をしながら1時間45分の気比アルプスウオーキングでした。
    なお、車は気比キャンプ場を使わせてもらいました。

マップ

コメント

岩尾根
つねちゃん : 2015-6-4 8:22
気比にこんないいところがあるとは!
気比の同級生を誘い一度挑戦します。
岩尾根
きっさん : 2015-5-31 19:41
但馬にこんな所があるなんて、すっご〜いですね。

鳥取県の大山の剣ヶ峰や三徳山の投入堂の登山道を思い出します。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ