○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

火山弾(上佐野火山)

内容 コメント(4)
執筆 まっち   掲載 2007年02月03日 14時47分   カテゴリ 但馬の自然

但馬空港の玄関口に展示してあります。なんだろうと、興味しんしんに説明盤を読む。ふむふむ。
但馬空港の造成の際、滑走路の南端部で発見された。そのとき、地名をとり、上佐野火山と名づけられた。神鍋山より前(約20万年前)に噴火した。ふむふむ。
 
火山弾は、どろどろの熱い溶岩が砲弾のように空中に吹き飛ばされ、冷え固まったそうです。
空港造成による突然の発見で、日本の最も新しい発見の、新規火山として貴重な史料として保存展示されているそうです。
ヘーッと感心しつつ、ふと、特派員をしていなかったら火山弾にも気づかなかっただろうなと考え、特派員をしているからこその発見にあらためて感謝いたします。

コメント

上佐野の山の上にうちの畑はあった
かなボン : 2017-10-24 14:51
 こんにちは。地元上佐野に住む住人の一人です。
 子供のころ、父に上佐野の日高側との境界がある山の上や中腹に、竹を取りに連れて行ってもらいましたところ、そこの尾根の土は、神鍋高原でみられる火山土と同様の黒土で覆われていました。そこには、畑作した痕跡があり、また周辺には同じく火山地帯でみられるぼこぼこ穴の開いた火山岩が、ゴロゴロと転がっていたり、土の流出留めとして使われていた遺構があります。子供心に私は、「神鍋火山の噴火弾が、上佐野まで飛んできていたんだな」と思っていました。
 火山灰を通ってくる雨水は、昔から上佐野の簡易水道源として使われ、大変おいしい水でした。また、上佐野耕地でとれたお米は、だからこそ本当においしい!と自他ともに認められています。いまでも!!
 
Re: 火山弾(上佐野火山)
 : 2007-2-4 16:25
しょちゅう、通貨する道だけど、気づかなかったです。
リアイア前の最後の勤務地が豊中で、空港が近かったので、週末によく利用したのですが、
 今度立ち寄って読んで見ます。
但馬には、休火山がいくらかありますが、それで温泉も多いのかも、竹野と豊岡・城崎の間にそびえる独標
来日山も休火山だったと思います。

〜べーやんより〜
火山弾
 : 2007-2-4 1:21
すぐ近くでも知らない事が沢山ありますよね。
特派員になって見えるようになった世界がいっぱいあります。
本当に感謝です。

〜たけさんより〜
火山弾
 : 2007-2-3 14:58
ヘエッ  こんなのがあったんですか
そして火山弾という言葉も恥ずかしながら
はじめて知りました。
今度行ったとき見ます。



〜せきやんより〜
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ