○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

チューブそりで雪上スラローム

内容 マップ コメント(4)
執筆 せきやん   掲載 2014年02月09日 15時57分   カテゴリ 特派員だより

豊岡市但東町小谷区。シルク温泉やまびこから車3分ほどの、国道426号沿いにある40数軒の小さな集落です。
今日、2月9日 <雪と炎のフェスタ> というビックイベントを連想させるような冬イベントがありました。




  全国的に大雪の天候でしたが、幸い但馬はそれほどでもなく
  今日9日は薄日もさすしぐれ模様の天候となり、イベントは
  予定通り開催されました。
  

  中央の小高い山は標高およそ216mにある<京川城跡>です。
  小谷地区のもつ歴史遺産のひとつです。 城域は東西約49m、
  南北47mの、こじんまりとした円形状の中世城跡のひとつです。


  城跡の研究で知られている西尾孝昌先生によれば、「京川城は
  但馬勢力の城郭遺構とは考えられず、織田・豊臣勢力の普請と
  見て間違いなかろう」
     と解説されている。

  織豊勢力の今の福知山からの但馬攻めの陣城であったのかもしれません。













  
  イベント用の豚汁をつくる煙がたなびき、里山の和みを感じさせる
  景観です。 置いているチューブに乗っかり、150メートルほど
  の手づくりスラロームを滑りおります。小さな子供さん用のコース
  も設けられています。


  

  

  


  








 









   神戸方面からもイベント参加されていました。観光協会ホームページに
   掲載されていますので、そこから情報取得されたのかもしれません。


   地区の役員さん始め皆さんがいろいろなおもてなしをされました。

      本格炭焼き釜によるアツアツピザ、千人鍋による豚汁、
      おいしい甘酒、豪華景品付き雪玉ストラックアウト、、
      すべり降りた大型チューブのスタート地点運び・・・などなど























   中貝豊岡市長(右側)が寸暇をさいて活性化活動の激励に来られました。
   私(左側)からもお礼を申し上げておきました。

   ついでですので、この但馬情報特急・特派員の頑張りも・・・
























   この小谷集落の所属する「合橋小学校校区」において、住民でつくる
   地域活性化の活動が始まり、昨日8日に組織の設立総会がありました。
   神戸新聞但馬ページにその様子が発信されました。

   但東町の小学校校区は三つあります、先行した高橋地区、資母地区に続
   く最終の合橋地区の地域づくりです。取り組む具体的な活動内容は近々
   方向づけされると思いますが、私も一会員として微力ではありますが・・・



  

  

マップ

コメント

ビッグイベント
まっち : 2014-2-12 6:37
雪と炎のフェスタですか。ネーミングも面白いですね。但東は、いろいろな地域づくりがあり、活気を感じます。
雪と炎のフェスタ
ちゅうた : 2014-2-10 8:36
ビックイベント取材お疲れさまです。

豊岡市が取組む地域コミュニティでまちづくりの
先進地域「但東」。

住民のみなさんが取組むまちづくり。会員さんは
大変でしょうが楽しみにしています。
地域密着型イベント
きっさん : 2014-2-10 8:32
合橋地域づくりの会いよいよ発足ですか。

平成の大合併で生じた産物(大きな穴)は地域の力で活性化させなければなりませんね。

これは行政当局に期待できないと思います。

地域主体性で密着型のイベントで盛り上げたいですね。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ