○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

花とみどりの島・淡路から・・・

内容 コメント(3)
執筆 せきやん   掲載 2013年06月29日 22時12分   カテゴリ 特派員だより

あわじオープンガーデン参加のガーデナーの皆さんが、但馬にやってきました。
目的は ちよっとユニークなボードの寄せ植え体験但馬オープンガーデン参加の3庭を観てみようという集い。
実行委員会の方々を含めバス1台28名の皆さん。

あわじオープンガーデンというと、4月下旬から6月下旬の主に週末開催の72軒参加のの大きなイベント。
但馬県民局の井上裕美子さん及びとよおかオープンガーデン参加の3庭と私を含む応援スタッフ計7名が対応しました。

寄せ植えは、和田山公民館をお借りしての開催。

   

こんなボードにトールペイントと多肉植物の寄せ植え。 これはその見本です。花の真ん中の丸い部分は夜間光る素材が使われています。


          

インストラクターは但東町の中谷邦子さん。とよおかオープンガーデン実行委員会代表の北井さんもスタッフとして参加。

    

オープンガーデン参加の方々だけあってのみこみが早い。 制作途中ですが見てください。

    

北井さんはネームサインの部分を担当。参加者の方の要望を見事に書き表します。

          

これはこんな寄せ植えもできるというサンプル。ボードは市販されていません。中谷邦子さんのオリジナル作品です。

   

約2時間で、大げさに言えば世界にひとつしかないオリジナル寄せ植えボードの出来上がりです。

和田山ホテルで昼食後、今度はとよおかオープンガーデン参加の3庭のお庭拝見。
ホントはもう少し早い時期がよろしいのですが、まずは但東町の中谷邦子庭。

   


   

次に日高町の北井庭(写真撮影を忘れました すみません)見学から日高町の佐藤庭へ。

   


   


      陽ざしのきつい中の少々時間を追いかける行程でしたが、満足頂いたのか終始笑顔で
      道の駅神鍋高原に立ち寄りいただいた上、淡路への帰路につかれました。

      実行委員会、及びガーデナーの皆さん、遠い但馬にお越しいただきありがとうございました。
      私どもも花のいい季節に 花と緑いっぱいの島淡路 に伺いたと思います。
      寄せ植え教室の場所を提供いただいた和田山公民館さまありがとうございました。
         

   

コメント

お疲れ様でした
まりちゃん : 2013-7-2 16:58
土曜日はお疲れ様でした。
みなさんいい笑顔で、作業されていましたね。
お役に立ててよかったです。

次回の講座の予行演習もできて、よかったです。
今度は、バッチリですね。

お疲れ様でした。
ちょっとユニークなボード
まっち : 2013-7-2 7:06
せきやんの奥様のご活躍、すごいですね。淡路からはるばる但馬まできますよねえ。県知事賞など数々の受賞でガーデニングを志す人ならば、一度はご指南願いたいと思いますよね。私もいつか…。
多肉植物の看板
あめちゃん : 2013-7-1 18:42
素敵なユニークなボードが出来ましたね。
私も、今度の和田山公民館のガーデニング講座で
多肉植物の看板を作る予定になっております。
中谷先生に教えて頂きます。こんな、可愛らしい物が
出来るなんて、今から楽しみです。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ