○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

和田山地蔵祭(平成24年度)

内容 コメント(2)
執筆 きっさん   掲載 2012年08月23日 15時49分   カテゴリ 但馬のイベント

8月23日、残暑厳しい炎天のもと和田山地蔵祭の様子です。
和田山地蔵祭は但馬三大祭りの一つで、約330年前円山川の洪水で亡くなった水死者の霊を慰めるため、
近隣の住民が清水庵(現圓龍寺)に子安地蔵尊を建立したことが起源とされます。


名物つくり物の展示で、近隣住民のお方たちの趣向を凝らした力作揃いで、その一部を紹介します。
クラシックカー、材料はすだれ部材                 親子ペンギン、材料は豆


ピノキオ、材料は発砲スチロール                  ドラえもん、材料は画鋲


町内各所で、和太鼓の演奏やよさこい踊り、盆踊り、金管バンド、吹奏楽演奏、ダンスなど演じられていました。
今年も徳島県から阿波扇25名のお方が来られ、本場の阿波踊りを披露です。


和田山さんさん会−和−の皆さんによる、森はなさんの作品を題材にした“じろはったん踊り”です。


多くの露店屋台が所狭しと準備する中、和田山町内は大賑わいの様相で、
ドッドーンと花火3号玉音物の炸裂音が、祭り気分を盛り上げています。

コメント

地蔵祭りの想い出
後藤佳雄 : 2012-8-27 13:31
京口で大きくなりました。昭和25年ごろの小学1,2年ごろ、花笠をかぶり着物姿で稚児行列に出ました。チンチンチラツツチンチンデンデン、三味線と鐘、太鼓のリズムで町を練り歩いたものです。仮装行列で杖についた、散ばら髪姿の森の石松がなぜか印象に残っています。
和田山地蔵祭
まっち : 2012-8-24 9:13
和田山地蔵祭、昼ごろから祭りムードいっぱいのミュージックなどが聞こえてきて仕事中、うずうずしていましたが、徳島から阿波踊りまで来ていたのですね。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ