○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

銀山町で写真展

内容 マップ コメント(5)
執筆 たけさん   掲載 2012年05月07日 01時44分   カテゴリ 特派員だより

生野銀山のある町、奥銀谷(おくがなや)の写真展にお邪魔してきました。
奥銀谷地域自治協議会の活動拠点『かながせの郷』は旧幼稚園を利用した可愛らしい建物です。
 
多目的ホールは、季節ごとのイベントやコンサートなど地域の方の活動に使われていて、5月27日まで地域在住の写真を愛する皆さんの『四人展』が開かれています。
    

82歳から66歳まで年齢も経歴もさまざまですが、どの作品も思いのこもったものばかりです。
生野の風景も多く展示してあり、普段よく見る景色がとても新鮮に感じられました。

 
佐藤文夫さんの作品  「カラミ塀」
(30年以上のベテランです)
 コメント「若い皆さんに誘ってもらえたので一緒に出来ました。嬉しいことです。」

 
西森秀喜さんの作品  「黒川の里」
 コメント「記録に残すことが原点ですね。心を写すものになるので、この会場の作品はすべてが思いの入ったいい写真だと思います。」

 
早木正和さんの作品  「凍てつく魚が滝」   「実る銀杏」 
 (会場にはいつもおられるそうですが、今日にかぎり不在でお会いできませんでした。)

 
橋爪一夫さんの作品  「天守を攻める雲海」
(カメラ歴3年目で展覧会にも入選されたそうです)
 コメント「ホタルの写真が撮りたくて始めました。写真は面白いが、やればやるほど難しくなってきたようで奥の深さを感じます。」

   
普段はそれぞれ別々に撮影に出られているようですが「次回は生野をテーマにした作品で展覧会をしてみたい」と、抱負を語っていただきました。
お元気で意欲的な皆さんのステキな作品を見に、ぜひいらしてください。
5月27日まで開催。

併設のふれあい喫茶「だんらん」は毎週水曜と土曜日に地域の女性が交代で営業されています。
生野銀山の近くで古い町並みの残る旧道を入ってください。
お問い合わせは奥銀谷地域自治協議会 電話079−679−4131まで。

マップ

コメント

ありがとうございました。
たけさn : 2012-6-6 15:20
期間中は大勢の方が見に来てくださったと、四人展のみなさんも喜ばれたようです。
奥銀谷自治協議会では、これからも色んな催しを企画していきます。
ぜひまた見に来てくださいね。
四人展
izayamiki : 2012-5-11 12:36
テーマが地元なので、見る方も親しみやすく気軽な雰囲気が伝わってきます。撮す側も励みになるでしょう。
写真展
せきやん : 2012-5-8 8:34
高齢者の頑張る一つの姿です。
住民の皆さん、手を携えて活性化に頑張ってくださいね。
奥銀谷の写真展
まっち : 2012-5-8 7:18
少し見るだけで、すばらしい写真が勢ぞろい。できる人が揃っていますね。自治協議会の中でも、奥銀谷は、先進地だといつも感心します。見習いたいものです。
地域活性化の原点
きっさん : 2012-5-7 17:06
住民参加型の写真展ですね。
地域自治協議会の盛り上がりは、このような企画が大事だと思います。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ