○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

小さな村の夏まつり<但東町久畑>

内容 コメント(3)
執筆 せきやん   掲載 2011年07月24日 20時27分   カテゴリ 特派員だより

江戸時代出石藩の関所があったことで知られている但東町久畑。
集落は今なお宿場町の風情が残っています。この小さな村で、毎年恒例の夏の愛宕さんまつりが
開催されました。ローカルでも今なおこんな伝統のある行事が残っております。

久畑の一宮神社は、ケヤキの大木が多くあることで知られています。祭礼はここの境内からスタート。







愛宕さんは火伏の神様。五穀豊穣、国家安泰を祈る神事の後、この独特の太鼓を打つ事から祭りの始まり。

集落内を順次練り込み、愛宕神社の境内へ向かいます。



愛宕神社は急坂の山の上にありますが、現在は麓の広場で神社に向かって神事が執り行われます。



浦安の二人舞



山の上の愛宕神社は、私の足で急坂10分少々です。参道はきれいに清掃され、歩きやすい。

    

江戸時代の京街道で、この広場の近辺に関所があったようです。↓はクリックで大きくなります。

      

  歴史をしのぶ場所でのローカルな夏の祭礼をご紹介しました

コメント

夏祭り
あめちゃん : 2011-7-25 21:00
見事な、ケヤキの大木が茂った森の中にある神社・・・。
落ち着いた、雰囲気がかもし出された神社で行われた神事・・・。
何時までも、末永く、継承されて欲しいですね。
久畑関所
ヒロシ君 : 2011-7-25 12:23
伝統が継承されている祭りですね。
京街道が残っていたり、出石藩の関所跡があったり、ロマンを感じますね。
愛宕まつり
まっち : 2011-7-25 8:07
愛宕まつりも1月うちの地区とは違うのですね。また、愛宕のまつりは火の神なので、万灯は知っていましたが、太鼓や浦安の舞などで奉納するのはあまり知りませんでした。
地域に伝わる伝統行事が末永く継承されますように。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ