○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

山陰海岸ジオパーク・鳥取エリアをウオーキング

内容 コメント(4)
執筆 せきやん   掲載 2011年03月10日 11時28分   カテゴリ 但馬の文化・団体活動

3月9日、強風吹き荒れるなか、山陰海岸鳥取エリアを歩いてきました。名付けて  ”GEOウオーク”


豊岡市より香住道路、余部道路を通ると、結構短時間で鳥取エリアに到着します。
浦富海岸東端の浦富海水浴場駐車場に車を止め、ここから鳥取砂丘を目指して、
自分たちの計測で約17キロの、可能な限り海岸沿いの道を歩きました。


コースは 浦富→田後→網代→大谷→鳥取砂丘 歩く姿は「登山」。
天候は晴れ、曇り、雨、午後には雪となる悪条件。


9:50 出発。歩き始めてすぐに 「荒砂神社」。

     

海岸沿いに結構整備された歩きやすい自然探勝路があります。
その途中の、約2500万年という途方もない大昔に創生された岩石遺跡の景観です。









   海からの風で体が吹き飛ばされそう  それに寒い




探勝路途中にはこんなカンバンがあって判りやすい。
これより強風で押し寄せる白い大波を眺めながら観音浦、網代を歩きます。














岩戸漁港から、らっきょ畑を見ながら砂丘海岸道路を歩き、鳥取砂丘に到着。
15:55 (クリックでおおきくなります)
砂丘を見るため階段をあがりましたが、押し戻されるような強風。
その上舞う砂で口の中まで砂が入り込む・・・



  但馬山友会は、2005年より京都府の久美浜から年1回「山陰海岸を歩く」行事を開催し、
  本年はそのシリーズの最終年で岩美〜鳥取砂丘を歩きます。
  4月上旬に実施するための世話役6名での事前下見を行いました。
  天候条件は余りよくありませんでしたが、素晴らしい景観を楽しみました。
  
    

コメント

山陰海岸
くにちゃん : 2011-3-11 23:59
綺麗な写真ですね、本当に寒そうです。
冬の日本海の海、深い緑に白い波を立てて、独特ですね。
山陰海岸
しこさん : 2011-3-11 21:11
冷たい雨、風の中大変でしたね。
でも素晴らしい写真を見せて頂いている者には
荒々しい冬の日本海を楽しめました。

GEOウオーク
きっさん : 2011-3-11 17:59
浦富〜砂丘の海岸線は、山陰海岸国立公園の中でも景観美が優れている所。
写真も素晴らしいです。
カメラの中に潮気と砂が入りやすい環境で上手ですね。
但馬山友会下見
まっち : 2011-3-11 8:16
せきやんを含めて6名の世話人さん、寒い中下見御苦労さんです。
すばらしい景観です。但馬の海岸は目にする機会がありますが、鳥取側は意外と知らないことばかりです。さすが、世界ジオパークに認定されるわけだと納得の景観です。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ