○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

黒川の村おこし<但馬の元気>

内容 コメント(8)
執筆 たけさん   掲載 2006年10月21日 00時56分   カテゴリ 但馬の文化・団体活動

生野町の黒川で新しい活動が始まっています。
高齢化・過疎化という厳しい現状を何とかしようと・・・
黒川区の役員が集まり、元気で住みやすい黒川をめざして
   「黒川地域活性化協議会」を今年の4月に立ち上げました。







 旧黒川小中学校の中で
 月に一回の会議をする。
 
 
 



NPO法人地域再生研究センターの方々のサポートを受けて、
オオサンショウウオの研究を30年以上も続けておられる、
アンコウ博士の栃本先生。
兵庫県立大学の三宅先生と研究所の学生さん達。
朝来市の職員の方など。
大勢の方の協力をいただいて協議会を進めています。




 アンコウ博士。
 とにかくオオサンショウウオが
 好きで好きでたまらない。
 
 全国のアンコウグッズを
 収集中なのだとか・・・




●十数年前に廃校になった黒川小中学校を活用して、アンコウの
 博物館を作る。

●黒川ゆかりの人達がいつでも帰ってこられる場所として、教室
 の一つを同窓会館にする。

●都会の方々に黒川の良さを知ってもらうため、エコツアーを
 11月3日に開催。

    などなど色々な方向からの活性化構想を検討中です。


今年の2月には小学校敷地内に「日本ハンザキ研究所」が設立。
栃本先生の、調査研究活動の基地となっています。

 

 校舎内にはこれまでの
 研究資料が運びこまれ、
 パネルや標本の展示など、
 アンコウ博物館の形も
 見えてきています。





今回の会議には、こちらからの誘いを受ける形で井上朝来市長が
出席してくださいました。














協議会に関心を持ってもらえた事や、これからの活動を期待する
との言葉をいただいたのは、とても大きな励みとなりました。

コメント

Re: 地域の活性化
 : 2006-10-21 23:12
今回はアンコウ先生やNPOの方々からの提案と協力をいただいたので、協議会が進んでいます。
これからキチンと自分たちの物にしていけるかどうかが本当に大切なんだと思います。
スローにんさんからのエールを受け取って、力に変えていきたいと思います。

〜たけさんより〜
Re: アンコウ
 : 2006-10-21 22:39
アンコウって何年生きるのか、どれくらい大きくなるのか、まだ分かってないらしいですよ。
グロテスクだけど、とっても愛嬌があります。
11月3日のイベントでアンコウウォッチングもしますから、本物のアンコウにぜひ会いに来てください。
癒されますよ〜!

〜たけさんより〜
Re: その元気頂き!
 : 2006-10-21 22:07
抵抗勢力や向かい風。
足の引っ張り合いなど。
色々出てくるでしょうが、自分の信じる道を行く!ですね。
みんなで汗をかきましょう!

〜たけさんより〜
Re: 村おこし
 : 2006-10-21 22:03
これまでも行政主体の地域活性化構想というのはありましたが、やはりどこか人事のようでした。

きっかけは外から来ても、やはりその地域の住民が主体にならないと長続きはしないものですね。

〜たけさんより〜
地域の活性化
 : 2006-10-21 21:13
このような協議会を立ち上げて、自分たちで考えていく事自体がすでに活性化の第一歩を歩出されていることだと思います。今後の着実な活動にエールを送ります。

〜スローにんより〜
アンコウ
 : 2006-10-21 20:31
谷に入ると更に過疎がスピードを上げて。廃校の蘇生、アンコウのユーモラスだけど生き抜いてきた生命力、なんだかホッとするなあ・・・
その元気頂き!
 : 2006-10-21 20:08
町興しは永遠の課題、替わるに対する抵抗勢力をどうするか?いい汗を一杯掻きましょう。その馬力頂きたい。

〜しもやんより〜
村おこし
 : 2006-10-21 8:47
地域活性化の必要性は但馬の多くの地域の
課題です。我が村も少子・高齢化の典型的な地域。
住民一人ひとりが活性化の必要性の意識をもって
考えないと行政頼みではだめですね。


〜せきやんより〜
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ