○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

鉄道遺産「浜坂駅周辺」

内容 コメント(7)
執筆 しもやん   掲載 2010年11月12日 15時51分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

めっきり寒くなり松葉カニのお客様を迎えている浜坂駅、鉄道を愛する人達の寄贈した「のれん」がなびきレトロな濱坂驛の文字もほのぼの。のれんは季節の色合い4〜5種類あります。浜坂駅周辺の鉄道遺産MAP、鉄道唱歌「浜坂編」も作られ、駅併設「鉄子の部屋」で入手可能です。




11月7日より新型特急「はまかぜ」運行開始、町内田君川に架かる鉄道遺産「ラチス桁橋梁」を渡ります。大正9年に完成したラチス桁橋梁は鉄材を45°傾斜させ格子状に組まれており現在日本には三ヶ所しか残っていません。




浜坂駅構内には現在では珍しいSL機関車への給水塔が残っています。レンガ作りの塔はツタが覆い季節の新緑、紅葉が美しい。近くには機関車の転車台もあったが埋められ残念ながら見ることは出来ない。




明治45年京都出雲間の山陰本線が開通、先立ち余部鉄橋、桃観トンネルの難工事視察に訪れた鉄道院総裁「後藤新平」が移動に利用した駕籠が駅前米田茶店にあります。ここには鉄道建設に尽力した先祖の茶店営業許可証等貴重な写真歴史資料が陳列され一見の価値あります。



コメント

浜坂駅周辺
まっち : 2010-11-24 12:48
新型はまかぜ運行に合わせての浜坂駅周辺の鉄道にまつわる投稿がタイミングばっちりです。
浜坂駅
あめちゃん : 2010-11-18 20:51
浜坂駅には、珍しい物が沢山あるのですね!
中でも時代劇に出て来そうな駕籠が目に留まりました。
浜坂の風景
くにちゃん : 2010-11-15 10:50
鉄道を引く苦労は、今は昔ですね。
給水塔は駅の裏に見られましたね、同時に「はまかぜ」の新車両移りゆく交通変遷、浜坂にはまだまだ残されていること
を知りました。u
浜坂駅
しこさん : 2010-11-13 11:13
浜坂には鉄道に関する貴重なものがたくさん残っているんですね。
のれんの「濱坂驛」の文字も味があります。
給水塔
つねちゃん : 2010-11-13 8:22
何度か見ましたがこんなに綺麗に感じたことはありません。漠然と見ていたのでは、教えられました。
ラチス桁橋梁
きっさん : 2010-11-12 18:35
ラチス桁橋梁に新型車両の特急『はまかぜ』
タイミング良くばっちりの写真ですね。
貴重な歴史遺産であり、浜坂の誇りの一つに数えられますね。
浜坂駅
ひさみっちゃん : 2010-11-12 17:47
浜坂駅では、機関車運行時の給水の水槽がいいなと感じてました。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ