○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

地域文化の宝!葛畑座(その2)

内容 コメント(8)
執筆 くにちゃん   掲載 2010年09月27日 12時21分   カテゴリ 特派員だより

地域文化の宝!葛畑座(その2)1 1544年に造られ、明治25年現在の「芝居堂」に改修されました。
昭和36年「危険建築部物」として、取り壊されるところを地元有志のより保存し、昭和43年国指定重要有形民族文化財に指定されました。

文化財の為、普段はこの舞台を使うわれません、又中の機構を見ることが出来ませんが、昨年から年1回公開しています。
地域文化の宝!葛畑座(その2)2 舞台装置は、すべて手動です。
背景を90度回転して、更に後ろの景色を表し、180度回転させれば背景が雪山に変わります(田楽返し)。
現代の機械でなく、竹と縄を使って一瞬に変化します。
地域文化の宝!葛畑座(その2)3 屋根裏は縄を使って組まれています。
屋根裏には、ブドウ棚と呼ばれ、枠に入った背景を細いロープで吊り下げてあります。

地域文化の宝!葛畑座(その2)4

舞台の下の「奈落」には、4.1mの廻り舞台を回転させる仕掛けがあります。
横に出た棒を人が動かして回転します。



コメント

重要文化財
あめちゃん : 2010-9-29 18:38
国指定重要有形民族文化財に指定されたなんて、何て素晴らしい事でしょう!舞台装置も手動とか、とっても貴重ですね!いつまでも後世に残して欲しいですね!
文化遺産
izayamiki : 2010-9-29 17:10
「危険建築部物」として取り壊されるところが、「国指定重要有形民族文化財」ですか。
地元の方の熱意いや執念を感じます。
舞台装置
きっさん : 2010-9-28 12:52
くにちゃんも来ておられましたか
まったく気が付きませんでした。

舞台装置の裏側の見学時間に引き上げて帰途についていました。

よく残され保存管理されている文化財ですね。
末永く後世に伝承して欲しいです。
文化の宝
しこさん : 2010-9-28 10:51
きっさんとは違った視点からの投稿有難うございます。
いつか見学した出石の永楽館にも同じ奈落の装置がありましたね。
貴重な文化財、残してほしいです。
おお
かずくん : 2010-9-28 8:54
今回のT2でも特集させていただいた農村歌舞伎ですね。
貴重な文化遺産です。長く続いてほしいですね。
農村歌舞伎
せきやん : 2010-9-28 7:53
秋の収穫を終えた農民が、賑やかに集い笑い
楽しんでいる情景が目に浮かんできます。
舞台裏
たけさん : 2010-9-28 0:36
へぇ〜
舞台の裏ってこんなになってるんですね。
奈落の仕掛けも、もっと大掛かりだと思ってました。
保存が大変ですが、いつまでも守っていって欲しいですね。
葛畑座
まっち : 2010-9-27 17:26
くにちゃんも行っていたのですね。
きっさんとは、違う視点から舞台装置の説明や歴史の説明が為になります。
昭和36年に壊される可能性があったのですか。危ない、危ない。残って良かった。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ