○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

貴重な古文書を拝見<但馬の文化・歴史>

内容 コメント(5)
執筆 せきやん   掲載 2006年09月26日 17時28分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本日「gr但馬ふるさとnet」グループの特別例会を開催。
     貴重な古文書を拝見し、感激しました。

豊岡市但東町の「西野々」と「木村」の両地区に
かかわる古文書です。

寛延元年(1748年・江戸時代)から3年間にわたって、
両地区に接する”わら谷”をめぐる地境の争いに、かの有名な
「大岡越前」署名の判決文が保存されています。



西野々及び木村両地区に
1セットづつあり、
代々地区の区長さんが保管
していましたが、今は
日本・モンゴル民族博物館に
あります。






← 裁許状の箱です。 クリックで大きくなります。






←写真を大きくしてください。
 左から3番目が大岡越前署名と押印です。








わら谷の判決の地境が明示され(写真中央)、その部分に大岡越前ほかの押印がされています。
動画の方でご覧の通り大変大きな文書です。





但馬の中でも但東町は古墳、石造物、古文書、史跡など数多くある
地域であることを再認識しました。

モンゴル博物館館長、西野々区長さんには大変感謝しております。

下記から続きをご覧下さい。

「ふるさとの情景9月26日」を覗いて下さい。


コメント

重要事項
 : 2006-9-28 10:27
ワタシも言葉にできない感動をおぼえました。
特に昔の地図をみたときは言葉がでませんでした
何なんでしょうかこの感覚・・・

ところで、但馬の古文書や資料など保存がとても難しいこともあり、
管理がままならないまま朽ちてしまいつつある現状もあるそうです。
これは何とかしないといけないなと感じました。
建物しかり文化しかり今何らかの手をうたないと
失ってしまうモノがいっぱいあることを学んだ一日でした。
館長様ありがとうございました。
Re: 見学希望
 : 2006-9-27 18:43
名無しさま。
申し訳ありません。
一般公開されておりません。
  *せきやん
見学希望
 : 2006-9-27 16:54
 前述されていますが、この書状は一般公開されているでしょうか?私も是非拝見したいと考えております。大変貴重な資料ですね。どちらで発見されたのでしょうか。
感動でした!
 : 2006-9-27 0:04
ホントに貴重なものを見せていただきました。
こうやって日の目を見ることが出来たのも、個人の家で代々にわたって保管されてきたご苦労のたまものでしょう!

大岡越前さんの署名もすごいですが、私は地図の美しさにも感動しましたよ!
  ・たけさん・
古文書
 : 2006-9-26 21:04
貴重なものですね。
今まで聞いた事ありませんでした。
モンゴル博物館に行けば誰でも見せて頂けるんでしょうか?
それにしても今日行けなかった事が、残念無念!!!
              : しこさん :
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ