○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

文教府夏期大学《但馬の元気》

内容 コメント(5)
執筆 きっさん   掲載 2006年08月26日 19時29分   カテゴリ 但馬の文化・団体活動

第39回文教府夏期大学が豊岡市市民会館で行われた。
講演の2題とアトラクションの様子です。



『“生きている”を見つめ“生きる”を考える』
生命誌研究者、JT生命誌研究館館長 
中村桂子 氏







『生きる・働く・暮らす』
経済評論家
内橋克人 氏







動画で「ふるさと」を豊岡市少年少女音楽隊と満席の会場との大合唱を
お聞き下さい、手話通訳入りです。
ハバタンの飛び入りで国体雰囲気の盛上げもあります。

コメント

誤字
 : 2006-8-27 17:02
誤字指摘ありがとう御座いました 頭悪いです、ゴメンナサイ。 特派員失格ですね!
字が・・・
 : 2006-8-27 12:31
分教府→文教府ですね
あああ・・・
 : 2006-8-26 22:30
この講演行きたかったな〜〜 生きることを考える・・とても大事なこと
夏期大学
 : 2006-8-26 21:11
どちらも違った意味からの「生きる」という共通の
言葉についてのお話で勉強になりました。
内橋さんの講演は、もう少し現実味のある経済についての
お話を期待していたんですが・・・。    しこさん
夏季大学に参加
 : 2006-8-26 19:59
「生きる」を考えさせられる講演でしたね。 勉強になりました。 また 子供たちの”ふるさと”合唱、内橋さんも 言ってましたが、私のような年代なぜか涙が出て きそうです。 *せきやん
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ