○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

豊岡駅100歳記念行事

内容 コメント(5)
執筆 しこさん   掲載 2009年07月20日 16時08分   カテゴリ 但馬のイベント

まだ車の普及していない頃、私たちの大切な足であった鉄道は(今のJR)明治42年(1909年7月)に豊岡駅が開業して今年で100周年になります。    

現在の豊岡駅です。


その記念になる「豊岡駅100周年の軌跡写真展」が、豊岡市駅通り特設会場で開かれています。 (只今開催中 8月2日まで 入場無料)

 


豊岡駅の開業時(明治42年)、室戸台風(昭和9年)、豊岡駅の火災(昭和10年)、の様子など今までの歴史、約80点が展示されています。


  



豊岡駅で販売されていた懐かしいお弁当「駅弁」です。

駅弁の掛紙に カニ、コウノトリ、玄武洞がつかわれているのはやはり以前から[ウリ]だったのでしょう。

隣接する会場では、新幹線や豊岡駅を発車していた懐かしい車輌による「Nゲージ鉄道模型展示走行」もあり鉄道ファンにはたまらない雰囲気で時間を忘れて見入る人達もありました。




[seperator]
今日20日には、記念イベントとしてC57-11(貴婦人)特別乗車、普段は立入禁止の運転席の一般公開(立野町SL公園)、ミニSL体験乗車(市役所まえ駐車場で)も行なわれ、時折小雨の降る中家族で楽しむ人達も多く賑やかなイベントになりました。

 



車社会となった現在でも鉄道(JR)は私たちの生活にとって大切な移動手段です。
これからも事故のない快適な乗物であってほしいですね。

コメント

駅弁
かずくん : 2009-7-21 19:19
鉄道の歴史、の前に食い気が来て駅弁が気になります^^
100年の重み
きっさん : 2009-7-21 8:46
室戸台風、豊岡駅の火災・・・ 生々しい写真を見て、
色々な出来事の中に100年の重みを感じます。
せきやん : 2009-7-20 23:57
1909の駅舎はどんなだったか。
興味が沸いてきます。写真展で見ることができそう。
行かなくっちゃ。鈍行に乗車してジオパーク海岸を
鳥取までというのものんびりしていいですね。
わくわく鉄道
しもやん : 2009-7-20 23:39
田舎暮らしの私達にとって鉄道は「よそゆき」の手段でした。駅と共に町が発展し、駅前商店街が形作られました。JRよ永遠に!浜坂駅にも「鉄子の部屋」が作られ各種グッズが陳列されています。
豊岡駅100周年
まっち : 2009-7-20 18:55
100年も但馬の交通の一角を担ってきた重みを感じます。100年後の200歳の時は、どんなことになっているのでしょうか。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ