○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

亀ケ城跡って?

内容 コメント(5)
執筆 せきやん   掲載 2009年03月31日 00時09分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

豊岡市但東町太田、ここに鎌倉時代但馬守護職であった「太田昌明」の居城があったと伝承されています。



地元の太田区で城跡の保存会が設立され、紹介のパンフも作られました。さっそく現地を見てきました。
 のかすんだような画像はクリックで大きくなりますので、みてください。






 ↓  看板の横が入口です。鹿網がありますが、出入りはできます。




保存会でこんな道が整備されました。

 

少し登れば平地が数多く点在しています。山登りになれている私がみても、普通の山ではなくいろいろな箇所に建物があったとおぼしき地形です。



これは主郭跡でしょうか。杉檜が林立していますが、広い平地です。

[seperator]


樹木で展望をお伝えできませんが、その位置は地域の要としての拠点と判断できます。

入口の看板以外に特に説明はありませんが、これからも保存会が手を加えられるものと思います。

またすぐ近くに、太田の村と西野々の村をつなぐ「愛宕隧道」があります。今はすぐ近くに国道があり、崩落の危険性のため立ち入り禁止になっていますが、重要な生活の道路で有ったと聞いています。昭和7年の完成で、全長22メートルのそのつくりは「近代化遺産」として紹介されています。


   (太田側の入口です。トンネルの向こうは西野々の村)

亀ケ城跡、愛宕隧道ともども地域の宝物として大事に保存していただきたいと思います。

コメント

地図をみながら
さぼねー : 2009-4-1 15:52
「愛宕隧道」以前有志で見学したところですね
亀ヶ城跡の看板は見るのですが入ったことはありません。
古い地図を見ながら歩くと趣も変わる?!

ここまで来れば、たんたん温泉はすぐそこだ!
亀ヶ城跡
しこさん : 2009-3-31 19:58
この亀ヶ城にも色々な物語があるのでしょうね。
城跡
きっさん : 2009-3-31 18:17
ここは、宮津に行く道中で何回も通っています。
以前は道路沿いにドライブインがありましたが、
今は閉鎖です。トイレ休憩も兼ねて一服に利用していました。
驚き
かずくん : 2009-3-31 8:20
但東町にお城があったなんて初耳でした。ビックリです。
亀ヶ城跡
まっち : 2009-3-31 7:07
1221年(承久の変)から110年続いたという但馬守護職太田氏の居城ですか。初めてみました。ありがとうございます。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ